ブログ  ソフィア倶楽部とは  観光  協力事業  交流   HOME 
 
   
 2006年9月 
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 
  ソフィア倶楽部ニュース
スタッフコーナー (237)

ソフィア倶楽部 ~10年の歩み~ (11)

ニュース (13)

  観光
Yokoso Card の使い方 (1)

Yokoso Tour レポート (4)

  交流
交流レポート (5)

  English News
News (4)

Report (1)

  Korean News
News (0)

  Chinese News
News (0)

  Editors Journal
Iku Mosaic (5)

 
ソフィア・カフェ (3)

 
盆栽・Bonsai (1)

  アーカイブ
2012年06月

2012年01月

2011年11月

2011年09月

2011年07月

2011年05月

2011年04月

2011年02月

2010年12月

2010年10月

2010年09月

2010年08月

2010年07月

2010年06月

2010年05月

2010年04月

2010年03月

2010年02月

2010年01月

2009年12月

2009年11月

2009年10月

2009年09月

2009年08月

2009年07月

2009年06月

2009年05月

2009年04月

2009年03月

2009年02月

2009年01月

2008年12月

2008年11月

2008年10月

2008年09月

2008年08月

2008年07月

2008年06月

2008年05月

2008年04月

2008年03月

2008年02月

2008年01月

2007年12月

2007年11月

2007年10月

2007年09月

2007年08月

2007年07月

2007年06月

2007年05月

2007年04月

2007年03月

2007年02月

2007年01月

2006年12月

2006年11月

2006年10月

2006年09月

2006年08月

2006年07月

2006年06月


Web sophia-club.net
 
 
 
 
 

 

<<2006年08月 | 2006年10月>>

    2006年09月
 

小学校の国際理解教育 (スタッフコーナー)

毎年この時期になると、市内の小学校から総合学習としての国際交流について、留学生の派遣依頼があります。6、7年まえから依頼に応じているのですが、始めた頃は、できるだけ多くの国の人を紹介して欲しいと言われました。壇上にみんなが並んでお話しする、というかたちになり、参加した外国人の方から「外人ショーみたいなことは、しないで下さい・・!」と言われたりしました。
それから、私たちも、学校でのプログラム作りに役立つことができればと、「国際理解教育」や「開発教育」などの勉強会を立ち上げ、ワークショップも行ないました。学校教育では、たいてい学んだ後のまとめの時間などで、「だから、こうなんですよ。みんなでこうしましょうね。」というような結びがあるのですが、ワークショップでは結論めいたことはなく、みんな其々が何かを感じてくれれば、というような・・・エッ、これでいいの・・と肩透かしを食わされたような気持ちになったりもしました。勉強していくうちに、この「国際理解教育」は、人権・平和・環境・コミュニティなど、様々な分野の学びにつながっていて、非常に奥の深いものだということがわかってきました。「やったことはわかる・発見したことはできる : 体験し、発見したことは、理解でき、そのあとの行動へ結びつく」という「参加体験型学習法」を取り入れているのも、この「国際理解教育」なんです。なんとか、それが、学校の総合学習に取り入れられないかと考え、「食のプログラム」を作成しました。世界の料理を留学生たちと一緒に作って、食から見えてくる、世界の生活・文化・歴史・産業について、子どもたちが何か気付いてくれれば・・・という思いで作りました。

学校から依頼がある度に、この「国際理解教育」に沿ったプログラムの提案をさせていただいたのですが、先生たちが忙しいということもあり、なかなか取り入れてもらえませんでした。「国際理解教育」のプログラムは充実していくのに、現場ではまだまだ活かされない、というのが現状でした。

働きかけが徒労に終わることはたくさんありましたが、少しずつ提案することから、始めることにしました。接点を持ち続けないと、つながっていかないから・・。先生方に留学生を紹介するときには、「子どもたちと一緒に何かをしましょう・・」と呼びかけ、どういうことをしたいのか伝えてもらうことにしました。その内容によって紹介する人も違ってきますし、留学生の中にも、音楽やスポーツ、芸術など交流内容について提案できる人もいましたから。そして、少しずつ、プログラム作りができるようになってきました。まだ、希望するところまでは行かないのですが、これからも(めげずに)提案は続けていきたいと思っています。     

