ブログ  ソフィア倶楽部とは  観光  協力事業  交流   HOME 
 
   
 2006年8月 
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 
  ソフィア倶楽部ニュース
スタッフコーナー (237)

ソフィア倶楽部 ~10年の歩み~ (11)

ニュース (13)

  観光
Yokoso Card の使い方 (1)

Yokoso Tour レポート (4)

  交流
交流レポート (5)

  English News
News (4)

Report (1)

  Korean News
News (0)

  Chinese News
News (0)

  Editors Journal
Iku Mosaic (5)

 
ソフィア・カフェ (3)

 
盆栽・Bonsai (1)

  アーカイブ
2012年06月

2012年01月

2011年11月

2011年09月

2011年07月

2011年05月

2011年04月

2011年02月

2010年12月

2010年10月

2010年09月

2010年08月

2010年07月

2010年06月

2010年05月

2010年04月

2010年03月

2010年02月

2010年01月

2009年12月

2009年11月

2009年10月

2009年09月

2009年08月

2009年07月

2009年06月

2009年05月

2009年04月

2009年03月

2009年02月

2009年01月

2008年12月

2008年11月

2008年10月

2008年09月

2008年08月

2008年07月

2008年06月

2008年05月

2008年04月

2008年03月

2008年02月

2008年01月

2007年12月

2007年11月

2007年10月

2007年09月

2007年08月

2007年07月

2007年06月

2007年05月

2007年04月

2007年03月

2007年02月

2007年01月

2006年12月

2006年11月

2006年10月

2006年09月

2006年08月

2006年07月

2006年06月


Web sophia-club.net
 
 
 
 
 

 

<<2006年07月 | 2006年09月>>

    2006年08月
 

行政との協働について (スタッフコーナー)

「行政には、親の気持ちで接しないと・・」とは、同じ市民活動をされている方のアドバイス。いちいち反論していたら神経がもたないから・・。
ボランティア活動を始めて11年目。思えば、今まで多くの行政マンに助けていただきました。松山市のボランティアセンターでは、活動の様子もきちんと把握していただいて、助成金の申請などにも協力していただきました。愛媛県の国際交流センターでは、なんとかNPOとして事業ができるように、相談にも乗っていただきました。
考えてみると、其々は「行政」というひとくくりではなく、その時の担当者の方々・・「人」に助けられていたように思います。だから、「話の通じない、NPOを知ろうとしない行政マンには、親の気持ちで接しないと、神経がもlたないよ・・」と言い換えたいと思います。
行政には、管轄はありますが、総合的なプロデュースは必要です。国・県・市・NPO・其々でできることを上手につなげる、協働ということばを、運悪く親の気持ちで接しないといけない行政マンに出会うと、忘れてしまいます。目的は何なのか(ときどき、NPOの中にも、自分たちの団体をアピールしたいだけなのでは・・と思わされることもありますが)市がするから、NPOがすることだから、ということに囚われていると、本来の目的・何のために行なっているのか、ということが見えなくなってきます。
外国人と一緒に活動していると、良くも悪くも柔軟(大雑把?)になってしまって、日本人に注意されることがあります。(余談ですが、アメリカ人に日本人は打ち合わせが多すぎる・・と言われたこともあります。)私自身は、慎重な人間ではないので、日本方式のきちんと筋を通す・・形式を重んじることが嫌いではありません。そういう人がいてこそ・・などと思っているのですが・・・・。
行政の中の、表面的な対応にはがっかりさせられます。(いつもではありません。人によります!)公的機関では、仕方の無いことかもしれません。でも、時には、「じゃあ、県民に諮ってみてくださいよ!」と言いたくなります。
NPOは、公的機関ではありませんが、それ以上に信頼されることが問われているのですから・・。

 

投稿者 sophia : 2006-8-30 11:57 | コメント (0) | トラックバック (0)




 
 

ハワイ(Naomi Omizo先生のレポート)英語版 (教育旅行推進ネットワーク会議)

モニターツアーに参加していただいたハワイ・プナホ高校のNaomi先生から、ツアーのレポートが送られてきましたので、ご紹介します。モニターツアーのスケジュールに沿って、ていねいにレポートしていただきました。

(日本語に訳せていませんので、とりあえず原文をご紹介させていただきます。)


REFLECTIONS OF MATSUYAMA   AUGUST 5 – 8, 2006
Naomi Y. Hirano-Omizo  Punahou School  Honolulu, Hawaii

Upon learning of the opportunity to visit Matsuyama on the island of Shikoku in Japan earlier this summer, I was excited about the prospect of a new experience. Although I had lived in Japan during my post collegiate years and have visited Japan over a dozen times, this was to be my first visit to Shikoku. I was eager to learn more about this island, its people and lifestyle. The possibility of creating connections between my school and Matsuyama was enticing.

