ブログ  ソフィア倶楽部とは  観光  協力事業  交流   HOME 
 
   
 2006年10月 
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
 
  ソフィア倶楽部ニュース
スタッフコーナー (237)

ソフィア倶楽部 ~10年の歩み~ (11)

ニュース (13)

  観光
Yokoso Card の使い方 (1)

Yokoso Tour レポート (4)

  交流
交流レポート (5)

  English News
News (4)

Report (1)

  Korean News
News (0)

  Chinese News
News (0)

  Editors Journal
Iku Mosaic (5)

 
ソフィア・カフェ (3)

 
盆栽・Bonsai (1)

  アーカイブ
2012年06月

2012年01月

2011年11月

2011年09月

2011年07月

2011年05月

2011年04月

2011年02月

2010年12月

2010年10月

2010年09月

2010年08月

2010年07月

2010年06月

2010年05月

2010年04月

2010年03月

2010年02月

2010年01月

2009年12月

2009年11月

2009年10月

2009年09月

2009年08月

2009年07月

2009年06月

2009年05月

2009年04月

2009年03月

2009年02月

2009年01月

2008年12月

2008年11月

2008年10月

2008年09月

2008年08月

2008年07月

2008年06月

2008年05月

2008年04月

2008年03月

2008年02月

2008年01月

2007年12月

2007年11月

2007年10月

2007年09月

2007年08月

2007年07月

2007年06月

2007年05月

2007年04月

2007年03月

2007年02月

2007年01月

2006年12月

2006年11月

2006年10月

2006年09月

2006年08月

2006年07月

2006年06月


Web sophia-club.net
 
 
 
 
 

 

<<2006年09月 | 2006年11月>>

    2006年10月
 

ピョンテク市の方との交流事業を終えて (スタッフコーナー)

私たちは、これまで外国人観光客誘致事業を行ない、観光の中に体験や交流を入れることを提案してきましたが、今回、初めて交流を目的としたツアーを行いました。(松山市の友好都市との交流助成事業・・・・観光は対象外)。参加された方たちは、食の交流事業のために、準備から、指導、片付けまで協力してくださいました。     

今回の経験では、私も韓国の窓口をしてくれているキルニョさんも勉強させてもらったことがたくさんありました。
せっかく来られたのだからと、松山市内や内子町での観光を行いましたが、スケジュール調整がうまくいかなくて、予定していた体験の中で実行できなかったことがあったのです。個人のニーズに応えるプラン作りの難しさ、愛媛に来たい・・!と思ってもらえる要素を盛り込むことは必要ですが、それにこだわりすぎると実行するときに無理が生じ、かえって皆さんの期待を裏切ることになってしまう、そういう反省もありました。皆さんに精一杯良くしてあげたいという気持ちが先に立ってしまうと、気持ちにも行動にも余裕が無くなり、こんなに頑張っているのだからとかボランティアだからとか・・・・そという甘えにつながってしまう・・・これから事業として進めていくには、まず私たちが力を持たないといけない、そう話し合いました。

反省点は多かったのですが、今回の事業での成果もありました。
「誰でも参加できる・・市民交流イベント」として行いましたので、ピョンテク市の方たちが、主婦の方・OLさん・ビジネスマン・高校生・・といろいろな方と交流ができ、知り合いになれたということです。また、市民活動の拠点にもなっている松山市総合福祉センターで行いましたので、市民活動の様子も知っていただくことができました。(もちろん、松山市民への友好都市ピョンテク市のアピールも・・)。これからも、日本語学習だけでなく音楽などの芸術文化やスポーツなど、様々な交流イベントを一緒に行ないながら、交流の輪を広げていきましょう、と話し合いました。

内子町の大瀬の館を訪れたときに、大瀬自治センターの館長さんにとても親切に対応していただきました。センターの調理実習室も借りることができるということでしたので、韓国の人たちと一緒にキムチやチジミを地域の人とつくる、ということもできますか、とお話してみたら、そういうことだったら地域の人たちにも協力してもらえますよ・・と言っていただきました。どうしても海外から来られる方は、お客様というイメージがあるのですが、こういう、地域で共有している場で、地元の方たちとふれあえる機会を作っていくのも、国際交流の推進&地域を元気にするお手伝いになるんでは、と思いました。
韓国だけでなく、いろいろな国からそれぞれの文化を伝えられる人(プロでなくても、上手なアマチュアさんにお願いして)を招いて、愛媛の各地域に国際文化の出前をする「国際交流キャラバン」・・はいかがでしょうか。キャラバン参加の外国の方たちには、各地域のアピールできる素材を見つけてもらって海外発信する、なんてこともできそうですね。

