ブログ  ソフィア倶楽部とは  観光  協力事業  交流   HOME 
 
   
 2007年8月 
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 
  ソフィア倶楽部ニュース
スタッフコーナー (237)

ソフィア倶楽部 ~10年の歩み~ (11)

ニュース (13)

  観光
Yokoso Card の使い方 (1)

Yokoso Tour レポート (4)

  交流
交流レポート (5)

  English News
News (4)

Report (1)

  Korean News
News (0)

  Chinese News
News (0)

  Editors Journal
Iku Mosaic (5)

 
ソフィア・カフェ (3)

 
盆栽・Bonsai (1)

  アーカイブ
2012年06月

2012年01月

2011年11月

2011年09月

2011年07月

2011年05月

2011年04月

2011年02月

2010年12月

2010年10月

2010年09月

2010年08月

2010年07月

2010年06月

2010年05月

2010年04月

2010年03月

2010年02月

2010年01月

2009年12月

2009年11月

2009年10月

2009年09月

2009年08月

2009年07月

2009年06月

2009年05月

2009年04月

2009年03月

2009年02月

2009年01月

2008年12月

2008年11月

2008年10月

2008年09月

2008年08月

2008年07月

2008年06月

2008年05月

2008年04月

2008年03月

2008年02月

2008年01月

2007年12月

2007年11月

2007年10月

2007年09月

2007年08月

2007年07月

2007年06月

2007年05月

2007年04月

2007年03月

2007年02月

2007年01月

2006年12月

2006年11月

2006年10月

2006年09月

2006年08月

2006年07月

2006年06月


Web sophia-club.net
 
 
 
 
 

 

<<2007年07月 | 2007年09月>>

    2007年08月
 

韓国マスコミ取材ツアー (教育旅行推進ネットワーク会議)

韓国の小学生と入れ替わりに、ピョンテク市のCATVと市民新聞の方が松山を訪れてくれました。
「ビジット ジャパン キャンペーン」事業の一環で、松山市と友好関係をむすんでいるピョンテク市市民に、もっと松山市のことを知ってもらい、観光誘致につなげていこうと企画したものです。

猛暑の中重い機材を担いでの取材でしたが、自分たちで見聞きした松山を歴史と文化をベースに紹介していきたいと、精力的に動いてくれました。松山市が観光事業をどう推進しているか、ということも番組で紹介していきたいということでした。

韓国でも、有形・無形の文化財がたくさんあります。そしてその中で、特に無形の素材を観光誘致に活用しようとする動きがあるそうですが、松山市を取材してみて、夏目漱石の小説・坊ちゃんの舞台になったというjことを、「坊ちゃん文学賞」や「坊ちゃん列車」など、観光の目玉として作り上げていることを知り、「松山では、もうこういう動きを先んじて行っている」ということに衝撃を受けたそうです。(高校生の「俳句甲子園」も、しかり・・・ですよね。)

このことは、3分くらいのニュース番組で知らせたいと言われていました。そして,別枠で松山市を紹介する番組をひとつ作ってくれるそうです。

また、新聞社の記者さんは1面を使って、まず松山の紹介(人口などをデータで示すなど・・)を行い、ピョンテク市との交流の歩みをまとめ、松山の楽しみ方(松山城に登って市内を眺めてみる・・その後、道後温泉でゆったり過ごし、静かに読書、市内電車で一回りなど・・・)を提案、最後にそれにかかる費用を記載する、という紙面づくりを考えていると伝えてくれました。

松山城や道後温泉の職員・観光客など、様々な人たちにインタビューを行い、熱心に取材してくれました。

皆さん、多くの松山市民が地元に愛着を持っている、ということも実感したそうです。



松山城・記者さんは松山城の歴史なども勉強してきていて、歴史的背景など鋭い質問もされていました。

今回提供した、瀬戸内海での釣り体験・プロの漁師さんが案内してくれたため、短い時間で鯵が20匹くらい釣れ、とても喜ばれていました。海に浮かぶ島々、松山空港、遠くに見える山々・・四国の中は様々な自然の楽しみがある、ということを実感できたひとときでした。

  

お馴染みの道後温泉。道路が整備されたので、こちら側からもゆっくり撮影することができました。


意見交換会は、愛媛CATV、ピョンテク市の紹介記事を手がけている出版社、松山市役所などの関係者に参加していただき、メディアとの連携などについて話し合いました。

 

投稿者 sophiaclub : 2007-8-27 18:12 | コメント (0) | トラックバック (0)




 
 

韓国小学生スカウト研修旅行 (教育旅行推進ネットワーク会議)

8月19日(日)から21日(火)まで、韓国ピョンテク市の小学生75名指導教師10名、総勢85名の研修旅行受け入れを行いました。
松山空港のゲートから、かわいい制服をきたボーイ・ガールスカウトの子供たちが現れました。自動販売機の飲み物を珍しそうに見て、早速買っている子も・・。みんな始めての日本旅行を楽しみにしてくれていたようです。

