ブログ  ソフィア倶楽部とは  観光  協力事業  交流   HOME 
 
   
 2006年6月 
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 
  ソフィア倶楽部ニュース
スタッフコーナー (237)

ソフィア倶楽部 ~10年の歩み~ (11)

ニュース (13)

  観光
Yokoso Card の使い方 (1)

Yokoso Tour レポート (4)

  交流
交流レポート (5)

  English News
News (4)

Report (1)

  Korean News
News (0)

  Chinese News
News (0)

  Editors Journal
Iku Mosaic (5)

 
ソフィア・カフェ (3)

 
盆栽・Bonsai (1)

  アーカイブ
2012年06月

2012年01月

2011年11月

2011年09月

2011年07月

2011年05月

2011年04月

2011年02月

2010年12月

2010年10月

2010年09月

2010年08月

2010年07月

2010年06月

2010年05月

2010年04月

2010年03月

2010年02月

2010年01月

2009年12月

2009年11月

2009年10月

2009年09月

2009年08月

2009年07月

2009年06月

2009年05月

2009年04月

2009年03月

2009年02月

2009年01月

2008年12月

2008年11月

2008年10月

2008年09月

2008年08月

2008年07月

2008年06月

2008年05月

2008年04月

2008年03月

2008年02月

2008年01月

2007年12月

2007年11月

2007年10月

2007年09月

2007年08月

2007年07月

2007年06月

2007年05月

2007年04月

2007年03月

2007年02月

2007年01月

2006年12月

2006年11月

2006年10月

2006年09月

2006年08月

2006年07月

2006年06月


Web sophia-club.net
 
 
 
 
 

 

| 2006年07月>>

    2006年06月
 

社会科見学会 【松山河川国道事務所】 (交流レポート)

何年か前から、大人の社会科見学がひそかに注目され始めています。子どもの時にも、社会科見学は社会のしくみを知る大切な経験でしたが、大人になってからは、また別の・・実社会人としての再認識ができ、有意義な体験となります。
今回、四国地方整備局松山河川国道事務所松山港湾・空港整備事務所の方々のご協力により、留学生や在住外国人のための社会科見学会を行なうことができました。同行したスタッフにとっても、日本の環境に配慮した取り組みなど、たくさんのことを学ぶ機会になりました。


初めに金亀建設さんの見学をさせていただきました。「循環型社会の形成」を考えた取り組み・・・難しそうですが、廃ガラス・木材チップ・廃タイヤなどを、食品廃棄物を肥料化するのと同じように、骨材化して様々な舗装に利用している、という説明をしていただきました。始めてみる実験装置の数々。研究内容など詳しいことはわからなくても、環境にやさしいリサイクル技術・プロの技術力にふれることができました。また、「あぐり」という環境にやさしい農法での農産物販売の組織も設立されていて、そこで作られたトマトをおみやげにいただいたのですが、とっても、おいしかった!!です。


ひとつひとつ、リサイクリされる工程を説明していただきました。


みんなで、記念撮影。社会科見学会、1時限目修了。金亀建設の皆様ありがとうございました。

2時限目は、R33三坂道路へ。久万高原町のトンネル工事を視察させていただきました。

各自、ヘルメットを貸していただいて(時間の関係で中までは行けませんでしたが)気分は、現場監督(?)。地域集積圏間の交流促進・交通の円滑化・線形不良の解消など、いただいたパンフレットに書かれていましたが、私たちの間では、「チェーンを付ける期間が減るし、スキー場に行きやすくなるね。」とか、「高知までスムーズに運転していけるようになるね。」という非常にシンプルな話になっていました。完成まで、あと7,8年かかる予定・・・。そのときの年齢を考えると寂しくなるのですが、こうやって、多くの方たちの力で生活を支えてもらっている、と気付かされるのも「大人の社会科見学」の効能(最近この言葉、気に入っています)ですね。

今回は、四国地方整備局さんのバスにのせていただきました。天候の悪い中、グループで移動するのに、とても助かりました。(運転手さんにも、お世話になりました。)ありがとうございました。(Atsuko)