 

投稿者 sophia : 2006-10-29 09:26 | コメント (0) | トラックバック (0)




 
 

韓国の方たちとの交流報告・・・その2 (スタッフコーナー)

皆さんの滞在中に、ホームステイも体験していただきました。大人になってからのホームステイなので、日本の家庭でどんなふうに受け入れられるのか、とても不安に思われていたようですが、それぞれのホストファミリーの方たちの自然で暖かい受入にホッとされていました。楽しい思い出ができたようです。


ホストファミリーの谷川さん親子と・・。「アニハセヨ・・」とかわいい声で子どもさんたちが挨拶してくれました。右の写真は内子の高昌寺。お札やお守りをたくさん買って帰られました。

外国の方が来られたときに、松山を拠点にして、しまなみ海道か内子・・南予地方か選んで案内するのですが、今回は内子にお連れしました。町並みを歩き、下芳我邸で昼食。ここは、約140年前の木蝋で栄えた商家を活かした食事処で、おいしいお蕎麦が食べられます。

トイレも昔懐かしいつくりになっています。

町並みを抜け、内子座へ向かいました。アメリカ、ヨーロッパの方たちだけでなく、韓国の方たちも古くから保存されている日本文化に興味を持たれていて、この内子座も、熱心に見学されていました。

内子座のはっぴ。自由に着て撮影することができます。これは、Good Idea・・・!

内子の町並みから、少し足を延ばして大瀬の館を訪ねてみました。1月に教育関係の方々のツアーを予定しているので、宿泊できるところの下見をさせていただきました。大瀬は、大江健三郎氏の故郷。旧大瀬村役場を利用した交流施設。地元住民によって運営されています。1階にはギャラリーとノーベル文学賞を受賞した大江健三郎氏の作品を展示するコーナー、2階は交流室になっていて宿泊もできるそうです。もちろん、韓国でも大江氏は有名、アピールできるところになりそうです。冷暖房完備、自炊も可。(1泊3000円、2泊以上は2000円)

大瀬の館・正面                              1階・交流室


最終日は、松山市役所を訪れ、国際文化振興課の方たちとの意見交換会を行いました。友好都市として両市役所でも市民レベルの活発な交流を望んでいて、これからも協力し合って推進していきましょう・・と話されていました。


空港にて、お疲れ様でした・・。

日本語を教えているキルニョさんは、スーパーの表示が日本語の勉強素材として活用できるからと、ひとつひとつの表示をカメラに収めて帰られました。

 

投稿者 sophia : 2006-10-26 15:52 | コメント (0) | トラックバック (0)




 
 

韓国の方たちとの交流報告・・・その1 (スタッフコーナー)

10月20日、韓国ピョンテク市から8名の方が松山市を訪問されました。今回は、韓国の料理を紹介する「食の交流会」のために来ていただきました。告知期間が短くて心配したのですが、21・22両日で、延べ50名の市民が参加、大盛況の交流会となりました。(やっぱり、韓国の食とドラマの人気はすごい・・!)

韓国から、手づくりキムチ・・春雨など食材を用意してくれました。


ハーブのように香りをつける松の葉(ソンピョンというお餅を作るのに使いました。右は大根をスライスしたもの。

丁寧にお餅の丸め方を教えてもらいました。きれいな形にできるとかわいい子どもが産まれると言われているらしい・・・。下ごしらえされた色とりどりの材料。卵も白身と黄身に分けて焼くから鮮やかです。