バスに乗って、レインボーハイランドへ・・・。そこで、1波乱・・・。韓国側はホテルのようなところに泊まると聞いていたらしくて、宿泊施設の中にクーラーがないと知って、先生方の表情が曇ってしまっているのです。

レインボーハイランドの方には、「そういうことは、きちんと伝えてもらわないと・・、コミュニケーション不足ですよ。」と言われてしまいました。施設のパンフレットも事前に渡していたのですが、直接こちらが事前説明を行うことができなかったため生じた行き違いでした。
前日でのキャンセルも受け入れられるお国柄、エージェントさんも行けばなんとかなるだろう・・・と思われたようでした。

施設の方のご配慮で、先生方にはクーラーのある和室で過ごしていただくことができ、なんとか収めることができました。(韓国の教育旅行は、先生に気に入ってもらえるかどうかで決まるらしいので、「青空」のギルニョさんもとても気を使って接待されていました。)

初日の夜は、野外ステージでの流しそうめん。これも職員の方々で準備してくださって、多人数に対応できる本格的流しそうめんができました。


松山空港に到着。                     ライトアップした中での、流しそうめん。

2日目は、大型バス2台でしまなみ海道・上浦小学校の皆さんとの交流に出かけました。

猛暑の中の活動は大変でしたが、晴れ渡ったしまなみ海道の景色は素晴らしいものでした。

                               上浦小学校の先生を囲んで言葉の学習中。


交流のための学習のしおり(教師用)。さすが、学校の先生。スケジュールから交流についの資料まで、きちんとまとめて準備されていました。おかげで、スムーズに活動を進めることができました。
多々羅大橋でのウォーキング、小学校の体育館での交流・・学校内の見学・・・。堅苦しくなく、でも学生らしい内容の交流をさせていただきました。

                            

右の写真は、小学校の保健室。わたしたちにも懐かしい場所です。


日韓、校長先生の意見交換もされていました。

韓国側では、こういう垂れ幕も用意してくれていました。


3日目は、松山城での歴史・文化学習。学芸員の森さんが同行して、子供たちにわかりやすく説明してくれました。

天守閣の中では、松山市の子供たちが作ってくれた鎧を身に着けて、ちいさな侍体験を行いました。

お城の広場で休憩したときに、子供たちが喜んで食べていたのが「坊ちゃん団子」。小さくて串にさしているのと、甘い味が気に入ったようでした。

*余談ですが・・・。レインボーハイランドの食堂で、水筒にお茶を入れてもらえるということだったので、事前に子供たちに水筒を持参してもらうように伝えていたのですが、もって来ていませんでした。聞くと、学校にも浄水器があるので、水筒は持って行ってないそうです。みんな、自販機でペットボトルを買っていました。??どうなんでしょう・・?


午後からは商店街でのショッピング。人気は百円ショップ。たくさんお土産を買って帰ってくれました。
(みかんのぬいぐるみが、女の子の間では人気でした。)

やっぱり、男の子にはガンダム。遊戯王カードを買っている子も・・。日本のアニメの影響力を実感しました。


今回のツアーは、初めてNPOの私たちが手がけたツアーでした。そのためトライアルの部分が多く参加してくださった方、ボランティアで手伝ってくださった方々には、ご迷惑をおかけしたことも多分にあったと思います。

85人という大人数を受け入れるには、まだまだ力不足のような気もしました。道後温泉での受け入れも現状では、20人くらいの規模でないと十分な対応はできません。松山城でも、プログラム作りに向けて様々な取り組みを行っていますが、同じような規模でないと難しいかもしれません。

また、韓国の学校単位の教育旅行には200人くらいの対応が必要となると、飛行機もチャーターしなければなりません。

今回のことで、たくさんの課題を見つけることができました。その中で、、私たちNPOだからできるツアーのコーディネートを考えていきたいと思っています。

初めは、心配顔だった先生たちも、最後は喜んで帰っていってくれました。周りの人に叱られ、こんなしんどいことはもうやめよう・・・と思いながら、また頑張れるのは、みんなの笑顔を見ることができるから・・、最後にはみんなに喜んでもらってよかった、と思えるから・・それが続けていく原動力のようです。

 

投稿者 sophiaclub : 2007-8-27 17:09 | コメント (0) | トラックバック (0)




 
 

Flicker Photos from しまなみ (スタッフコーナー)

いつも仲良くしていただいているFMラヂオバリバリの黒田さんが、とてもきれいな写真のページを作っているので、ご紹介したいと思います。感性豊かな彼女らしい・・こころが癒される写真ばかりです。コメントも洒落ています。

しまなみ♪プらプら日記's photos


愛媛の風景作りの会などでの彼女の提案は、こういう中からうまれてくるのだと・・納得しました。
観光素材も、本物を見つけることから・・それを見極める力を養うために出かけてみないと・・・・。

今年のハワイからのモニターツアーは「四国遍路」をテーマにしています。

 