 

投稿者 sophia : 2006-6-29 17:56 | コメント (1) | トラックバック (0)




 
 

日本再発見・・・?! (スタッフコーナー)

「Yokoso Japan」という外国人観光客誘致事業をしていると、外国の方にとって日本の魅力とは・・・と、あらためて日本文化・・地域の魅力について考えさせられます。日常生活については語れても、歴史・文化・其々の成り立ちなど、どれも自信を持って答えることができないように思います。
今日、ハワイから来ているハワイ・サマー・インターン生ザック君との話の中で、「雅楽」についての話題がでました。彼は日本の大学に留学したときに、「雅楽」に出会い、ハワイ大学でも龍笛(りゅうてき)を習っているそうです。「雅楽」の本当の意味も、どんな楽器があるのかも知らずにいた私に、ていねいに説明してくれました。
外国人の日本文化にふれる・・という体験をコーディネートしながら、実は私自身が日本の文化を再確認しているのです。(Atsuko)

 

投稿者 sophia : 2006-6-27 23:11 | コメント (0) | トラックバック (0)




 
 

梅雨: "Tsuyu" and "Baiu" (Iku Mosaic)


Above: Matsuyama Castle in the fog of Tsuyu or rainy season.

In Japan, there's a certain period of time termed "Tsuyu" or rainy season. The region of Matsuyama has already plunged into the rainy season, and we can see a number of people with umbrellas in their hands in every morning when businessmen are going to their work.



Above: Ohori (The remnant of Matsuyama Castle's water trench) in the shallo fog.

There are actually two ways to refer to the season - "Tsuyu" and "Baiu"; both of them carry the same notion and use the same kanji "梅雨." However, when people refer to Baiu per se at a colloquical level, they usually prefer to call it "Tsuyu." By contrast, when a weather reporter refers to the season at the end of a broadcasting news, she is more than likely to use "Baiu" instead of "Tsuyu" as in saying "The front line of Baiu is approaching to Shikoku pretty quickly, and you are advised to carry an umbrella for possible sudden raining."


Left: The water of Ohori; it is dirty and needs some clean-up. It must be deleterious to the turtles, carps and other living organisms in the water.
Right: A picture from a Japanese home's porch. Tsuyu is especially welcomed by the green.

Japanese language has a myriad of these kinds of synonymous words which are pronounced subtly differently, however, these two are particularly distinct in the difference in the pronounciations. I do not know the origin from which this irregular discrepancy was begotten, however, the language is invariably a first-hand tool to evaluate the country's culture. I surmise the reason to be that there were two kinds of clans which called the rainy season differently from the other, and even when Japan was united as a nation, the two clans continued to use the pronounciation of their own.


The Beautiful amongst the Dark: The water Tsuyu supplies re-invigorates the previously withered red camellia. Camellia, by the way, is the flower symbol of Matsuyama city.

It is undeniable that most Japanese people associate the period of Tsuyu with melancholy because of the invariably dark sky. However, Japan definitely needs enough water to survive the scorching summer which is imminently comming up.

(Editor: iku_yuki)

 

投稿者 sophia : 2006-6-25 15:31 | コメント (0) | トラックバック (0)




 
 

世界の教科書 (交流レポート)

H14年に集めた教科書です。国によって、紙質も挿絵も違います。先進国は、リサイクルするために回収しています。その他の国でも、譲り合って大切に使用しています。(名前を書く欄がなかったり、何人かで使えるように、複数あったりします。)もちろん、教科書がもらえない子どももたくさんいます。日本はどうでしょうか。
(子どもたちに、見てふれてもらいたいと思って集めました。貸し出しもしています。)

バングラデシュの教科書に書いてあった落書き。(タイの教科書には、ドラえもんのはんこが押されてました。)

ネパール(プライベートスクール)の教科書と、中国の国語の教科書。赤ではねてあるのは、間違いではなくて、正しいものにチェックを入れているのです。(丸をつけるのは、日本と韓国ぐらいでした。)