楽しい試食タイム。さすが「主婦」の皆さん。余った材料で手際よく「ちじみ」を作ってくれました。

これが今回のメニュー。おいしかった~。

バックに見えるのは、ピョンテク市役所が作ってくれた友好事業用の垂れ幕。さすが。

食の交流の後は、ドラマを通して知る韓国の文化について、意見交換会を行いました。韓国では、女の人は膝を立てて座ったりしているけど、(日本ではお行儀が悪いと怒られますよね・)それはふつうのことですか・・・?結婚しても、ご主人のことを「オッパ・・お兄さん」と呼んだりしていますか。結婚したら、親と同居するのが一般的ですか・・等、ドラマを見ながら感じた素朴な疑問に答えてもらったり、日本の文化と比較したり、意見交換会、というよりも気軽なおしゃべりルームになっていました。
そんな中、参加された方から、チャンギ(韓国の将棋)を紹介させて欲しいと言われ、今回の参加者の男性2名がチャンギをさして、日本の方に説明をしていただく・・チャンギ教室(?)が始まりました。ここでは、うまく説明できませんが、興味のある方は、詳しく教えていただけるそうなので、お知らせください。学校での国際理解教育でも、取り上げていただければ、道具も用意して指導してくださるそうです。
交流会は、松山市総合福祉センターで行ったのですが、この日は、「日本語ネットワーク」さんが日本語指導のワークショップをされていました。韓国で日本語学習されている方たちなので、急遽見学させていただくことに・・・。

キルニョさんは、日本語の先生なのでとても興味がありらしくて、代表の塩入先生にテキストのことなどいろいろお聞きしていました。そして、3階では、ピョンテク市からチャンゴの先生を迎えての練習が始まっていました。
今回の同行者、ヤンさんも飛び入り参加されました。

2日目(日曜日)、食の交流に来られた方々。一生懸命日本語で挨拶される韓国の方たちに、皆さん感心していました。

食の交流が終わって、ループバスで大街道に出かけました。この日は、みんなの生活展ということで、環境や健康など様々な展示が行なわれていました。

歩きつかれた後は、電車で道後温泉に・・・。お決まりの足湯です。一緒に足をつけて休みましたが、疲れがとれました。(ほんとですよ・・温泉の街でよかった・・!)


竹とんぼ作りに参加。かわいくできました。

道後温泉駅広場に人だかりが・・。時間は、午後4時55分。街角案内人のおじさんがおもむろに語り始めます。
そうです。この広場にある時計台が時を告げると、坊ちゃんのオールスターキャストが音楽と共に現れるのです。皆さん、シャッターチャンスを逃さないように構えて待っているというわけ。

これがお目見えしたオールスターキャストの一部・・・。夕暮れの時計台はなかなかのものでした。(昼間みたときよりよかったです。ギャラリーが多かったからでしょうか・・。)

 

投稿者 sophia : 2006-10-25 18:00 | コメント (0) | トラックバック (0)




 
 

韓国・日本語学習者との交流イベント (スタッフコーナー)

いよいよ明日、韓国からお客様が来られます。今回は、友好都市間の交流事業として企画したもので、韓国ピョンテク市の市民団体代表・キルニョさんと、何度もインターネット電話を使って打ち合わせを行いました。

簡単に受入までを振り返ってみました。

1、全体のスケジュール調整
今回は、交流イベントが中心ですので、日本文化体験の日は1日取っただけ・・・古い町並みの残る内子町の見学を予定しています。
宿泊は、イベント会場(松山市総合福祉センター)に近いホテル・ホームステイ・ユースホステル、そして道後の老舗旅館と其々異なる施設を選び、体験していただくことにしました。

2、ホームステイの募集

これに関しては、まず松山国際交流センターに登録されている方たちに呼びかけてもらい、ホストファミリーを募りました。一番受入希望者が多いのは、アメリカ、ヨーロッパの女性らしいです。韓国の方も、ドラマの人気が影響してか、受け入れていただく方が増えているそうです。3組の申し出があり、他に知人から1組、そして初めて私の母(70歳)も受け入れてくれることになりました。模範的主婦の母は、寝間着は用意してあげるの・・・?夕飯のメニューは・・・?着替えは、このかごに入れてもらうといいね・・・とひとつひとつ(何度も)確認をしています。母にとっては、一大イベントのようです。

3、イベントの告知

他の準備に時間がかかってしまって、肝心のイベント告知が出遅れてしまいました。
フリーペーパーや新聞でのお知らせも、間際にしかできず、思うように参加者が増えてくれません。NPO事業をしていると、行政の方やNPOの知り合いは増えるのですが、気がつけば、こういうときに力を発揮してくれる主婦仲間とは疎遠になってしまっていて、ソフィア倶楽部の交流事業に参加していただいていた主婦メンバーさんたちに、SOS・・・!いろいろお声がけをしてくださって有難かったです。