I am a teacher of Japanese language at the high school level at Punahou School in Honolulu, Hawaii. Another of my fellow participants in this program, Ms. Hiroko Kazama, also teaches at Punahou School at the Middle School. Punahou School is the largest independent K-12 school in the United States, and is well recognized throughout the state and the nation for its excellent academic and co-curricular programs. Our Japanese language program is also the largest secondary language program of its kind in the nation. It is viewed as a leader in secondary school Japanese language curriculum. We are proud to say that our students progress well in Japanese upon advancing to colleges throughout the U. S. We are the home of one of the most popular high school texts now used throughout the U. S., a product that was developed by many of our Japanese language faculty.

At Punahou School, we are fortunate to have many institutions under the school’s umbrella. One of these is the Wo International Center, which initiates and supports programs that advance the global education of students and teachers at Punahou as well as the rest of the Punahou community and the greater community beyond our school. One of its oldest programs is student travel which sends and receives students from throughout the world to and from our campus. Every year, we send about 25 high school students to Japan in a study, travel and homestay program for about a month in July and August. These students are primarily Punahou students, though about a fourth to a third include students from other private and public schools from throughout the state and even the mainland U.S. The Wo International Center also sponsors trips to Spain, France and China. This coming year, it will be sending a group to Costa Rica. The China and Costa Rica trips engage the students in community service at their respective host countries. The trips to Japan currently do not include a service component, but we would like very much to initiate a service element to our Japan outbound trips as well. Currently we have a well established relationship with Keio High School in Tokyo, to which we travel every other year. On years we do not travel to Keio, however, we are seeking to establish a relationship with an institution that would be able to meet our request to host our students, assist us with developing service opportunities for our students in Japan, and help our students develop close one on one relationships with Japanese in their community. We would like to have our students stay with host families for two and a half to three weeks to gain a full experience of the lifestyle of Japanese. With these goals in mind, I set off to Japan, hoping that Matsuyama would possibly match these requests outlined to me at the Wo International Center.

The trip to Matsuyama was exceedingly valuable for me. First, it showed me that part of the charm of Japan, lost in urban cities such as Tokyo, Yokohama and Osaka, still lives in Matsuyama. The people we met were warm, friendly and helpful. One of the strengths of visiting Matsuyama through this program was being able to learn about Japan and Matsuyama directly from people who were most knowledgeable. For example, on our tour of Matsuyama Castle, we were very fortunate to be guided through the grounds and through the castle by the curator himself, who was able to explain so much detail to us about the castle. His warmth and kindness added to the fascinating information he was able to impart to us. Another example was our visit to the haiku poet Shiki’s museum. Our dear host, Nanae Tamura, was the perfect guide, as she explained so succinctly, so invitingly, so fully and yet so easily, to us about the lives of the great literary figures that once roamed the streets of Matsuyama. I am not sure that these kinds of highly personalized, highly informative “tours” can be extended to students with less historical and language background than we as teachers had, but that was certainly one of the strengths of this experience for me.

Another strength of the program was the diverse amount of activities we were able to experience in such a short time. Although some of the activities were rushed, and some I believe were prolonged ( though that was not a problem of our hosts, but us, the participants, who may have taken longer than we should have at certain sites), each experience was of interest to me, and each experience taught me a few new things that I will carry into the classroom with me this coming school year and years to follow. In chronological order, here are my personal thoughts, comments and suggestions about each activity, from the perspective of a teacher who will try and imagine how it would be received by our high school students. I am also speaking from a logistical perspective of managing a group of 20 – 25 students, which is the usual amount of students we send to Japan during the summer. I appreciate the opportunity to candidly state my thoughts.

Yukata wearing. I think this will be a hit with the young students. I hope that boys can also be accommodated. This would have to be done in a more spacious area, if a group of 20+ is to be dressed. One suggestion: Americans are usually shy about baring themselves in front of strangers, so consideration of privacy would be appreciated.
Opportunities to parade around in their yukata in public for a length of time and take photos in town are a great idea.

Dinner: Okaido (?). Pleasant dinner – delicious and great atmosphere! Added plus: having a peek of the stone walls of Matsuyama Castle right outside the window!

Lodging: Youth Hostel Dogo. I understand that staying at a youth hostel helps to cut costs, especially for younger students. I do think that our students need to be well prepared for living in a youth hostel, however. They need to be informed about being prepared with shampoo, body soap, towels, etc., and they need to be aware of conditions at a hostel, including sleeping situations, meals, etc. Having free access to internet was a pleasant surprise at the hostel at which we stayed. Here, we had to separate our belongings for the next night in overnight bags. Although I was not prepared with one, I had my backpack and another handcarry bag which served the purpose.

Rainbow Highland. Although we did not stay here for a long while, I understand the reason for taking us here, and see potential in bringing our students here to experience various cultural activities in a camp-like atmosphere. I think our students could enjoy not only cultural activities, but lessons on contemporary Japanese practices in ecology, conservation, preservation of Japan’s environment, recycling, healthy lifestyle practices, etc. at this site.

Hawaii Kai Event. It was nice to see that there is so much interest in Hawaii, but I think it would be better to use the time to experience things that are culturally Japanese instead. If our students can contribute to this event in some way, however, I think it would be worthwhile. For example, if our students can dance a hula or sing a Hawaiian song or two at this type of event, it would be a great way to share our culture with Japanese and our students would see a value in attending such an event.