 

投稿者 sophia : 2006-9-28 09:10 | コメント (0) | トラックバック (0)




 
 

パンタさん(ネパール)の作品 (中島記念国際交流財団助成事業)

ネパールのパンタさんの作品をご紹介します。アクセス方法や松山市全体の主な観光スポットなどを紹介してくれました。




韓国(松山ーソウル)・中国(松山ー上海)は直行便があります。(台湾は乗り換えが必要です)

Direct flight (Korea ・ China)  Connecting flight(Taiwan)





   


  


 

投稿者 sophia : 2006-9-25 17:11 | コメント (1) | トラックバック (0)




 
 

韓国 ピョンテク市の窓口 (スタッフコーナー)

昨年、韓国・南ソウル大学の安先生に、松山市の友好都市であるピョンテク市の市民団体「青空」代表キム キルニョさんを紹介していただきました。彼女は、日本の大学に語学留学していたことがあり、そのときに大変日本人にお世話になったので、帰国後、日韓交流に役立ちたいと市民団体を立ち上げ、日本語を教えながら活動されています。非常にパワーのある人で、何でも積極的に取り組まれていて、まわりの人たちにも信頼されています。昨年度の教育関係者を対象としたモニターツアーに参加していただき、今年度は、韓国側の参加者のコーディネートもしていただきました。
松山に来られたときに、これからピョンテク市と松山市の交流・観光をつなぐ窓口を一緒に作っていきましょう・・・とお話したのですが、早速、来月ピョンテク市の日本語学習者のメンバー8名を、松山市に連れてきてくれることになりました。費用は、両市に交流のための助成をしていただき、残りを自己負担としています。そして、なるべく自己負担が少なくてすむように、韓国食体験イベントを行なうことにしました。松山市民に韓国の家庭料理の作り方を教えて、参加費をいただくというものです。10月21日・22日を予定しているのですが、あまり日が無いので、急いで準備をしています。通信手段は、Skype(インターネット電話)。通信し合うのは、いつも午前1時頃になります。学歴社会の韓国では、高校生は毎日夜中(11時or12時くらい)まで学校で勉強していて、家庭教師をしているキルニョさんは、その後教えに行くことになり、彼女が帰宅してから打ち合わせをするとなると、大体この時間帯になるのです。今回のメニューは韓国のお月見のときに作るソンビョン(松餅)・豚カルビの煮込み・わかめスープ・チャプチェ・キムチなど・・・。材料費が掛りすぎると資金集めが難しくなるので、メニューは少なめで・・・と伝えたのですが、日本に紹介するのだから・・・とメンバーさんたちが張り切って、盛りだくさんのメニューにしているそうです。

食体験の後は、韓国語・日本語それぞれの学習者や文化に興味のある人たちを募って、意見交換及び交流会を予定しています。

交流と観光のつながりは、まだなかなか理解していただけませんが、こういうかたちで、少しずつ取り組んでいければと思っています。

 

投稿者 sophia : 2006-9-24 00:05 | コメント (0) | トラックバック (0)




 
 

ビジット・ジャパン賞  ワルナさん(スリランカ) (中島記念国際交流財団助成事業)

「観光プランコンテスト」で、「ビジット ジャパン賞」を受賞された、愛媛大学工学部の留学生ワルナさんの作品をご紹介します。彼は、昨年行なった松山城の写真展でも、構図の良い写真を紹介してくれましたが、今回も彼独自の切り口で、お寺のお参りの仕方から宗教的な説明まで取り入れて紹介してくれました。


   

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

投稿者 sophia : 2006-9-22 17:51 | コメント (0) | トラックバック (0)




 
 

韓国・中国・映画・ドラマ (スタッフコーナー)