4、足(移動手段)の確保

滞在費を浮かすためには、移動手段としての車の確保が必要です。今回のメンバーは8人なので、1台は、私の車を使用するのですが、あと4人の方を乗せる1台を確保しないといけません。そこで、今回はSGG(善意通訳ボランティア)の方にお願いすることに・・・。代表の方が、メンバーさんに連絡してくださって韓国語の通訳の方が応じてくださることになりました。

最終的には、知り合いの韓国と交流をしている方が、協力してくださることになり、SGGさんにはおねがいしなかったのですが、やっぱり、ネットワークがあると強いですね。


まだまだ、今回の準備にはストーリーがあるのですが、私たちの倶楽部は留学生や在住外国人のネットワークを中心としているので、受入のための日本人サポーターさんが少なく、これからの協力体制づくりの必要性を痛感しました。


  

 

投稿者 sophia : 2006-10-19 08:56 | コメント (3) | トラックバック (0)




 
 

最優秀賞!!フビンさん(中国)の作品 (中島記念国際交流財団助成事業)

「観光プランコンテスト」で最優秀賞を獲得したフビンさんの作品を紹介します。
このコンテストは1回目ということもあり、審査基準の明確なものを設けていませんでしたが、審査員の方々には、この事業の目的が、留学生が自ら考え提案したものをかたちにしていく、彼らの目でみた地域の観光素材をアピールする、そして、それを地域の人たちに知ってもらう、というものであるということは、お伝えしていました。

フビンさんの作品は、観光パンフとしてまとめられていたこと、彼独自の見方で伝えられていたことなどが、勝因だったようです。










 

投稿者 sophia : 2006-10-17 17:51 | コメント (0) | トラックバック (0)




 
 

事務所・移転?!! (スタッフコーナー)

移転・・と言っても、奥に移動しただけなのですが・・。私たち弱小NPOが、松山の真ん中、お城のふもとのロープーウエイ街に拠点を構えることができたのは、偏に大家さんである蒲団屋さんのお陰なのです。まちづくりなどで頑張っている人たちを応援しようと、この街づくりサロン「いころ」を作ってくれました。初めは、うちも含めて3団体のNPOでシェアしていたのですが、なかなか思うような事業ができなくて、今年度からはソフィア倶楽部単独の事務所になってしまっていました。「サロン」としての運営も続けたかったのですが、いつまでも甘えているわけにも行かず、ここを明け渡す事になったのです。が、またまた、ご好意で奥のスペースを私たちのために提供してくれることになりました。このスペースは、蒲団屋さんのショールームだったところで、雰囲気があって落ち着きます。

窓際には、おなじみの福助くんが・・・。  窓を開けると、東雲高校の門。そしてお城の石垣。春には桜のお花見もできます。

ショールームだけあって、白熱灯(スポットライト)が・・・。仕事場として落ち着くスペースですので、いろいろな勉強会もここで行なっていこうと考えています。他にもう一団体、NPO法人が入られます。

今までどおりのオープンスペースでもありますので、皆様、どうぞお立ち寄りください。

 

投稿者 sophia : 2006-10-13 16:22 | コメント (0) | トラックバック (0)




 
 

道後の旅館を体験する・・ということ。 (スタッフコーナー)

昨年度から受入のためのモニターツアーを行なっています。NPOがコーディネートするツアーなので、観光ということだけでなく、教育・福祉など視察・体験・交流を入れ込んだプログラムを提供していますが、その中の仕上げは、道後の老舗旅館に泊まる・・・ということにしています。

「ビジット・ジャパン・キャンペーン」が国の施策として始まり、地域でも外国人観光客の受入を積極的に行なわれているものと思っていた私たちが、初めにぶつかったのが、道後旅館組合さんの受入でした。「韓国・中国からのエージェントは、値段を下げることばかり言ってきて、とても対応できない。道後では、アジアからの観光客の受入は難しい。」「高くても泊まってくれるお客さんを連れてきて欲しい・・!」と言われました。外国人観光客向けのサービスなど、まだ考えられない・・という状況でした。                                     
 