Sasa Matsuri, Uchiko. I loved this! I think it would be favorably received by students as well, as this is a festival that is not celebrated in Hawaii. Unlike the more commercialized Hiratsuka Tanabata which I attended a number of years ago, this festival had more of a traditional feel. I loved walking through the residential areas to see the bamboos decorated with family members’ tanzaku. It was wonderful to see how resourceful the people of Uchiko are in creating their beautiful hangings in the commercial part of town as well. What a feast to the eyes this was!

Lodging/meals at Kokuriko, Uchiko. Excellent! I enjoyed the peaceful, countrylike, artsy, and hospitable atmosphere at this penshon. Our hostess and her family were most welcoming and wonderful hosts. The rooms were very clean and comfortable and the meals absolutely delightful! I regret that the accommodations here are limited to four rooms ( am I correct?), and probably cannot accommodate a student group from Punahou because of the size of our group.

Tobeyaki. Although this ended up being more of a shopping trip for the three of us, I learned to recognize Tobeyaki here and can now appreciate it when I see it on shelves in Japan or even in Hawaii. Truthfully, I am not sure that this would interest our students. Perhaps an emphasis on the actual art of throwing pottery would make this a more educational activity. I also realize that this excursion was included because of interest from our teacher group.

Lunch near the Tobeyaki site. I enjoyed this restaurant and the chance to try some of the delicious food of the locale.

Meeting with representatives of governmental and other private agencies. Although this was a little nerve wracking since we did not know what to expect, I think it was a valuable part of our trip, and hopefully informative to our audience. I sincerely hope that we did a decent job in supporting the work of the Sophia Club. It was a good opportunity for us to express our gratitude to our Matsuyama hosts as well.

Lunch near Matsuyama Castle. This was one of my favorite meals. The food was not only pleasant to the eye, but exceeding delicious, nutritious and well prepared. Our hostess was so kind to share one of her recipes and even a bag of uiro ( spelling?) beans with one of our teachers. This kind of human touch repeatedly surfaced during our stay, which made memories of Matsuyama so special.

Matsuyama Castle. Visiting Matsuyama Castle was one of the highlights of the Matsuyama trip for me. I enjoy visiting castles – they are always so intriguing to me. This visit was particularly fascinating, because as I mentioned earlier, we were so fortunate to have the castle curator as our guide. He was very informative and shared some insightful and detailed background about this castle and castles in Japan in general, yet he had an easygoing manner about him that I liked – unlike many tour guides who rush you through sites while rambling off a bunch of statistics. I am sure it would have been even more splendid had the castle not been under renovation, but it was still very exciting to visit. The ropeway was fun to ride too! Stopping by at the refreshment café to sample the iyo mikan products was a special memory too. It was very interesting to talk to the host of the shop who so kindly let us try samples of the different kinds of orange juice now being produced on a nearby island – again this kind of unexpected hospitality made this trip very special. We were even gifted with traditional umbrellas and telephone cards here!

Yamatoya Hotel. Five star!!! What a treat to be able to stay in this fabulous hotel! I am sure students will not have a chance to enjoy this luxury, but thank you to our hosts for treating us to an evening here! The Noh performance was very brief, but gave us a quick glance at what Noh is like. I would have liked to see the actor don a mask, though! We enjoyed the superb accommodations, the delicious buffet dinner and the piping hot onsen! The rotenburo was divine! I hope that students will have an opportunity to go to some onsen during their stay here, even if it is not at Yamatoya. It is certainly an experience that cannot be skipped! The whole onsen culture and etiquette should be taught to students before they experience it, though. The historical significance of Dogo Onsen and why onsen and bathing is so popular in Japan should also be explained.

Ishite Temple. The three of us went here on our own. I wanted to go here just so I could say I visited Temple #51 of the 88 Temple Pilgrimage for which Shikoku is so well known. I think the 88 Temple Pilgrimage needs to take a more significant role in visits to Matsuyama. Our students should visit at least one of these temples, and understand the deep connection of the pilgrimage to the Buddhist tradition of Japan.

Shiki Museum. This was another visit that impressed me deeply. Again, I believe it had to do a lot with our beloved guide, Tamura-san. As mentioned earlier, her ability to make Shiki’s life come alive for us in such an understandable way made it all so much more meaningful. I was not aware until this visit of the close relationship of Soseki and Shiki. I love the fact that Matsuyama can boast about being home ( even if temporarily for some) to some of the most famous modern Japanese literary figures. I also feel much more knowledgeable about haiku now when I teach it in my class. I regret that Tamura-san cannot come to my classes in the spring to be a guest speaker in my classes! It would be wonderful for her to conduct a mini-workshop for students who visit Matsuyama about the art of haiku writing in Japanese!