韓国の国語の教科書。

バングラデシュの家庭科の教科書。おしめの作り方が書かれています。

 

投稿者 sophia : 2006-6-24 02:23 | コメント (0) | トラックバック (0)




 
 

炎の暖かさを再発見…【キャンドルナイト】 (Iku Mosaic)

蒸し暑い梅雨の時期の松山。そんな中、この8時を過ぎても賑やかなロープウェイ街で静かに炎の暖かさを再発見できるイベントが開かれました。

パーティの名前は「キャンドルナイト松山」。ソフィアクラブオフィスのすぐ下にある「蒲団屋」さんのオーナー・渡部さんとプランニングディレクターの武智義典さんがコラボレイトし、実現をした企画です。毎年初夏にソフィア倶楽部オフィスか蒲団屋さんで開かれています。参加費は2000円と少々高いのですが、武智さんの芸術的カリスマと渡辺さんの親しみやすさが20人もの人を引き付けました。46歳の社会保険労務士の木村さんとこの私、iku_yukiはスタッフとして参加させていただいたので、ウーロン茶を飲むにもジャガイモを食べるのにもお金は払わなくてよかったです。そのせいか、重労働にもかかわらず後から得した気分になりました。

 
▲左はテーブルを囲み団欒をする人々。右は渡部さんが書かれた俳句が蒲団屋の前に釣られています。写真では小さくて見えませんが、御札は「城山や 菊のびし 垣の上」と読んでいます。

10時20分頃に玉乃井さんが隣の居酒屋まで誘ってくれ焼きそばをおごってくれました。メニューの値段は実際六百円と書かれていたのですが、6の部分が大きく見え、2800円かと勘違いしてしまいました。専門学校でコミュニケーション・ビジネス学を面白く教えられているという玉井さんも同席され、「人の存在する意義は何か」や「知識と知能・知恵の違い」などのテーマについてほとんどジョーク感覚で語り合いました。尚、玉井さんの教えられている専門学校では体験入学も受け付けているそうなので、また機会があれば昼飯がタダらしいので遊びに行ってみようかと思います。

キャンドルの光・暖かさによって人とのコミュニケーションも緩和され、果てには新たな友情が生まれる。そしてその新たな友情は新たな光・炎を生み出し、新たなウィーリギグを組みだしていく。その光がいい影響・悪い影響をもたらしてくれるかまでは分かりませんが、武智&渡部コンビが潤色したキャンドルナイトは毎年私の心にキャンドル負けじの暖かい印象を残してくれています。

(Editor: iku_yuki)

 

投稿者 sophia : 2006-6-22 17:24 | コメント (0) | トラックバック (0)




 
 

世界の教科書展 (交流レポート)

H13年、在住外国人を支援する「多言語電話相談」を行なっていました。(現在はメール及びファックスによる受付けになっています。)英語・中国語・韓国語、其々の担当者が、毎週金曜日の夜集まって受付けていたのですが、その待ち時間に,「小学校のとき遠足てあった~?」とか、「運動会には、どんな競技をしていたの」とか、子どもの頃の話で盛り上がったりしていました。マレーシアの留学生から、「毎日学校への道は川を渡ったりしていたから、通学自体が「遠足」のようなものだった」とおしえてもらったり、中国の留学生から、「小学校でも落第することがある」と聞いて驚いていたら、みんなに「落第しないのは、日本だけじゃないの」って言われたり・・・・。そのうちに、どんな内容を勉強してきたかということに興味を持ち始め、「いろいろな国の人がいるから、みんなに呼びかけて小学校の教科書を集めてみましょう・・」ということになったのです。。新しいものではなく、実際に使ったものを譲ってもらう、ということにしました。
中国・韓国・インドネシア・シンガポール・ネパール・チベットのコミュニティ・台湾・バングラデシュ・ベトナム
・ロシア・カザフスタン・タイ・ニュージーランド・スウェーデン・デンマーク・ケニア・イギリス・ブラジル・フランス、そして日本・・20カ国近くの本が集まりました。