そこで考えたのが、観光の滞在場所としてではなく、日本旅館を体験する、というプログラムとしての扱いでした。1日目は、ユースホステル、2日はホームステイ・・ビジネスホテル・・というように、学びや視察の要素の強いスケジュールの日には極力費用が掛らないようにして、最終日に、一流といわれている道後の旅館に泊まっていただく、というプランです。

このプランは好評で、今まで来られた方皆さんが、最初は大変だと思っていたけど、本当にゆったりとくつろぐことができました・・・ありがとう、と言って満足して帰られました。

今日、道後旅館組合の事務局長さんに、このプランについてお話をしました。それなりの費用を払って泊まっていただきますので、道後旅館の良さをアピールできるように、私たちの趣旨を理解し協力していただきたい、と伝えました。これについては、事務局長さんも「そういうことでしたら、各旅館さんにつなぎやすい。ぜひお願いします。」と快諾してくださいました。(これから、具体的な交渉もしていきたいと思っています。)

「多文化共生のまちづくり」のために、外国からたくさんの方が来てもらえるようにしていきたいと思うのですが、送迎から観光地めぐりまでボランティアで行ない、費用が安いからという理由で来てもらうには限度があります。NPOとしての事業も成り立たないと続きません。地域に魅力があるから、少しくらい経費がかかっても行ってみたい、そう思われるようなプラン作りのために、これから、道後の魅力あるまちづくりもお願いしていきたいと思っています。

 

投稿者 sophia : 2006-10-13 00:31 | コメント (0) | トラックバック (0)




 
 

多言語ツール (スタッフコーナー)

2年前の都市再生事業のなかで、4ヶ国語(英・韓・中・日)のマップ作成を行いました。このマップは、在住外国人支援活動の中で、取り入れたかった情報、バスや電車の乗車賃の払い方、乗り場の案内なども紹介しています。
市内電車の路線や停留所もわかりやすく、愛媛大学・県や市の国際交流センター、各案内所でも好評で、いつも追加の配布依頼を受けます。愛媛県観光協会のサイトでも「Matsuyama Map」として紹介されています。

このマップの改訂版(英語版)を、今年度の事業の中でつくることにしました。前回は、国の費用で作成したのですが、今回は、半額を広告収入で賄うようになります。広告が入るとどうしても公的なイメージが薄れてきますので、できるだけ、必要且つ共有できる情報を持っているところにお願いしたいと計画しています。また、外国人版ホットペッパーのような、割引特典についても提案していく予定です。

今回は、英語版をはじめに手掛けていくのですが、初版では韓国語・中国語版の作成も行いましたので、たいへんでした。デザイナーさん泣かせの仕事だったと思います。パソコンの中に韓国語や中国語のソフトを入れ、それをイラストレーターで作成する作業。ハングルになると、文字の向きが違っていてもまるっきりわからない状態でした。定期的に、韓国からの留学生が来てくれていたので助かったのですが、1字直すのにも、チェックをしてもらう必要がありました。

ソフィア倶楽部の翻訳事業は、英語は「日本語&英語」の達人(日本人)、韓国語と中国語は、其々の国の留学生と日本人スタッフとがチームになって行います。地名など、日本語の読み方で訳していくので、正しく読めないといけないし、特に歴史や文化の紹介となると、わかりやすく伝えて的確な訳ができるように協力する必要があります。日本人スタッフのサポートは、国語辞典をひきながら行なうことになります。(勉強させてもらっています)

多言語ツールの作成は、常に外国人の視点に立って、彼らの意見を聞きながら進めていきます。一度に完成品はできませんが、一工夫加えながら、少しずつ充実したものができれば、と思っています。
(マップ改訂版作成のプロセスについては、教育旅行推進ネットワーク会議のカテゴリーで紹介していきます)


都市再生事業のときに、描いてもらった道後温泉のイラストです。温泉の入り方も4ヶ国語の漫画(英語・中国語・韓国語・日本語)にして紹介しています。

 

投稿者 sophia : 2006-10-11 13:51 | コメント (0) | トラックバック (0)




 
 

カンヒョニさん(韓国)の作品 (中島記念国際交流財団助成事業)