Cooking/origami session. This was fun, but a bit too rushed. As teachers, I think we need to experience all of the steps of preparing the food, not just the final steps. As teachers who do such cooking demos in the class, we must also consider the practical matter of preparation. A huge factor for me when I prepare food in class is preparation. I would suggest that for teachers, more simple dishes which are equally traditionally Japanese, be prepared so that we can easily replicate them in our classrooms. Also, in Hawaii, we are used to many Japanese foods such as sushi and somen. Something a little less common to foreigners might be more interesting. For example, okonomiyaki, or making our own soba noodles, then cooking them might be more interesting and different for teachers as well as students. Tenpura is a common dish in foreign countries, but it is rarely prepared at home, and this might be interesting to do as well, as we know there are some tricks to tenpura preparation that many of us do not know. We do appreciate all of the preparation that went into the cooking session though, and we were happy to be able to enjoy the sushi we rolled. Definitely, the recipe for the dishes we help to prepare should be shared with us so that we can repeat the process to share with students when we return home. I regret that the talented young man who taught us origami did not have time for himself to teach us more of his craft. His origami was not of the type we usually see in Hawaii, and I would have loved to spend more time with him. In each case, students ( and teachers) should not only be told about the what and how of the art or craft, but the whys of arts and crafts in Japan. This an essential goal for us as we teach culture at our school: to reach far deeper into the common threads and practices of Japanese culture, which are far more significant than simply the procedures involved. What makes these products “Japanese”? Why did they evolve they way they did and why have they survived? Is there something universal or something unique to Japan about it? Why?

As for overall suggestions, I did want to ask that we be given ample notification of wonderful opportunities like this in the future. Many teachers begin planning for their summers between the previous winter and spring months. An early notification of our itinerary which include preferred times of arrival and departure, and how we can better prepare for the trip, would be much appreciated. Small things such as being prepared with overnight bags, having materials ready to share with governmental officials ( which fortunately Ms. Kazama from my school foresaw), and informing us about routes to reach Matsuyama and back would have been very helpful.

Finally, as I reflect back on my goals for this trip, I sense that while our demands from Punahou probably cannot be met quite yet, I see potential for Matsuyama in the future, should the efforts of Sophia Club continue to be supported. I have already reported back to administrators at the Wo International Center about possibilities for including Matsuyama as part of its existing Kansai tour, but at the end, the decision will fall on our administrators, who must consider educational value, cost, logistics and legal issues. Should Matsuyama eventually be able to accommodate our primary requests for homestay and community service opportunities over an extended period of about three weeks for 20+ students with a guaranteed strong support system, I am sure it will make a tremendous difference in its ability to attract a student group from our school. As I mentioned at the meeting with Matsuyama officials, building a program at Matsuyama which in some way supports our Japanese curriculum would be an additional plus. I will send Ms. Tamura and Ms. Tamanoi copies of our text at a later date for their reference.

In conclusion, I want to express my heartfelt gratitude to all involved in preparing for our trip and all who contributed in any way to make this such a memorable and superb learning experience for Ms. Yamashita, Ms. Kazama and myself. At the least, I know that so much of what I have experienced in Shikoku will be passed on to 150 second graders, 85 – 90 Punahou high schoolers, and even another 25 students I teach through the Wo International Center each year. Truly, the investment as you have made in us as teachers can literally reach hundreds of students every year. This was certainly a worthwhile first step. Thank you, thank you!

I must say again that I was most touched at the warmth and hospitality of the people of Shikoku. Mostly, however, thank you to Ms. Tamura and Ms. Tamanoi, our most gracious hosts who bent over backwards to make this experience such a special one for us. I will never forget their dedication and friendship. At the end, it is these human relationships that make all the difference in keeping our world a more peaceful place to live. Thank you so very much!

If I can be of any help to you in the future, please do contact me. I will do my best to assist you. Thank you for this opportunity to share my reflections with you.

Mahalo nui loa.

 

投稿者 sophia : 2006-8-30 01:04 | コメント (0) | トラックバック (0)




 
 

観光提案集の紹介 (中島記念国際交流財団助成事業)

● マーチンさん(アルゼンチン出身)の提案

松山市から佐田岬(R197メロディーライン・四国最西端の岬)の道路はとても魅力的で、瀬戸内海の美しさと太平洋を満喫することができます。ふたみビーチと港、風車、大久展望台もとてもよかったです。

愛媛大学(松山市道後樋又)からふたみビーチまでバスを使って1時間、ビーチで楽しみます。その後、岬港に行って、写真を取ったりおいしいシーフードレストランで食事をしたりします。そして午後には、おもしろいかたちの大久展望台に行き、愛媛の自然を楽しみます。 大久展望台から佐田岬に行きます。途中で、風車・瀬戸内海・太平洋を同時に眺めることができます。

●シャミンさん(ネパール)の提案

松山城、総合公園、梅津寺そして宇和島がおすすめです。松山城は、日本的な建築物がたくさんあります。総合公園には、いろいろな植物があり、とても気持ちよく過ごせる場所です。(特に、桜の季節)
梅津寺は海辺にあり、様々に楽しめる遊戯施設になっています。
愛媛は、清潔で、落ち着いて過ごせるエリアだと思います。気候もいいし、人々はとても親切です。

