ブログ  ソフィア倶楽部とは  観光  協力事業  交流   HOME 
 
   
 2008年10月 
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 
  ソフィア倶楽部ニュース
スタッフコーナー (237)

ソフィア倶楽部 ~10年の歩み~ (11)

ニュース (13)

  観光
Yokoso Card の使い方 (1)

Yokoso Tour レポート (4)

  交流
交流レポート (5)

  English News
News (4)

Report (1)

  Korean News
News (0)

  Chinese News
News (0)

  Editors Journal
Iku Mosaic (5)

 
ソフィア・カフェ (3)

 
盆栽・Bonsai (1)

  アーカイブ
2012年06月

2012年01月

2011年11月

2011年09月

2011年07月

2011年05月

2011年04月

2011年02月

2010年12月

2010年10月

2010年09月

2010年08月

2010年07月

2010年06月

2010年05月

2010年04月

2010年03月

2010年02月

2010年01月

2009年12月

2009年11月

2009年10月

2009年09月

2009年08月

2009年07月

2009年06月

2009年05月

2009年04月

2009年03月

2009年02月

2009年01月

2008年12月

2008年11月

2008年10月

2008年09月

2008年08月

2008年07月

2008年06月

2008年05月

2008年04月

2008年03月

2008年02月

2008年01月

2007年12月

2007年11月

2007年10月

2007年09月

2007年08月

2007年07月

2007年06月

2007年05月

2007年04月

2007年03月

2007年02月

2007年01月

2006年12月

2006年11月

2006年10月

2006年09月

2006年08月

2006年07月

2006年06月


Web sophia-club.net
 
 
 
 
 

 

<<2008年09月 | 2008年11月>>

    2008年10月
 

国際人・・・になろう。小学校の総合学習体験。 (スタッフコーナー)

10月30日、31日と小学校の総合学習に参加させていただきました。
30日はさくら小学校。「国際人になろう!」というテーマで学習しているので、ソフィア倶楽部の活動についてお話してください、ということでした。
話だけではなくて、実際に松山を訪れている外国の方たちのことも知ってもらおうと、今まで収録したビデオメッセージを紹介することにしました。サポーターの平岡くんが徹夜して子供たち用に編集してくれたものです。アメリカ・カナダ・フランス・韓国・オーストラリア・・。様々な国の人が松山を訪れ「きれいな町、人が親切・・・、住みやすい・・・美しい海や山が近くにあって自然を満喫できる・・・・etc」など、たくさんのうれしくなるようなメッセージをおくってくれています。

「こんなにいろいろな国から松山に来ている人がいるんですね。」
外国人に触れる機会が少ない子供たちは、みんな驚いていました。

そして、「わたしたちのできることって、どんなことがありますか?」という質問も・・・。

「言葉の違い、文化、習慣、宗教・・・お互いに違いを理解しあうこと。(我慢して合わすということではない。)
海外から来た人に、日本の文化、歴史、松山のことをきちんと伝えられるようになること。
これが私たち自身でも必要だと思うこと。そして、相手に思いやりをもって接することができれば(これは身近な人に対しても同じことですよね)・・・」というようなことをお話させていただきました。私自身も国際人とは・・ということを明確には答えられないのですが・・・。

gak1.JPG


翌日はたちばな小学校。韓国・中国・ネパールの留学生、インドネシア・フィリピンの方たちと一緒に訪問しました。今回は、各クラスに分かれて其々が自国についてお話しました。

gak2.JPG

黒板にひらがな、その横にハングル語を書いて文字を教えていたウォンくん。

gak3.JPG

インドネシアのスリさんは写真や遊びに使う貝殻を持参。子供たちも気軽に質問していました。

gak4.JPG

ネパールのマニタさん。地図を使って詳しく説明していました。

gak5.JPG

中国のチョウさん。中国のアニメをスクリーンに映して紹介したり、子供たちの遊びや飾りのおみやげなども準備していました。

gak6.JPG

教室の後ろに置いてあった「おなやみ相談箱」。おなやみの例文がよかった・・・!
「おなやみが全然来ません。どうしたらいいですか・・・・。」


gak7.JPG

愛媛大学に新しく入ってきた留学生。ルースさんに連れられて、日本語&日本文化の学習に松山城に来ていました。

 