 

投稿者 sophia : 2006-6-22 15:37 | コメント (0) | トラックバック (0)




 
 

ボランティアの効能?! (スタッフコーナー)

昨夜(21日)、下の蒲団屋さんで「キャンドル・ナイト」と題したイベントが開かれました。このイベントには、二之丸AKARIイベントのときの、ボランティアさんたちも参加してくれました。久しぶりに会ったみんなの元気な様子にホッとしていたら、その中のSさんが目を輝かせてこう伝えてくれました。「あのイベントでボランティアをしてから、私の運勢がすっごく良くなったんですよ~!いい人にたくさん出会えるようになったし、職場のいやな人は転勤してくれるし、いいことづくめなんです。」いやな人の転勤はともかく、彼女自身の前向きな生き方が、後押しをしているのだと思います。ボランティアさんを募集するときに、何を誘い文句にしようかと、いつも考えるのですが・・・こういう効能(?)もあるんですよね。(Atsuko)

 

投稿者 sophia : 2006-6-22 08:27 | コメント (0) | トラックバック (0)




 
 

一階の『蒲団屋』が月刊『杉』で紹介されました (ニュース)

一階の『蒲団屋』が東京のデザイナー達により発行されている月刊『杉』で紹介されました!

記事:http://www.m-sugi.com/10/m-sugi_10_gengo.htm

大番頭の渡部さんは次のように仰られていました:

「ロープウェイ街の景観整備に関わられた東京のデザイナーに感謝でいっぱい。日本文化の『杉』を使うことによりぬくもりややさしさを伝えたい。」

まさしく『「杉」ええぞ、なもし』ということですね。

(Editor: iku_yuki)

 

投稿者 sophia : 2006-6-20 17:40 | コメント (0) | トラックバック (0)




 
 

苦肉の策・怪我の功名? (スタッフコーナー)

6月19日(月)、さあ今日は、在住外国人の方たちとの見学会・・・バスに乗って、環境について学ぼう!と、朝8時30分に待ち合わせの場所に出かける。アメリカ、韓国の国際交流員さんなど参加者も集まり、まずは自己紹介から・・・。「バスが来るの遅いね・・」と言いながら待っていたが、一向に来る気配がない。「おかしいなあ」・・(ここが外国の方たちと一緒だと、けっこうのんびりムードだったりして)・・・で、電話でお願いしていた担当の方に連絡してみることに・・・。「えっ!!来週じゃあなかったんですか!」
「エッ・・?!」そういえば、予定表が2パターンあって、こちらは口頭では19日と伝えていたのけど、決定したスケジュールには時間のことしか書いていなかった。(日付は暗黙の了解・・・)

「う~ん、一度事務所に帰って、相談しましょう、もうお弁当も頼んでしまっているし、昼食会だけでも・・」と苦しい言い訳をしながら、炎天下を事務所に向かった。こういうとき、私の頭の中ではお助けマンの検索が始まる。すぐできる外国の方が喜ばれるようなイベント・協力してもらえる人・・・・。
よし、まず松山城・学芸員のMさん。お城山体験を開発中だし、何か提供してくれるはず・・。そしてお茶の先生Iさん、10人以上でも楽しくレクチャーしてくれるし、時間さえ空いていれば即対応できる。ラッキーなことに二人とも受入可・ということで急遽「環境を学ぶ見学会」から「日本文化体験ツアー」とあいなった。フー!(Atsuko)
体験ツアーの様子はニュースのカテゴリーでレポートしています。

 

投稿者 sophia : 2006-6-20 06:07 | コメント (0) | トラックバック (0)




 
 

日本文化体験ツアー 【お茶会編】 (ニュース)

(ニュース)

h儀光寺(松山市古三津)で日本文化体験ツアーとしてお茶会が開かれました。写真に見られるとおり、日差しの強い日でしたが、お寺の中はそれ程暑くありませんでした。

Sophia Club hosted a Japanese tea party at Giko shrine (Furu-mitsu, Matsuyama-shi) as an event of the Japanese Culture Experience Tour. As you can see in the picture in the left, it was a relatively hot day. Nevertheless, the shrine offered us with a comfy and cool environment.