●ディペンドラ(ネパール)さん

滑床(松野町)地球の自然を感じます。松山総合公園、松山城、各農園、などがお気に入りの場所です。其々、うまく管理されていて、自然がいかされているところだと思います。そして、どういう場所でも、地域の人たちはフレンドリーな態度で迎えてくれます。外国人にとっては、とても魅力的なところだと思います。
世界に向けて、もっともっと情報発信してもらいたいと思います。

●パンタさん(ネパール)

旅行をする上で、交通手段や交通情報は不可欠のものです。車以外で旅行をする人々用に、バスやタクシー、歩行路、乗り物などの便がいいようにしてほしいと思います。

山中には安全な歩行者用道路を用意するということもお願いしたいことです。

滑りやすいところは石などを使い滑りにくくするなど、危険なところには安全を保障するようなシステムを導入して欲しいと思います。十分な数の休憩所も・・。

交通のためのチケットは国外・国内からの観光者どちらにでも対応できるように街中や空港、駅、もし可能であればインターネットで配布できるようにして欲しいと思います。

交通手段はとても大切であり、観光の促進には不可欠な要素です。


 

投稿者 sophia : 2006-8-27 10:58 | コメント (0) | トラックバック (0)




 
 

観光プランの提案 (中島記念国際交流財団助成事業)

愛媛の美しい観光地での経験

私はバングラディッシュ出身のシャミン・アラ・サイマです。松山に2003年1月から滞在しています。夫や友達たちと観光するのが好きです。愛媛のいろいろなところを回りました。ここでは私の愛媛での経験のいくつかを皆さんに紹介したいと思います。

1.東温市にある花木センターには今まで2回行きました。一回目は地元の松山の友達とです。当時はセンターは花でいっぱいでした。いろいろな種類の色のお花がありました。あれは素晴らしい体験で、私はあの場所がとっても好きです。そして私の妹が横浜から夫と松山に訪れたときにもう一度花木センターに行きました。2004年の1月のことです。私たちは再度あのお花いっぱいの素晴らしい雰囲気に浸ることが出来ました。私の妹もお花が大好きなんです。

2.私が紹介したい2番目の場所は松山の総合公園です。毎年桜の時期に私たちは総合公園に「お花見」のために出かけます。 様々な色の桜が公園にはあり、その光景は素晴らしかったです。美しい子供のための公園が総合公園の中にあって子供たちはそこで遊ぶのが好きです。公園の上からは松山と松山城を見ることが出来ます。私はこの美しい公園が好きです。

3.2003年には友達と新居浜と西条に行き、ホストファミリーの家に宿泊しました。私たちは新居浜科学博物館を訪れ、プラネタリウムや他の綺麗な場所を見たりしました。そこで私が一番好きだった綺麗な場所は"西洋式モデルが出てくる100年前に作られた家、博物館、そして周りを取り囲む建物"でした。私は実際の家と建物を見て驚きました。

4.最後に、私は砥部町にあるもう一つの美しい場所―こどもの城―についてお話したいと思います。私は2回ほど砥部動物園や近くにある施設(こどもの城を含む)を訪れました。砥部町の施設は訪れるのに素敵な場所ですから、観光者が気に入ること間違いなしです。

以下が私の提案です。

1.整った交通手段が東温市の「花木センター」に行くのにありません。私の思うに、もし観光者がセンターの美しさに関して一定の知識を持ち、センターが交通手段を整えてくれるのならば、「花木センター」は人気でもっと興味深いスポットとなるでしょう。

2.総合公園と砥部町には松山からの交通手段があります。アクセス情報をパンフレットやメディアが紹介することが大切だと思いますね

3.新居浜と西条への旅行、特に新居浜科学博物館と"100年前の家、博物館、建物"、には1日旅行パックが手配できると思います。

 

投稿者 sophia : 2006-8-26 01:39 | コメント (0) | トラックバック (0)




 
 

韓国教育関係者との意見交換会 (教育旅行推進ネットワーク会議)

8月14日、松山市総合福祉センターで韓国の教育関係者の方との意見交換会を行いました。出席いただいたのは、四国運輸局・愛媛県庁・松山市役所・(財)えひめ地域政策研究センター・の方々と松山市がピョンテク市との交流事業(韓日交流体験キャンプ)を行なったときに参加された済美高校の先生。
まず、初めに今回のツアーの感想をお聞きしました。1日目は、「まつやま祭り」の初日、サンバの踊りで練り歩いている様子を見学されました。「コスチュームが様々で、日本風のものは少なかったのですが、学生たちが一緒になって参加しているのが、韓国では余り見られないので、感心しました。」と言われていました。
この他に、以下のような意見が聞かれました。

●三津の古民家で昼食を取りましたが、その2階には戦時中のものなど古いものが保存されていて、また個人のものなのに公開されているのに感心しました。
●三津の朝市のところで、日本の公務員が、休日にも働いていてえらいと思いました。(いつも言われます)
●しまなみのすばらしい景色・三津での「餅つき体験」も楽しく、また食事も・寿司、さしみ、お好み焼き、てんぷらなどとてもおいしかったです。食事のときの雰囲気も、韓国と違って皆さんお行儀よく静かに食べていると思いました。
●坊ちゃん劇場のシステムは素晴らしかったです。本も読んでいるので観劇したいと思いました。
●温泉のお湯が良かったと思います。肌のかゆみがなくなりました。