韓国や中国の留学生に会うと、よく韓国のドラマや映画の話になります。
日本で、韓国ドラマの人気が出てきて、俳優さんの名前も憶えられるようになりました。「いころ」で韓国語レッスンをされている女性たちも、よくDVDの貸し借りをして楽しんでいます。韓国や中国の留学生は、日本の俳優のお気に入りも其々あるらしくて、芸能の話も、アジアの国境を越えるようになったようです。個人的には、「ペパーミント キャンディ」という映画を見て、韓国映画の質の良さにはまったのですが、韓国に行くと案内してもらう人から「ヨン様好きですか~?!」と聞かれたりしました。(日本のおばさんは、みんなヨン様が好き・・・だと思われているみたい) 
ずっと前に、岩井俊二監督の「Love Letter」が韓国で人気を博したときに、劇中に出てきた「お元気ですか?」という言葉が流行ったらしいのですが、ドラマや映画の影響ってすごいな・・・って感じさせられます。観光振興にも役立ってますよね。

話は変わりますが、韓国側の窓口をしてくれているキルニョさんから、カップ麺がたくさん送られてきました。以前、カップ麺の食べ比べをしたい・・という話をしていたので、送ってくれたらしいのです。当然、韓国語の説明しかないので、写真を見てどんな味かな?っと思っているのですが、写真では具たくさんのようなのに、日本の物ほど、具は入っていないようです。

どれがおいしそうですか・・・?

 

投稿者 sophia : 2006-9-21 17:05 | コメント (0) | トラックバック (0)




 
 

マリアさんのおかあさん (スタッフコーナー)

今日、観光プランコンテストに参加してくれたスペイン語講師のマリアさんが、ファイルを持って事務所に来てくれました。マリアさんは、アルゼンチン出身で愛媛大学の留学生でしたが、卒業後日本人の方と結婚して、松山で暮らしています。いつも会っているわけではないのですが、知り合ってから8年くらいになります。マリアさんのおかあさんにも、料理がとても上手なので、滞在中は、世界の料理教室などでお世話になったりしました。おかあさんとは、共通言語がないのですが、(彼女はスペイン語オンリー・・滞在中に英会話のレッスンを始められました・・)笑顔を絶やさない明るい方で、二人だけで食材を買いに行ったりしました。言葉はあまりわからなくても、買い物もお料理を教えてもらうのも、不自由しませんでした。

ある日、一緒に食材の買出しに行って、お店の喫茶コーナーでコーヒーを飲んでいると、彼女が、アルゼンチンの近所に住んでいるとっても仲の良い友人が、最近病気で亡くなった・・と片言の英語で話してくれました。「私より、ずっと若いのに・・・」と涙をながしながら・・・。返す言葉も無く、ただ一緒に座っているだけでしたが、彼女の悲しみは私の心に伝わってきました。よく言われることですが、国は違っても、悲しみや喜びは共有できる・・・はじめてそう感じた心に残る出来事でした。

先日の、観光プランコンテストで久し振りに彼女に会うことができました。ふくよかな・・・本当にふくよかな、体全体で、再会の喜びを伝えてくれました。交わす言葉はなかなか見つかりませんでしたが、やっぱり、通じているって感じることができました。

 

投稿者 sophia : 2006-9-20 23:57 | コメント (0) | トラックバック (0)




 
 

えひめ道を考える女性の会 (スタッフコーナー)

15日、観光コンテストの審査員をお願いしている四国地方整備局 松山河川・国道事務所の清川副所長にご挨拶に伺いました。菊池所長も在所されていて、「道路の走りやすさマップ・愛媛県・お試し版」をいただきました。このマップは、タイトルどおり「走りやすさ」「分かりやすさ」を追求したドライバーにとって実用的なマップの試作品です。遠出をするのに、道路の状態がわからないと車ではチョッと・・・という私のようなドライバーにとっては、願ったり叶ったりのマップ。走りやすさランク、と言うのがあって車線数、カーブの度合い、路肩など、自動車専用道路・郊外部・山地部の道路など、6段階に分かれて表示されています。色分けしてあるので、一目でわかります。地図を読むのが苦手な女性でも大丈夫。海外からのお客様を迎えることが多くなってきて、県内の観光地や景色のいいところをご案内するのに、力強い味方になってくれそうです。贅沢なお願いを付け加えさせていただきますと、
1、実際に走ったときに、自分でチェックできるよう書き込み可能なスペース2、観光施設や道の駅以外に、景色のいい場所(花や木、川や池など自然のきれいな場所)の紹介、などがあれば有難いと思いました。
このマップは、道の駅で配布しているそうです。(期間限定)
四国整備局さんには、「えひめ道を考える女性の会」でお世話になっているのですが、土木・建築関係の管轄は硬いところで、ソフト面はあまり重視されないだろう・・という私のイメージを見事に覆してくれました。景観を大切に地域のまちづくりを行ない、「暮らしと道」「道風景」などをテーマに取り組んだりしているのです。「道の会」では、こういう景観ができればいいなあ・・という漠然とした想いを、かたちにしていくにはどうすればいいのか、ということを勉強させてもらっています。