投稿者 sophiaclub : 2008-10-31 21:20 | コメント (0) | トラックバック (0)




 
 

学生サポーターさんはみんな漫画が大好き・・・いつもアニメの話で盛り上がっています。 (スタッフコーナー)

 今年度は、松山を訪れた外国人観光客にインタビューを行い、「Welcome to Matsuyamaメッセージ」の映像を作っています。これまで30人くらいの方にお願いしましたが、大半はゲストハウスに泊っていただいたお客様。皆さん、気持よく協力してくださいました。

 今日は、1回目の編集作業。サポーターの平岡くんが素材をまとめてかたちにしてくれています。作品は松山市役所のオフィシャルサイト「まつやまインフォメーション」のなかで紹介されます。(2009年度~)

 30日にさくら小学校で行う「国際理解教育」用にも特別に編集してもらっています。アメリカ・フランス・韓国・カナダ・オーストラリア・イギリス・・・肌の色・・言葉・・それぞれ違っていても、心が通じ合い、共に生きる仲間になれる・・・何かみんなが感じてくれれば・・・と思いながら仕上げてもらっています。

 平岡くんと同じように、大学生さんが何人か手伝いにきてくれるようになりました。来年度から宇和島市役所で働くようになっているみほちゃん、上海のホテルにインターンシップとして勤めるあやちゃん、韓国からの留学生じいくん・・。ゲストハウスがみんなのおかげで活気づいてきました。絵が上手で漫画が大好き!というのもみんなの共通点。アニメの話題は尽きません・・・・。


staff.JPG

ゲストハウスのフロント&カフェを活動拠点にして頑張ってくれています。

 

投稿者 sophiaclub : 2008-10-28 22:27 | コメント (0) | トラックバック (0)




 
 

お礼の気持はチップで・・・。 (スタッフコーナー)

この間のモニターツアーには、アメリカ・オーストラリア両国の旅行関係者が参加されましたが、そのときに上原さん(ロサンゼルスの旅行エージェント)からお聞きしたお話。

最終日、お世話になった運転手さんにお礼をしよう、ということになったそうです。アメリカではチップという習慣があります。このときにも当然、お金を出し合っておれいをしよう、ということになったらしいのですが、オーストラリアの参加者からは同意を得られなかったとか。仕事でしていることだから必要ない・・というような、お礼の習慣がないのかもしれません。
運転手さんは日本人なので、お金で受け取るのには抵抗があるかもしれない、ということで集めたお金を品物にして、お礼をされたそうです。アメリカでは、仕事であっても謝礼を払うのは当然のこと。

方法は違っても、お礼の気持ちを表すのって大切なことだと思うのですが・・・。 


005.JPG

今日、アメリカ人のジョンがホットドッグの材料を持ってきてくれました。アメリカのマスタードは、まろやかな程よい辛さで、ウインナーにとても合っていました。

 

投稿者 sophiaclub : 2008-10-21 22:22 | コメント (0) | トラックバック (0)




 
 

Visit Japanから見えてくるもの、どこから手掛けていけるかな・・・。 (スタッフコーナー)

10月16日(木)、四国運輸局・徳島県三好市主催「米国・豪州インバウンド事業」のモニターさんたちが、松山を訪れました。内子のモニターツアーに参加していただいた上原さん(ロサンゼルスの旅行エージェント)も参加されていましたので、ご一緒させていただきました。
この日は道後のホテル椿館に宿泊され、17日(金)の朝は道後温泉に・・。私も道後温泉にはよく来ているのですが、朝の時間帯は初めて。人も少なく、ゆったりと風景を楽しむことができました。


jin1.JPG

9時前から、人力車の開店準備(?)が始まります。なかなか雰囲気のある車夫さんが手際よく準備されていました。

jin2.JPG


これから1日が始まるのですが、適度に癒され、気持のいいひとときが過ごせました。


jin3.JPG

きれいに並んだ人力車たち。

jin4.JPG

本館の前で記念撮影。

今、わたしは観光業のプロの方たちと、会社をつくる準備を・・密かに・・進めています。小さなボランティアグループとして活動を始めて12年。限界を感じながら、定職にも就かず、片手間のパートを細々と・・(悲惨な感じになりそうですが、)でも生きがいを感じ、へこたれず、楽しく、行政の方々に後押ししていただきながら続けてまいりました。