★思い出アルバム・・お茶会  韓国語で挨拶するのもおもてなし。


この後、具体的に教育旅行を考えたときにどういうことが問題なのか、などについて話し合いました。

●韓国のピョンテク市には、中学校は21校、高校は17校あります。教育旅行は主に国内(チェジュ島など)に行きます。海外では中国です。予算も25,000円~30,000円。日本に行ったことがあるのは、学校単位ではなく、青少年団体などの各学校に呼びかけて集まったメンバーです。3泊4日「で50,000円くらいの予算だったと思います。
●愛媛に来るまでの交通費のことは、非常に大きな問題です。できるだけ安い方法(ルート)を提案してください。
●教育関係では、PTAの力もかなり影響するので、PTAのモニターツアーも考えられたらいいと思います。
●韓国でも、日本語学習者は日本に来たがっています。その学習できる環境が整っていて、愛媛の大学への留学の可能性がでてくるのなら、日本語学習の愛媛ツアーを考えることはできると思います。

★思い出アルバム・ 好評だった、廃校になった学校の宿泊施設。


受入側として、以下のような意見がありました。

●愛媛県としては、直行便の利用を促進していますが、山口・広島と連携してルートをつくることも検討されています。
(一般の旅行で、仁川空港~福岡~別府~八幡浜~内子~松山というルートで来られるグループもあります。)
●松山市としては、一度に200人以上の受入は慣れていませんが、2、30人単位の受入から始めて、大きな団体にも十分対応できるようにしていきたいと考えています。
●体験交流型の観光は、すぐに成果を求めるのは難しいので、少しずつ進めていくのがいいと思いますが、政策的には、早く効果が見えるようにしないといけない・・という考えもあります。ぜひ、皆さんのご協力をお願いしたいと思います。


★思い出アルバム・これも宿泊施設になった学校の中。お風呂と調理室です。


交通費については、韓国からの誘致を考えるときに、いつも取り上げられる問題です。こればかりは、すぐに解決されることではありませんが、ラセン階段を登っていくように、少しずつ進んでいけるのでは、と思っています。    
今回のモニターツアーの成果は、少人数で行なったために、其々のモニターさんたちと、じっくりと毎日話し合うことができたということ、それによってお互いの情報交換ができ、これからの誘致事業に対しての協力体制が作れた、ということだと考えています。これを持続していくために、これからも参加していただいた方に情報提供していき、いつも問い合わせに応じられる・・そういう関係を築いていきたいと思っています。意見交換会の中でも言われていたのですが、まず、滞在費や通訳の問題など、相談してみたいと思ってもらえる窓口をつくる、それからニーズを拾い、具体的なツアーのコーディネートにつながるようにしていく、と言うことだと思います。日本全国、どこでも充実した観光素材をもっているし、各地方の体験プログラムも魅力のあるものだと思います。その中で、愛媛に来てもらえるようにするためには、人とのつながりを持つこと、そして人から人につなげてもらうこと、何度も訪れてもらえるようにすることだと思いました。
ハワイと韓国の参加された方から、帰国されてそれぞれメールもいただきました。次のステップを考えるときに、彼らはよき相談相手・パートナーとなってくれることでしょう。

★思い出アルバム・やっぱり、ヤマハの楽器は有名でした。

今回の事業は、交流事業なのか、観光事業なのか、分野がわかりにくい・・という声がありました(特に行政のかたから・・)確かに、管轄は観光振興ですが、交流を推進している部分は大きいと思います。ただ、単なる交流事業と違うのは、目的が「外国人観光客誘致」であるということ。ハワイの方とも韓国の方とも仲良く交流ができ、楽しんでいただきましたが、彼ら自身がきちんとこの趣旨を捉え、意見交換会までに自分たちの考えをまとめる作業もされていました。そして意見交換会に行政の方たちが出席してくださったお陰で、より本事業の目的を伝えることができたと感謝しています。(教育旅行に関しては、観光・国際交流・教育・地域など行政の中での横の連携が必要になってくると思います)

最後に、語学力&交渉力でハワイのモニターさんを選び同行もしてくださった田村さん、車を出してくれた大通君、荷物を運んでくださった中井さん、道案内&取材をしてくれたYuki君、汗をふきふきしまなみ海道を車で案内してくださった福羅さん、折り紙を教えてくださった杉木さん、お料理の先生門田さん、ホームビジットを受け入れてくれた石本さん(お食事もありがとうございました)、三津の案内に付き合ってくださった秋山さん、内子の「Kokuriko」を紹介してくださった横田さん、松山城の学芸員・森さん、「城山荘」さん(サービスしてくださったいよかんジュース・でこぽんジュース・いろいろな種類のみかんが楽しめて、とってもおいしかった・・!)、和食(スローフード)の作り方を丁寧に教えてくださった「ひょん」のオーナーさん(ママさん?)、坊ちゃん劇場の支配人・山川さん、いろいろお世話になった「蒲団屋」さん・・・、アドバイスしてくださったツアードヒロさん・・。
見学させていただいた各施設の方々・・・・。松山市役所の皆様、ほんと~にありがとうございました。内子で出会ったタクシーの運転手さん・・皆さんとっても親切で、ハワイの先生方に愛媛のおせったいの心を伝えることができました。

