ブログ  ソフィア倶楽部とは  観光  協力事業  交流   HOME 
 
   
 2007年2月 
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      
 
  ソフィア倶楽部ニュース
スタッフコーナー (237)

ソフィア倶楽部 ~10年の歩み~ (11)

ニュース (13)

  観光
Yokoso Card の使い方 (1)

Yokoso Tour レポート (4)

  交流
交流レポート (5)

  English News
News (4)

Report (1)

  Korean News
News (0)

  Chinese News
News (0)

  Editors Journal
Iku Mosaic (5)

 
ソフィア・カフェ (3)

 
盆栽・Bonsai (1)

  アーカイブ
2012年06月

2012年01月

2011年11月

2011年09月

2011年07月

2011年05月

2011年04月

2011年02月

2010年12月

2010年10月

2010年09月

2010年08月

2010年07月

2010年06月

2010年05月

2010年04月

2010年03月

2010年02月

2010年01月

2009年12月

2009年11月

2009年10月

2009年09月

2009年08月

2009年07月

2009年06月

2009年05月

2009年04月

2009年03月

2009年02月

2009年01月

2008年12月

2008年11月

2008年10月

2008年09月

2008年08月

2008年07月

2008年06月

2008年05月

2008年04月

2008年03月

2008年02月

2008年01月

2007年12月

2007年11月

2007年10月

2007年09月

2007年08月

2007年07月

2007年06月

2007年05月

2007年04月

2007年03月

2007年02月

2007年01月

2006年12月

2006年11月

2006年10月

2006年09月

2006年08月

2006年07月

2006年06月


Web sophia-club.net
 
 
 
 
 

 

<<2007年01月 | 2007年03月>>

    2007年02月
 

韓国のエージェントさんとのツアー商品づくり① (教育旅行推進ネットワーク会議)

2月25日から27日まで、韓国の旅行会社の方と教育関係者の方たちをお招きして、最後のモニターツアーを行いました。ソフィア倶楽部では、今まで高校の校長先生など教育関係者の方々に、松山を中心とした愛媛の観光素材を紹介するモニターツアーを行なってきました。即効性はなくても、愛媛を知ってもらうことで少しずつ種をまくように広がっていき、教育旅行につながればと考えていたのです。韓国側の窓口をしてくれているギルニョさんも、日韓の交流が広がれば、という思いで協力してくれています。

今回は、ギルニョさんの後輩の旅行会社の方(ご夫婦で2つの旅行会社を経営されています。)から、「あなたは、よく日本に行っているけど、韓国の高校に営業できるツアー商品はできますか。」と言われて、こちらに相談されたのがきっかけでした。それも、愛媛だけでは弱いので、広島とつなげてできないか、と言うことでした。
正直言って、商談レベルのことになると、私たちNPOでは完結することが難しく、こちらのエージェントさんにお願いしてしまおうか、と思ったりしました。ただ、それでは、私たちが今までこの事業で培ってきた教育や交流を入れたプログラム作りを、活かすことがでません。四国運輸局さんに相談したときも、「せっかく今までモニターツアーの企画をしたのだから、ソフィア倶楽部でツアー商品作りをコーディネートしてみませんか。」と言ってもらいました。国際交流団体であっても、事業は観光産業振興のためにバックアップしてもらっているので、営業につながってこそ・・・!と思い直して、こちらで対応することにしました。

まず、ルートとして考えたのが、広島(平和教育)・しまなみ海道(サイクリングなどのアウトドア)・松山(文学・温泉など)というもの。このコースは、国内でも魅力ある素材になると考えました。

ただ問題は、中国に対抗できるだけの価格設定ができるかどうか・・ということ。滞在費2泊3日だと一人20,000円、3泊で24,000円という設定(もちろん移動費も含みます)じゃないと難しいと言うことでした。


韓国の皆さんを松山城にご案内したとき、ロープウエーの駅舎ホールでは、「伊予山の辺のみち」の写真展が開催されていました。


 

投稿者 sophia : 2007-2-28 10:53 | コメント (0) | トラックバック (0)




 
 

盆栽・Bonsai・体験 (民泊&和みの日本体験)

3月24日から4月8日まで、松山城・二之丸史跡庭園がライトアップされます。それにあわせて、文化芸能の発表やコンサートが行われますが、私たちも松山観光コンベンション協会の委託事業として「民泊&和みの日本文化体験」を計画しました。

盆栽・俳画・わらじづくりの三つのプログラムを考えています。「盆栽」は韓国からのモニターツアー参加者の方たちも言われていたのですが、多くの外国の方に人気のある日本の伝統文化です。でも、日本では「盆栽」というと、ご隠居さん・・・というイメージがあり、「まだ、そんな年じゃないから。」という声も・・・・・。