政府の(小泉さん?)「ビジットジャパンキャンペーン」事業のお陰で、外客誘致という観光産業に携れることができ、少しずつ仕事もいただけるようになりました。このゲストハウスMATSUYAMAの運営も成果のひとつだと有難く思っています。

ですが・・・、まだ愛媛では、日本人観光客の2%にも満たない数字であるため、自立できるほどの事業にはなっていないのが現状です。これから、海外や地域の人とのつながり(ネットワーク)を大切に、人に喜んでもらえるために一生懸命働ける・・そういう仕事をプロの方たちに学びながら、作っていければと考えています。

今回、モニターとして来松していただいたオーストラリアの旅行会社の方に、ゲストハウスも興味を持っていただきました。できれば、この機会を大切につなげていきたいと思っています。

日本各地には、温泉も自然も観光施設も素晴らしいところがたくさんあります。その中で、ロサンゼルスの上原さんやピョンテク市のギルニョさんのように、愛媛へと誘致してくれる人がいるということが、またそういう人のネットワークをつくることが活性化につながっていく、と思っています。


 

投稿者 sophiaclub : 2008-10-17 22:08 | コメント (0) | トラックバック (0)




 
 

ゲストハウスのお客さま流、旅の楽しみかた。 (スタッフコーナー)

大きな荷物を背負って「部屋はありますか・・・・?」と訪ねてくれるバックパッカーさん。手には「JAPAN」というガイドブック。以前のダウンタウンユースホステルの名前で紹介されているので、外国の方は予約なしで来られます。1泊の次に多いのが3泊の滞在。松山を拠点に、石鎚山、内子、大洲と日帰りされる方が多いようです。

イギリス出身のライアンは、銀行員ときどきミュージシャン。定番の松山城・道後温泉、そして俳句に興味を示してくれたので、子規記念博物館を紹介しました。突然の依頼でしたが、七重さんが俳句レクチャーを引き受けてくれて、彼にとって充実した俳句体験となりました。

また、彼は2階で自炊していましたので、サポーターさんたちや訪れた人たちとの自然な交流も楽しんでくれました。


106.JPG


大阪から来てくれたアメリカ出身のエディ。彼も誰とでも仲良くなれるナイスガイでした。日本語も上手で、積極的に松山に溶け込み、温泉や食事処について、情報を得ることも選択することも見事でした。事前に観光場所を決めて効率よく動き、おいしい食事の場所は地元の人に聞いてその都度決めていく・・・世界中いろいろな所を旅しているだけあって、「旅の達人」と呼びたいほどでした。こういう旅ならしてみたい!と思わせてくれました。

E.JPG

 

投稿者 sophiaclub : 2008-10-13 22:00 | コメント (0) | トラックバック (0)




 
 

久万高原アンテナショップ・・野菜のファンが増えてます!! (スタッフコーナー)

ゲストハウスの1階にある久万高原町アンテナショップ「きらり久万高原」。日課のように覘いています。楽しみは季節ごとに顔を見せてくれる野菜たち。開店当時には間に合わなかったりんごも、出始めから味わうことができました。むかご・いとかぼちゃetc・・初めて出会う野菜たちも楽しみの一つです。


最近のお気に入りは、ほうれんそう。

「この久万高原町ほうれん草は、ほうれん草を食べるのが大好きな農園主が栽培しました・・・・・・。
標高700m たぽらん農園 鈴木主幸」と裏に書かれてあります。

HO2.JPG


こんなに入って、150円!!

HO.JPG

他では300円で売っているものですが、このアンテナショップだけは、皆さんに知ってもらえるように特価で販売しているそうです。日持ちもするし、適度に柔らかい。毎日のお弁当に重宝しています。

 

投稿者 sophiaclub : 2008-10-12 16:32 | コメント (0) | トラックバック (0)




 
 

えひめーAI 韓国進出?!報告。 (スタッフコーナー)

9月30日から10月3日まで、えひめーAIの開発者曽我部さんに同行させていただき、韓国に行ってきました。ビジットジャパンのモニターツアーに協力いただいた、韓日友好交流協会(ピョンテク市)のご招待によるものです。