皆様、これからも、よろしくお願い致します。

★思い出アルバム・友好都市、ピョンテク市からのモニターさんたちとの記念撮影。

 

投稿者 sophia : 2006-8-24 10:13 | コメント (0) | トラックバック (0)




 
 

モニターツアー★ハワイ交流イベント&内子 (教育旅行推進ネットワーク会議)

ハワイの日本語教師の方々とのモニターツアー。ご紹介できなかったところを付け加えました。


8月6日、愛媛ハワイ会のイベントが、高島屋で行なわれ、ハワイから来られていた先生方も見学されました。(愛媛ハワイ会とは愛媛県とハワイ州との姉妹提携を契機に発足された会.。ハワイ州との交流に関心のある各種の団体や企業、個人が集まり、民間主体の交流の輪を広げることを目指しています。)


ハワイ・サマー・インターン生のザックくんと一緒に。

内子のまちなみを、先生方はとても気に入られた様子で、ひとつひとつのお店に立ち寄られ、気に入ったものを購入されていました。右の写真は、先生方が最も興味を持たれた和蝋燭職人、大森さん。 内子の伝統工芸を守る職人さんの一人です。200年続く蝋燭屋の六代目。



内子では、笹祭りの初日ということで、写真のような飾り付けが商店街中にされていました。何度も立ち止まって行なわれた写真撮影。

内子の宿は、「古久里来」Kokurikoさん。優しい木の温もりを感じるペンションで、皆さん大満足でした。奥様のグリーンツーリズムのお話など、ここでも地域の方のおもてなしに助けられました。

 

投稿者 sophia : 2006-8-23 18:27 | コメント (0) | トラックバック (0)




 
 

海外への宅配システム (スタッフコーナー)

久しぶりに(株)インターブルーの清家さんが事務所に訪ねてくれました。彼の仕事は・・・語学学校主宰・イベント企画・ネットサービス・留学コーディネート・・いろいろあるのですが、「愛媛・世界・つなぐ夢」という会社のキャッチコピーが表すように、国際派のビジネスマンとして活躍されています。ソフィア倶楽部がビジネスができるようになったら、つながりましょう・・・NPOのあいだは、儲けが見えないから・・・・と明言しながら、留学生のイベントでは、司会をボランティアで引き受けてくれたりしています。したいことはいっぱいあるのだけど、まずは生活の基盤を整えないと、と言って(NPOにとっては耳の痛い話です)頑張っています。

その彼が、「最近、業績が上がってきてるんだ・・。」と嬉しそうに伝えてくれたのが、ネットによる日本のおもちゃ販売。「eBay」というオークションサイトで「○○レンジャー」というような、子ども番組のキャラクター商品の注文を受けていて、その需要がかなりある・・!らしいのです。これも、普段から海外リサーチしている彼だからできることだと思います。ぜひ、事業を成功させてください。(たくさん儲かったら、スポンサーになってくださいね。)

この話で、興味深かったのは、海外への宅配。今回のモニターツアーでも、来られた方がお土産を買われるたびに自宅に送ってもらっていたのですが、お店の方も海外に送るのに慣れていなくて、問い合わせしながら対応されていました。清家さんのところでも、世界各国へ注文品を送るのに郵便局にお願いしているらしいのですが、やっぱり慣れている人がいなくて、彼のほうでアドバイスしながら処理してもらっているということでした。
まだ、需要が少ない・・ということかもしれませんが、外国人観光客誘致を考えると、「地方発送いたします」というのと同じように「海外発送致します」というシステムも考えていく必要がありますね。

 

投稿者 sophia : 2006-8-22 11:30 | コメント (0) | トラックバック (0)




 
 

留学生が提案する愛媛の観光 (中島記念国際交流財団助成事業)

ソフィア倶楽部では、留学生や在住外国人の方たちが、愛媛の観光素材をアピールすることで地域の人たちにもう一度その良さを見直していただこうと、「留学生が提案する観光プランコンテスト」を行なうことにしました。   

来週からは、9月16日(土)ロープーウエイ駅舎での「観光プランコンテスト」に向けて、観光コースの取材をしてもらいます。


事前に募集しました、観光コースについての留学生の提案をご紹介します。


● 愛媛大学農学部 タンビールさんの提案

石鎚チロルの森は愛媛の中で最も美しい観光地だ、と私は思います。

まず最初に私が誰かを紹介させてください。私はバングラディッシュ国民で現在愛媛大学農学部の博士課程で勉強してます。私は2002年10月から妻と松山に滞在してます。滞在期間中、旅行が好きなので、私は妻と一緒に愛媛県内と日本全国のいろいろな土地を回りました。今年の6月11日に友達と一緒に訪れた経験は、日本滞在期間中、また、私の人生の中でもっとも印象に残る日のひとつとなりました。友達すべてが感激し、チロルの森がもっとも美しい愛媛の観光地だとコメントしています。

