ブログ  ソフィア倶楽部とは  観光  協力事業  交流   HOME 
 
   
 2008年11月 
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
 
  ソフィア倶楽部ニュース
スタッフコーナー (237)

ソフィア倶楽部 ~10年の歩み~ (11)

ニュース (13)

  観光
Yokoso Card の使い方 (1)

Yokoso Tour レポート (4)

  交流
交流レポート (5)

  English News
News (4)

Report (1)

  Korean News
News (0)

  Chinese News
News (0)

  Editors Journal
Iku Mosaic (5)

 
ソフィア・カフェ (3)

 
盆栽・Bonsai (1)

  アーカイブ
2012年06月

2012年01月

2011年11月

2011年09月

2011年07月

2011年05月

2011年04月

2011年02月

2010年12月

2010年10月

2010年09月

2010年08月

2010年07月

2010年06月

2010年05月

2010年04月

2010年03月

2010年02月

2010年01月

2009年12月

2009年11月

2009年10月

2009年09月

2009年08月

2009年07月

2009年06月

2009年05月

2009年04月

2009年03月

2009年02月

2009年01月

2008年12月

2008年11月

2008年10月

2008年09月

2008年08月

2008年07月

2008年06月

2008年05月

2008年04月

2008年03月

2008年02月

2008年01月

2007年12月

2007年11月

2007年10月

2007年09月

2007年08月

2007年07月

2007年06月

2007年05月

2007年04月

2007年03月

2007年02月

2007年01月

2006年12月

2006年11月

2006年10月

2006年09月

2006年08月

2006年07月

2006年06月


Web sophia-club.net
 
 
 
 
 

 

<<2008年10月 | 2008年12月>>

    2008年11月
 

国際交流から観光推進も考えてみませんか・・。 (スタッフコーナー)

芸術の秋も・・イベントの多かった11月も終わろうとしています。松山城を訪れる観光客もピークを過ぎた頃、故寺山修司さんの実験的な市街劇「人力飛行機ソロモン」という試みが松山市内で行われました。東京、フランス、オランダなどで上演されてきたらしいのですが、今回は、松山市生まれの俳人正岡子規や夏目漱石らをモチーフにした「松山編」として行われました。


chirashi.JPG

何やら、スタッフか上演者かわからない、白塗りの人たちが思い思いのパフォーマンスをされていました。きちんと把握できていなくて申し訳ないのですが、観光客の方たちの反応は、賛否両論(びっくりしていた方もいらっしゃたので・・・)といったところでしょうか。


terayama.JPG


愛媛県内でも様々な分野で海外との交流が行われています。

私たちのところにも、滞在時のサポートについての問い合わせや、ボランティア通訳の紹介依頼などを受けることがありますが、まだ横のつながり(情報交換・・)は充分ではないように思います。「ぜひ、観光振興にご協力ください。体験交流もコーディネートできますよ」とお伝えすると、なかには、交流をビジネスに結びつけるなんて・・というように感じられたり、今のまま自分たちだけで楽しめればいいのだから・・というような雰囲気だったり。
私たち自身も、できることを明確にして広く知っていただき、海外からのお客さまを迎える方々のお役にたてるよう頑張りたいと思っています。

25日(火)、愛媛・ハワイ交流少年野球大会が坊ちゃんスタジアムで行われました。この交流は、えひめ丸事故(2001年2月にハワイ沖で起きた宇和島水産高校の実習船事故)を風化させないように、野球を通して友好の輪を広げようと始まったものです。毎年、愛媛とハワイを相互に訪問し、交流試合を行っています。今年も約70名の野球チームのご家族が訪問されました。

botchan2.JPG

松山市では、坊ちゃんがいたるところに使われていますが、野球場の名前にもなっています。

botchan.JPG

熱心に応援されていたハワイの皆さん。


 

投稿者 sophiaclub : 2008-11-27 10:33 | コメント (0) | トラックバック (0)




 
 

石鎚への道。How to get to Mt. Ishizuchi (スタッフコーナー)

11月の連休も宿泊のお客さまがたくさんみえられました。

多くの外国の方は、松山を拠点として出かけて行かれますが、一番人気は石鎚山。松山からだと、バスで久万高原町を通って、という行き方が多いようです。もう一つは、JR西条駅経由という方法。どちらも公共交通機関を使っていますが、今回滞在してくれたアメリカ人のダレンくんは、自家用車で行くことを希望していました。彼は広島の神石高原で英語の先生をしていて、広島の山の奥から、ひとりでガイドブック「JAPAN」を見ながら来てくれました。
 
 さて、石鎚山への道ですが・・・ゲストハウスにロードマップがなかったため、サイトやガイドマップを調べたり、行ったことのある人に尋ねたり・・・といろいろ頑張ってみたものの、なかなか明確にはなりませんでした。

 やっぱり、手書きでも自分たちで調べて作っておかないと・・・という話になりました。

 結局ダレンくんは、久万高原町に車を置いて、そこからバスで、という方法を選びました。行くまでに少々煩いましたが、帰ってきた彼はすばらしかった!と満足顔でした。


hiroshima.JPG

ダレンくんと、宿泊のお客さまの吉武さん、スタッフの隅岡さん。吉武さんのみごとなルー語で盛り上がりました。


先日、久し振りにアイテム愛媛に出かけたので、帰りに愛媛県観光物産コーナーに寄り、お気に入りの梅酒を買ってきました。砥部の七折梅を使った梅酒。おいしいですよ~。

umeshu.JPG

 