「道路の走りやすさマップ・愛媛県・お試し版」と「重信川・わくわく泉めぐり」かわいいイラストマップになっていて、重信川周辺の泉のようす(生き物や水路の植物など)もよくわかります。 

 

投稿者 sophia : 2006-9-19 08:54 | コメント (0) | トラックバック (0)




 
 

観光プランコンテスト報告Part.1 (中島記念国際交流財団助成事業)

コンテスト当日、参加する留学生が緊張の面持ちで、ロープウエイ駅舎に集まってきました。韓国のカンヒョニさん。「まだ、ファイルに入れていないのですが、どうしましょうか・・?」「えっ、」「保存するCDRがないんです」「USBメモリーがあるから、これに入れてみる?」「入れてみます。」というぎりぎりの時間でのやり取りなどもあり、パソコンを使った発表だけに、スムーズに進行できるかハラハラ、ドキドキ。
パソコンを持参してくれることになっているタンザニアのジュマさん。昨日の準備では、3時の約束が4時になってしまったけど、アフリカ時間にならないように・・・。
開始30分前に中国のフビンさんと共に現れてくれて一安心。
審査員の方々、応援の方々も集まってくださり、玉井さんの司会進行で、始まりました。
一番手は、ネパールのパンタさん。こちらにも伝わるくらい緊張していましたが、何とか無事に発表も終わり、審査員の質問には、落ちついて答えてくれていました。

 
審査員の方々。右はパンタさんと、通訳をしてくださった田村さん。留学生と息のぴったり合った通訳をしてくださいました。

 
会場の様子。彼らが作ったパワーポイントを壁面に大きく写して、見ていただきました。

  

カンヒョニさんは、チマチョゴリを着て参加してくれました。かわいかったです。

2番目は、中国のフビンさん。市内電車での観光。道後温泉、松山城、高島屋の上の観覧車(中国でも遊園地などにあるらしいのですが、デパートの屋上にあるのは、めずらしいそうです。)など、彼の視点でわかりやすく説明してくれました。
3番目は、韓国のカンヒョニさん。
8月に松山市の中島で行なわれた世界子ども俳句大会に通訳として参加。この体験がきっかけで、、俳句に興味を持ったということでした。「子規記念博物館」の見学や、三津浜の古民家を訪れるプランについて説明してくれました。
4番目は、スリランカのワルナさん。
建築学を専攻している彼の写真は、様々な方向から、私たちの気付かないお遍路寺の魅力を映し出していました。
5番目は、タンザニアのジュマさん。
愛媛全体の魅力を観光スポットから名産品まで幅広く紹介してくれました。
6番目は、中国のミンさん。
愛媛の、四季折々の自然や草花、池など、彼女の感性が伝わってくる風景写真をたくさん紹介、私たちも行ってみたくなりました。
最後は、アルゼンチンのマリアさん。
西予市・城川の魅力・五十崎の凧博物館など、アクセス方法からルートの設定まで、リラックスできる観光をアピールしてくれました。

発表終了後、審査員の方々に評価していただきました。今回のコンテストは、初めての試みであるため、審査基準がはっきりと決まっていなかったのですが、観光パンフレットとして完成しているものよりも、切り口の面白い地域にアピールできるもの、より彼らの視点で彼ら自身の言葉で表現できているもの、ということを基に評価していただきました。その結果、中国のフビンさんが、見事、最優秀賞に選ばれました!フビンさん自身は、他の人が選ばれると思っていたらしく、呼ばれたときには、不思議そうにしていましたが、すぐに喜びの表情に変わっていました。