協会の皆さんが、中島町でのえひめーAI・体験プログラムに参加され、その効果や広め方など、韓国の皆さんにも知ってもらいたい、ということで今回の講演会を企画されました。
(窓口をしてくれているギルニョさんの熱心な働きかけで、早くに実現することができました。)


him-1.JPG

韓京大学校での講演。微生物を研究している先生、農学部の学生さん、皆さん熱心に耳を傾けていました。

曽我部さんは、全国どこでも依頼されれば、えひめーAIについてその成分、効果だけでなく、えひめーAI-2に関しては製法まで講演しに行かれています。また、商工会議所・青年会議所・市民団体など、そのときの聴衆に合わせてわかりやすく説明してくれたりしています。今回は、大学の研究者に向けてのものでしたので、もっと詳しいデータがあれば興味を持つ人が増えていくのでは、という声も聞かれました。
えひめーAIは消臭だけでなく、農業の分野にも広くその効果が実証され、医学的な効能も人々の間では話題になったりしていますが、今は、草の根的に活動されています。曽我部さん自身も、様々な分野で専門家が研究してくれるようになれば、と言われていましたが、なかなか難しいようです。


him-2.JPG

大学関係者の方々との記念撮影。


10月1日は、安城で大きなお祭りがあるということで、私たちも見物に出かけました。映画「王の男」にでてくるような綱渡り、サムルノリなど韓国の伝統芸能を間近に楽しむことができました。

him-3.JPG

him-4.JPG

サムルノリ体験。曽我部さん、なかなかの腕前・・・初めての体験でしたが、最後までマスターされていました。
なんと、テレビ局の目に留まり取材されることに・・・。


夜は、ロータリークラブのミーティングで講演。

him-5.JPG


韓日友好交流協会の事務所にもおじゃましました。看板のマークもかわいく、目を引いていました。

him-6.JPG

室内には、大きな応接セット。ピョンテク市の友好都市である青森と松山の紹介も壁に貼られていました。

him-7.JPG

翌日は、青少年センター。環境NPO団体など市民の方たちに向けて講演されました。(韓国の市議や県議さんも参加されていました)


him-8.JPG

青少年センターでは、作り方の講習も行われました。

韓日友好交流協会の副会長さんでもある徐さん(西海営農組合の組合長さん)にも大変お世話になりました。
組合の運営する大きな農場にも案内していただいたのですが、ここがとても充実した体験場所・お勧めの場所でした。

him-9.JPG

野外での食事が楽しめます。横の広場では大学の運動会も行われたとか・・・。

韓国旅行の一番の期待は食事!(私自身のことですが・・・)大好きな野菜が様々なバリエーションで楽しめて幸せな気分になります。
him-10.JPG

この農場で特別に用意してくださった食事!無農薬で育てられた、野菜やきのこ類がそのままのおいしさを保ちながら、オリジナルのたれによって別の味わいも提供してくれた・・・大満足のメニューでした。

him-12.JPG


him-13.JPG


him-14.JPG


him-11.JPG

 

投稿者 sophiaclub : 2008-10- 8 19:57 | コメント (1) | トラックバック (0)




 
 

お茶会体験プログラムが始まりました。 (スタッフコーナー)

9月27日から10月4日までゲストハウスに滞在されたジェフさんご夫妻。日本の茶道にとても興味を持たれているということで、お茶会体験の依頼を受けました。

会場は、遠州流の先生・石本さんのご自宅。

isi1.JPG

着物姿も素敵な奥様。お茶を点てられる姿勢もきまっていました。

isi2.JPG

ジェフさんは、合気道の経験もあるということで、最後まで正座で通されました。

isi3.JPG

今まで、国際交流ボランティアとして茶道体験を提供してきました。これからは、そろそろ運営を考えて観光事業としての体験プログラムも手がけていこうと考えています。そのために、実費の部分以外のコーディネート&サービス料をどう組み込んでいくか・・・クリアしなけらばならないことがいろいろあります。体験を提供してくださるところにも、こちらの要求に応えていただけるよう進めていかなければなりません。ホスピタリティとサービス・・有料とボランティア、商品としての差別化・・課題山積みです。

 

投稿者 sophiaclub : 2008-10- 6 13:18 | コメント (0) | トラックバック (0)




 
 
 
     
事務局:松山市大街道3丁目8-3 2F  TEL/FAX:089-934-5296  E-mail:info@sophia-club.net
 
Copyright(c) 2006 Sophia Club. All rights reserved.