私はチロルの森が日本人に良く知られているかどうか知りませんが、松山の外国人滞在者には全く知られていないことは確かです。 チロルの森の自然の美しさ、湖、それを取り囲む雰囲気、そして緑の芝生には驚かされました。緑の芝生に座って青空を見上げるときの気持ちは言葉では表せません。足をチョッと冷たい湖水に入れたときの感触もとてもいいものでした。その後はバーベキューを楽しみました。とても大きいバーベキュー用のスペースや施設がありました。また、私たちはとてもおいしいパン(施設内のパン工場で作られたもの)を食べさせてもらいました。施設入場の際に入場料を払ったんですが、そのとき案内者が中で販売されているものを買うためのクーポン券(入場料と同じ金額のもの)をくれたので感心しました。

しかし私が最も伝えたいのは、外国語での案内が欠けているので、外国人はこの美しい土地をあまり訪れないということです。私の聞いたところによると、施設は春夏には開いてますが、冬になると山の極端な低温度のせいで閉まるということだそうです。そしてこの美しい観光地に行くには簡単な交通手段が無く、個人的にルートを確保しなければなりません。旅行者用のパンフレットにチロルの森に関する十分な情報が載っているかどうかも定かではないですね。

そして、以下が私のアドバイスです。

1. 旅行者用パンフレットはチロルの森に関する十分な情報を付け加える。
2.簡単な交通手段をチロルの森が手配する。

交通手段が乏しいため、私はもう一度チロルの森を訪れることが出来るか分かりません。しかし、私は友達全てに最低一回はチロルの森に行き、自然の美しさ、山の結合、湖、青空、そして緑の芝生を見ることをお願いしたいです。


 

投稿者 sophia : 2006-8-19 22:07 | コメント (0) | トラックバック (0)




 
 

お料理イベント (ソフィア・カフェ)

世界のカップ麺まつり(仮称)をしようと思っていたら、モニターツアーに来られた韓国の方のお土産がカップ麺でした。あまり辛くなくて麺も懐かしい味がしました。食べ比べするのなら、また送りますよ・・って言ってもらったのですが、それよりもお料理上手な「韓国のおかあさん」に来てもらって、韓国の家庭料理フェア・・のようなものをしましょうよ・・という話になりました。日本語を習っている人で料理の上手な人がいて、日本に来たがっているから・・・という実現しそうな展開に・・・。台湾とか中国からも来てもらうといいねって・・・。アジアのおいしい家庭料理、食べてみたいと思いませんか。

 

投稿者 sophia : 2006-8-17 20:35 | コメント (0) | トラックバック (0)




 
 

マダガスカル大使館一行の松山城見学 (ニュース)

今日、マダガスカルからの留学生バムさんから、「日本のマダガスカル大使館の方が松山に来られているから、事務所に遊びに行ってもいいですか?」という電話をもらいまいした。それでは、一緒に松山城に登りましょう!ということになり、皆さんの来られるのを待つことにしました。

皆さん、バムさんと同じように気さくで楽しい方たちで、初めてなのに友達のように接することができました。

松山城ロープーウエイ乗り場1階ロビーに置いてある坊ちゃんと仲間たち。おきまりグッズ(?)ですが、皆さん、喜んでポーズ(顔だけですが)を取られていました。市民にはおなじみの人形も、被写体に。

皆さんのご希望で、行きはリフトで帰りはロープーウエイで・・ということになりました。(往復500円)

「城山荘」さんのご好意で、番傘を貸していただきました。マダガスカル大使館・経理担当官アンドレさんと奥様。


右の写真は、天守閣の中の写真。「お城カフェ」でもできそうな雰囲気でしょ・・・。無理だとは思いますが。


お城山からの眺め。あいにくの天気でしたが、松山市が一望できます。年に一度は「広島」が見えるとか・・・?!

「城山荘」さん、オリジナルのいよかんソフト。「愛媛のみかんは有名ですよ、その中の伊予かんのエキスとバニラをあわせて作りました。」とお店の方の説明に、「マダガスカルはバニラの産地だから愛媛とマダガスカルの合作ですね。」と話してくれたバムさん。記念撮影も和気あいあい。


海外から、というよりも東京からのお客さま(東京都港区に3年間住まれているそうです。)ということで、愛媛を楽しんでもらえるようご紹介しました。「松山は、とても癒されるまちですね。ホッとします。」というのが、訪れた日の感想だったようです。Welcome to Matsuyama!

 

投稿者 sophia : 2006-8-17 17:59 | コメント (0) | トラックバック (0)




 
 
 
     
事務局:松山市大街道3丁目8-3 2F  TEL/FAX:089-934-5296  E-mail:info@sophia-club.net
 
Copyright(c) 2006 Sophia Club. All rights reserved.