お茶会に参加してくださったメンバーの方たちです。皆さん日本語が随分達者(多分私より上手)でお寺の方たちもビックリされていました。アメリカで日本語を話す機会のない私は、メンバーの方たちとスペイン語や英語で会話をしたほうが楽になっていていて・・・・。日本語能力を高める必要性を実感しました。

These were the participants who had kindly taken time to come to the tour. Despite being non-Japanese speakers, they spoke extremely fluent Japanese, and the people at the shrine were doubting their ears and eyes as the members were speaking Japanese. Since I hardly have a chance to speak Japanese in the US, it was much more seemingly natural and easier for me to converse with the members in English combined with a little bit of Spansh.

▲観音様と人形たち。 雑談をお寺の方と小時間楽しんだ後、本堂に通されました。お坊さんがお経を読み上げて下さり、メンバーの方々も日本の仏教について学ぶことができました。

The picture above shows the statue of the goddess of Kannon. I might be wrong to describe Kannon as Goddess as the priest vehemently insisted the sexuality of Kannon is neutral, and the understanding of Kannon is beyond our sense of determining sexuality.
After a small chat with two shrine staffs, we were led to the main praying place in the shrine. The priest intoned a buddist sutra, and the members had a chance to learn the teaching of Japanese Buddism.

愛媛新聞社の社長さんのお父さんが描かれたという天女の絵。今から80年ほど前に書かれたそうです。モット前に書かれたかと勝手に想像していたので、80年とは驚きでした。右の写真は本堂からみたお寺のエントランスです。

The picture in the left shows two Buddist Angels. On contrary to general perception, the sexualities of the Angels are also unknown and beyond our sense of comprehension. Father of the current Ehime Shimbun drew the picture about 80 years ago from now. I and Ms. Tamanoi initially thought it was much more older, so the priest's informing was a big surprise to us. The picture shown in the right is the entrance of the shrine sighted from the main building.

本堂のご紹介の後はいよいよ茶室に移動開始。家屋の中にある池で少量の水(ししおどしのような、竹筒から流れてくる水)を飲み、とても小さい四角の入り口を通って茶室に入ります。左の写真はソフィア倶楽部事務局の玉乃井さん。右の写真は水が注がれている石タブ(?)です。

After the introduction of the main building, we were led to tea room. After we had drunken little amount of water in the stone sink, we went into the room through a very small squared hole. A member with massive body from the Latin America area had very hard time trying to fit into the hole. Ms. Tamanoi of Sophia Club is in the left picture. The right picture shows the stone sink providing water.

フルーツ(びわ)の形をした茶菓子が出されました。おいしいお菓子でした。右の写真は茶のこころを説明してくださっているお茶の先生と説明を熱心に聞いている韓国からの国際交流員さんです。

The shrine staff took care to give us sweets that are shaped like medlars. Usually, this kind of sweets (called Chagashi) is given when drinking a cup of bitter green tea. The sweets were very tasty and sweet. The right picture shows the shrine staff explicating the spirit of Japanese tea culture and a Korean international student assiduously listening to the explanation.






儀光寺さんで、とても心のこもったおもてなしをしていただきました。その歴史を感じる佇まいと和のおもてなしは、日本古文化に興味のある方をきっと満足させてくれることでしょう。

We have received very warm and sincere treatments from Gikoji. The historically beautiful buildings and speckless treatment would satisfy interests of anybody who is willing to experience and learn the values of the old Japanese Culture.

(Editor: iku_yuki)

 

投稿者 sophia : 2006-6-19 23:01 | コメント (0) | トラックバック (0)




 
 
 
     
事務局:松山市大街道3丁目8-3 2F  TEL/FAX:089-934-5296  E-mail:info@sophia-club.net
 
Copyright(c) 2006 Sophia Club. All rights reserved.