コンテストでは、参加してくれた留学生たちがどういうテーマで作っていくか、いろいろ相談を受け、一緒に考えました。
「みんなの好きなところはどこ・・?国から家族がきたときに、どこに案内したい・・?」というようなことから進めていったのですが、カンさんからは、「愛媛で好きなところは、たくさんありますが、この間、中島町で開催された「世界子ども俳句キャンプ」で、通訳として参加して、初めて俳句の面白さを知りました。俳句に関して何か観光につながることがあれば、それを紹介してみたいと思います。」という提案がありました。国際俳句は、アメリカ・ヨーロッパなどでは広く取り入れられているのですが、韓国ではそれほど聞かれません。「ああ、韓国にもヽ同じような短詩がありますよ・・・」と言われて終わることがよくありました。カンさんも、松山市に3,4年は住んでいますが、俳句に興味を持ったことがなかったそうです。
俳句の体験は、句会参加・句碑めぐり以外にも様々な切り口があり、幾通りにもプログラムを作ることができます。期日も迫り、じっくり作りこむ時間もなかったので、子規記念博物館で正岡子規について学び、その時代背景と、それを現在、どのように保存し伝えていこうとしているのかを、古い町並みを通して見ていく・・というプログラムにすることにしました。前日まで、心配していましたが、上手に全体の流れを作ってくれていたと思います。
(写真の1部は松山市文化振興課からお借りしました。)



(参照)三津浜・木村屋についての記事




 

投稿者 sophia : 2006-10- 9 17:32 | コメント (0) | トラックバック (0)




 
 

都市再生事業のその後 (スタッフコーナー)

ソフィア倶楽部は、平成16年度内閣府の都市再生事業に採択され「Welcome to Matsuyama!国際都市に向けて、外国人観光客受け入れ態勢づくり」を行いましたが、先日その後の活動について、都市再生本部から問い合わせをいただきました。
4年前、国土交通省の「グローバル観光戦略」のパンフを見て、私たちの活動が観光産業につながるというNPOとしての事業の可能性を見出だせたときに、挑戦した事業です。法人でもない任意団体が600万円近くの委託事業を行なえたのは、窓口である松山市役所、委託していただいた四国運輸局のきめ細かいサポート、委員長をしていただいた坂本教授(現 高知大学教授)のご協力のお陰だと思っています。事業費の手続き管理から委員会の立ち上げ、進行に至るまでていねいに教えていただきました。私たちの活動の中で少しずつつなげてきた、留学生や在住外国人の方々とのネットワークを、かたちにすること、それを地域の中で知ってもらえるようになること、そういうきっかけを作っていただいた事業でした。

 都市再生のその後について、問い合わせをいただいたことで、あらためてこの2年間のことを振り返ってみることができました。この事業では、情報の多言語化・・ホームページ、マップの作成を行ないましたが、松山市での標識やバス停の多言語化も、同時期に行なわれました。地域の中でも、目に見えてわかりやすい国際化の動きだったと思います。そして、外国人観光客のモニターツアー、在住外国人の意見交換会なども行なわれるようになり、にわかに国際化の波が・・・と言うような感じでしたが、近頃は、その波も少しずつ、ひきかけているような・・・そんな気がしています。                                                        国際化は、地域の中から動かしていかないと、上辺だけのものになってしまう・・、いくら国が後押ししてくれても、現場では、本当の協力は得られない、というのを実感するようになりました。

そして私たちは、現状を踏まえ、もう一度、自分たちのしてきたこと・できることを見直してみよう・・・そう思うようになりました。海外からの誘致は、地元の協力なしでは、できません。今月、愛媛に来られる韓国・ピョンテク市の日本語学習グループからは、これをきっかけに定期的に日本体験(語学・文化・社会事情・・・)ができる体制を愛媛で作って欲しい・・と言われています。そのために、無理のない受入のためのサポーターづくりも行ない、また、地域産業の振興にもつながるように(この点が、交流事業を一歩進めるためのポイントになると思います)考えていく必要があります。今年度、行なっている「教育旅行推進ネットワーク事業」でも、そのための具体策をいくつか提案しています。11月の会議では、それを諮って、進めていきたいと思っています。
 

 

投稿者 sophia : 2006-10- 5 21:37 | コメント (0) | トラックバック (0)




 
 
 
     
事務局:松山市大街道3丁目8-3 2F  TEL/FAX:089-934-5296  E-mail:info@sophia-club.net
 
Copyright(c) 2006 Sophia Club. All rights reserved.