 

みんなに賞をアピール・・喜びいっぱいのフビンさん。

 
「ビジット ジャパン賞」をゲットしたワルナさん。見事な写真・彼独自のお寺(お参りのしかたなど)の捉え方は、私たちに、新たな発見をさせてくれました。ジュマさんも一生懸命プレゼンしてくれました。市役所から、皆さんに参加賞もいただきました。

今まで、留学生と一緒に交流事業やフォーラム、学校での国際理解教育など、様々なイベントを行なってきました。彼らは、工学や農学の研究のために滞在していて、忙しい毎日を送っていますが、できれば愛媛で様々な体験や交流をして、帰国後も日本と自国をつなげるような存在になってもらいたいと思っています。
今回のコンテストは、地域のみなさんには、留学生が愛媛の観光に協力できる存在であること、留学生には、彼らの意見が地域で活かされる、ということを経験してもらいたい、という思いで企画致しました。これは、観光だけでなく、教育や環境問題など、様々な分野で行なえることだと思います。
また、要職に就かれている審査員の方々のご協力も大きかったと思います。そういう方々に審査されるということも、彼らの真剣さにつながりました。また挑戦してみたいと一様に話していました。私たちスタッフにとっても、いい機会をいただいたと感謝しています。


総評をいただきました(財)松山国際交流協会・理事長の古谷先生。間際にお願いしたにもかかわらず、審査にご協力いただきありがとうございました。長い間、留学生の支援にご尽力されている先生のお話は、留学生の励みになったと思います。

みんなの発表内容につきましては、あらためてご紹介したいと思います。


愛媛新聞に取材していただいた記事(17日付)
  


 

 

投稿者 sophia : 2006-9-18 16:54 | コメント (0) | トラックバック (0)




 
 

コンテスト前日の会場設営 (中島記念国際交流財団助成事業)

明日の「観光コンテスト」に向けて、会場のセッティングを行いました。松山城総合事務所の所長さんをはじめ、スタッフの方が一緒に考えながら協力してくださいました。ちょうど、お月見のディスプレイがされていて、和の雰囲気が今回のコンテストを引き立たせてくれそうです。

 

設営中のスタッフの方々。  右は、発表のリハーサルを行なったフビンさん(中国)とデュマさん(タンザニア)

  


この大きな壁面を使って、プレゼンをしてもらいます。お天気が悪いので、どれくらいの方が来て下さるかわかりませんが、会場の雰囲気はなかなかのものでした。

 

投稿者 sophia : 2006-9-15 19:04 | コメント (0) | トラックバック (0)




 
 

ただ今「コンテスト」準備中!! (中島記念国際交流財団助成事業)

 間際にならないと、エンジンのからない性格が災いして、明日も「観光コンテスト」の準備に追われそうですが、参加する留学生のプレゼン内容を確認する、という楽しい作業もあります。留学生は、学会に参加したり研究成果の発表をしたりするので、みんな上手にパワーポイントでの作りこみをしています。背景の色・写真・コメントなど・・・。今まで、親しくお付き合いをしてきた人たちですが、愛媛や松山の観光について話し合ったことが無かったので、新たな発見をさせてもらいました。当日見に来られる方たちもきっと楽しんでもらえることと思います。また、審査をしていただくジェトロの巽 所長から、「当日は、堅苦しくないように私服で参加させてもらいますよ。」という嬉しいお電話もいただきました。                                                                                                                         愛媛の緑・自然の美しさを観光にと話す中国のミンさん、城川自然ロッジなど季節ごとの美しさ、癒される光景を持っているなんよの魅力をアピールするアルゼンチンのマリアさん。松山城・道後温泉・電車でめぐる楽しさを教えてくれる中国のフビンさん。花火大好きタンザニアのデュマさん、・・・・。其々のお国柄もでているようです。                                                                                                                                                                                                     

 

投稿者 sophia : 2006-9-15 00:10 | コメント (0) | トラックバック (0)




 
 
 
     
事務局:松山市大街道3丁目8-3 2F  TEL/FAX:089-934-5296  E-mail:info@sophia-club.net
 
Copyright(c) 2006 Sophia Club. All rights reserved.