今回、イベントをコーディネートするにはきちんと盆栽について知っておかないと・・・!ということで、日本盆栽協会松山支部幹事の甘井さんのお宅を訪ねました。甘井さんは、愛媛バラ会や愛媛県園芸文化協会などに所属、ガーデニングの講師もされています。
「盆栽」とは・・というところからお聞きしたのですが、なかなか一言では難しいけど、と言われながら、「長い年月を経てつくられる自然美を、鉢植えの中に凝縮して表現しているってことかなあ。。今は、いけばなよりもフラーワーアレンジメントのほうが主流になりつつあるように、豆盆栽が人気があるみたいやな。ほんものの盆栽は、お金も手間もかかるし、なかなか若い人が参加してくれんのよ・・・。」
「盆栽」聞きかじりの私たちの質問にも丁寧に答えていただきました。盆栽協会の機関誌「盆栽春秋」も貸していただいたのですが、この中には、「盆栽は日本の伝統文化であり芸術であることを認識して、芸術盆栽を継承し、後世につたえていかなければならない」というようなことも書かれていました。

外国人観光客誘致の事業を始めてから、日本文化について学ぶ機会をたくさんいただきました。茶道でも着物でも、現代の日本人が伝統的な文化を守ろうとしていますか?!・・と留学生に言われたことがあります。私自身も、歴史や文化について特別に興味を持ってはいませんでしたが、今では、礼儀を重んじ控えめな心遣いを行なう(これだけでは言い尽くせませんが・・)日本の文化に誇りを感じるようになりました。

今回のイベントも、外国の方を対象に行いますが、日本人に対しても何か働きかけるきっかけになればと思っています。


たくさんのお花や盆栽に囲まれた甘井さんのお宅。イラストレーターのりえちゃんと・・。


お土産に、アザレア(西洋ツツジ)をいただきました。

 

投稿者 sophia : 2007-2-20 13:22 | コメント (0) | トラックバック (0)




 
 

わらじを編む (スタッフコーナー)

3月25日から30日・二之丸史跡庭園で、外国の方たちに日本文化を体験していただくためのイベントを行います。盆栽気分を味わったり俳画に挑戦してもらったりするのですが、スローライフグッズとして「わらじ」を編むという体験も入れることにしました。今日は、このわらじつくりをデザイナーの杉木さんが教えに来てくれました。杉木さんは、折り紙作家でも有り、ボランティアとしても子供たちに様々な工作の楽しさを教えてくれたりしています。このわらじつくりも、お年寄りが子供たちに教えるときに「うろ覚え」のところをアドバイスしたりしているそうです。


左は荷物用ロープで編んだ見本。3種類持ってきてくれました。

両足の指に引っ掛けて編んでいくそうです。職人さんのように見えますか?

手さばき良く編み上げていきます。

足の形にするのは、ひもの引っ張り加減によるのだそうですが、教えてもらっている蒲団屋さん曰く「これはなかなか難しい・・・」そうです。

初めての方たちに、一足編み上げてもらうのは難しいそうなので、キーホルダーや携帯ストラップのようなミニわらじにしてもいいかも・・・と話し合っています。


下の写真は、蒲団屋さんのお店に飾ってある「おひなさま」。楽しそうに、並んでいました。



 

投稿者 sophia : 2007-2-14 20:31 | コメント (3) | トラックバック (0)




 
 

韓国・高校生の日本体験 (スタッフコーナー)

2月6日(火)、韓国・ピョンテク市から日本語の学習に来ていた高校生二人は、無事研修を終え帰国しました。午前中は日本語の個人レッスン、午後からは日本体験ということで約1ヶ月間の受入を行いました。

最後の週には、お世話になった方々へのお礼として、ケーキづくりを行いました。

慣れない手つきでしたが、無事完成しました。


いつもお世話になっている茶道(遠州流)の先生・石本さん宅でのお茶会も体験しました。

正座するのは大変でしたが、行儀よくお茶をいただきました。

左の写真は、石本家オリジナルのコンロ。電器釜を再利用してつくったものだそうです。

キムくんが日本茶がすきだということで、緑茶やほうじ茶も入れていただきました。梅にうぐいすのお菓子付。


松山市にある専門学校・愛媛コミュニケーションビジネス専門学校も見学させていただきました。
ここは昨年開校したのですが、マスコミ関係(エディター・ライター)やブライダルやパーティのプランナーなどを育てるための専門学校です。


レストランでの接客実習。カメラやミキサーなど多機能な設備の整ったプレゼンルーム(右)

愛媛大学の学食。韓国の留学生からもアドバイスをもらいました。

最後に、キムくんに松山での感想を聞いてみました.。


「松山に来たのは、4回目です。来るたびに感じるのは、町がきれいでルールが守られている、整然としているということ。落ち着いた雰囲気も和ませてくれます。お行儀もいい。韓国人に比べて、曖昧な表現をするので、そういう部分では戸惑いも感じました。
バーゲン期間中だったので、買い物も楽しかったです。アディダスの商品も韓国より安く変えました。プレステーション2も・・・。

人も親切でした。特に、ホストファミリーさんには、本当の家族のように接してもらいとても感謝しています。日本人がこんなにオープンに人と接しているのを始めて知りました。本当にいい経験だったと思います。」

そして、最後に「小学校のとき学校では、日本はこういう国だ・・というふうに教えられましたが、今回、個人対個人として様々な人と接することで、人を通して日本を見ることが出来ました。」と話してくれました。


 

投稿者 sophia : 2007-2- 7 18:52 | コメント (0) | トラックバック (0)




 
 
 
     
事務局:松山市大街道3丁目8-3 2F  TEL/FAX:089-934-5296  E-mail:info@sophia-club.net
 
Copyright(c) 2006 Sophia Club. All rights reserved.