投稿者 sophiaclub : 2007-8-12 18:54 | コメント (0) | トラックバック (0)




 
 

ゲストハウスオープン前のお料理イベント (スタッフコーナー)

ゲストハウス5階のスペース(2LDK)を、ひとつはアメリカから来ているジョンのお部屋、もうひとつを開設準備室として使っています。
7日(火)は、シェアしているリビングで、韓国からの留学生・韓(ハン)くんの家庭料理を楽しみました。

ハン君は、食べるのも作るのも大好きで、プロの料理人を目指すのではなく、オリジナルのメニューを研究しながら自分の楽しみとして作っていきたいと言っていました。


彼の手際のよさに、みんな感心していました。       ユッケジャンも作ってくれました。


牛肉・大根・長ネギ・えのき・しいたけ・エリンギ・豆もやし・わらび・・具沢山の汁でした。


オイキムチ・ほうれんそうのナムル・・写真はありませんが、たくあんのキムチ、野菜を炒めたもの、具のたっぷり入った玉子焼き・・など、シンプルな素材をいかした味付けで、みんな大満足でした。


音楽やスポーツと同じように、料理もみんなに披露できるりっぱな特技・・、どこにいっても喜ばれるものですね。

市役所の中矢さんが、新しく松山市が設置した「MATSUYAMA ハイクナビ」のパンフレットを持って来られました。
携帯のQRコード・エコネットカード・無線タグという3通りのアクセス方法を使った、ナビゲーションシステム。携帯で投句や俳句クイズラリーに参加できると言うものらしいです。使いこなせるようにならないと、上手く説明できないのですが・・・。俳句を切り口にしたのが、松山らしいかと・・・。

 

投稿者 sophiaclub : 2007-8-10 12:58 | コメント (0) | トラックバック (0)




 
 

ジョンの俳句学習・町内盆踊り大会 (スタッフコーナー)

松山滞在も1ヶ月になろうとしているジョンくん。日本語・日本文化を学びに来ているだけあって、武術・茶道から好きなロックミュージシャン(好きなギタリストはシュウ)も日本人。日本での体験を謳歌しています。
2日は、いつもサポートしていただいている子規プロジェクトの七重さんに俳句のレクチャーを受けました。
ジョンが初めて作った俳句を披露。「Matsuyama Castle White as Snow  White as Courage」

ジョンのイメージするお城・・白い色・・勇気。これを七重さんが、日本語に・・。まず「城 白き 雪降るように 勇気のように」というような訳をつくりながら、ジョンの感性を引き出していく・・そしてよりその感性に近い表現を模索する・・。短い時間でしたが、そのセッションは言葉のちから・・おもしろさの伝わるものでした。 さすが・・・です。


土曜日(4日)の夜は、役員を務めている町内の盆踊り大会でした。
NPO畑から、違和感を感じながら町内会に参加していましたが、なんとか馴染んできました。町内の活動は、如何に体を動かして働いているか、実践力がすべてだと感じています。どんなに改善点を述べても、実行が伴わないと人はついてきてくれません。何もかも役員がしないといけないわけではありませんが、まず、自分たちが動いていかないと、と思ってお世話役を楽しんですることにしました。

役員の仕事を整理して伝えていくこと、事前準備だけでなくそれぞれの行事を行った結果報告(これが意外と伝えられていないようです)を次回の参考になるように作成することは、新しく付け加えたいと思っています。

小さな分館の盆踊り大会ですが、飾りつけは本格的でした。

カキ氷は、一番人気。我が婦人部は、焼き鳥と焼きとうもろこしの販売を行いました。

 

投稿者 sophiaclub : 2007-8- 5 15:13 | コメント (0) | トラックバック (0)




 
 

ゲストハウスMATSUYAMA・・・・速報 (スタッフコーナー)

オープン準備中のゲストハウス、苦労していた1階店舗部分に、なんと!久万高原町さんが入ってくれることになりました。(といっても、これからいろいろ検討していかなければならないのですが・・・ともあれ開店に向けて動きはじめました。)

久万高原町は、旧久万町・面河村・美川村・柳谷村の4か町村が2004年8月に合併した高原のまち。スキーにゴルフ、キャンプなど、自然の中で楽しめ、そして癒される町です。外国の方がよく行かれる石鎚山にも近く、ルートを作れば、外国人観光客の誘致も活性化されると思います。

実は、物産については最近いただいた素麺、昔から好きだったおこう饅頭くらいしか思い浮かばなかったのですが、これから一緒に応援していきたいと思っています。単なる物産のアンテナショップとしてではなく、久万高原町の観光課の支所として、また情報の受発信のできる拠点としても活用していただきたいと考えています。

 

投稿者 sophiaclub : 2007-8- 1 09:39 | コメント (0) | トラックバック (0)




 
 
 
     
事務局:松山市大街道3丁目8-3 2F  TEL/FAX:089-934-5296  E-mail:info@sophia-club.net
 
Copyright(c) 2006 Sophia Club. All rights reserved.