投稿者 sophiaclub : 2008-11-26 23:05 | コメント (0) | トラックバック (0)




 
 

久万高原町アンテナショップも1年を迎えました。 (スタッフコーナー)

そうなんです。私たちと同じように、久万高原町アンテナショップ「きらり☆久万高原」も1周年。役場の皆さんが慣れない接客業だとは思いますが・・・一生懸命、素朴であたたかい店づくりをされています。

毎週火曜日と金曜日は野菜の入荷日。少しずつお客さまに知っていただくようになり、開店前には並んで待ってくださる方もいらっしゃるそうです。いつもは、お店が落ち着いた頃事務所に出かけるので、そういう場面に出合うことはなかったのですが、今日は早めに出勤しましたので、開店に間に合うことができました。

vege2.JPG

開店と同時にお客さまが次々と来られます。


vege.JPG

場所柄でしょうか、観光客の皆さんも店頭に並んだ野菜に興味津津・・・。「これサツマイモに似ているけどヤーコンだわさ・・」なまりのまじった声も聞こえます。「東北から来ているから、安くても提げて帰るわけにいかないわさ・・・」納得。

uri.JPG

今回アンテナショップデビューしたハヤトウリ。きんぴらにしてもおいしいらしいのですが、飾ってみるとかわいくて当分この席にいてもらおうか・・などと考えています。

 

投稿者 sophiaclub : 2008-11-14 20:50 | コメント (0) | トラックバック (0)




 
 

It's a small world! 世の中、狭いねえ・・・。 (スタッフコーナー)

松山を訪れた外国の方たちの「Welcome to Matsuyama」メッセージも30人を超えました。昨日から宿泊してくれているフランス人のRomaricさん。彼も協力してくれるということで、今までのメッセージの中からいくつか見てもらいました。もちろん、その中でフランス人のメッセージも入っていたのですが・・・・。「エッ、この女性知ってる!信じられない・・!どうして・・・。」
なんと、フランスの友人が映っていたのです。日本に来ていたことも知らなかったらしくて、東京や京都ならわかるけど・・この愛媛の松山に、知り合いが来ていたなんて・・・・ほんとにびっくりしていました。
彼は、フランスで歴史の先生をしていたらしいのですが、一時退職をして(また復帰できるらしい)3か月かけて日本を回っていると話してくれました。

french.JPG

訪ねてくださったフランス語通訳の奥田さんとロマリックさん。初対面のお二人でしたが、文学から政治のことまで、話題は尽きないようでした。


フランスのロマリックさんと同じときに、タイの学生さんたちも宿泊していました。大学で日本語を専攻している生徒さんたち3名。日本人のサイトウ先生が引率して来られました。その中の二人は、来年愛媛大学に交換留学生として通うそうです。また、日本に来たら泊まりたいと言ってくれました。


tai.JPG

 

投稿者 sophiaclub : 2008-11-13 13:49 | コメント (0) | トラックバック (0)




 
 

そろそろ1年になろうとしています。 (スタッフコーナー)

11月になり、ゲストハウスも1年目を迎えました。

外国人観光客の受け入れ事業を始めて5年になりますが、宿泊業はもちろん・・・・観光事業自体は全くのしろうと。ただただ・・・外国から来られた方たちに松山を楽しんでもらいたい、そういう想いで1年を過ごしてきました。

「どうなることかと心配していたけど、なんとか続けているね。楽しそうにしているのがなにより・・・」と言われたりしています。やり繰りの大変さはなかなかクリアできませんが・・・・。周りの方たちに助けられながら、2年目の計画を立てています。

これまで、ソフィア倶楽部を法人化もせず運営してきたのは、「ボランティア」という位置づけでいたい、という想いがあったから。「えひめ産業振興財団」に会社設立の相談に行ったとき、「これはNPOが事業をするのとは違いますよ。」と鼻から相手にされませんでした。事業内容、協力者の方々についてお話をして、最後には「それでしたらきっちりビジネスをして社会貢献できるように頑張りなさい・・・」と言われたのですが、このことで気持の転換ができたように思います。ソフィア倶楽部のボランティア活動をしたいから会社をつくるというのはわかりにくい、ビジネスをきっちり行って、利益を社会貢献費用(ソフィア倶楽部としてのボランティア事業)に充てる、というのが起業する者の心構えだと・・・。中途半端な理想論は伝わらない。バリバリのビジネスウーマンになれるとは思いませんが、協力者(バリバリのビジネスマン)の力を借りて、進んでいこうと(行くしかないか・・・)と考えています。

さて、厳しい現状はありますが、ゲストハウスの運営は日々楽しく行っています。

これまで宿泊された外国の方は191名。

アメリカ70名・イギリス22名・フランス18名・カナダ10名・ドイツ4名・オランダ3名・スイス2名・オーストラリア10名・イスラエル3名・アイルランド3名・中国11名・韓国16名・ネパール10名・エジプト2名・モザンビーク2名・コンゴ1名・ミャンマー2名・チェコ2名

1人平均3泊されています。(延べ人数567人)

ghm.gif

理想としているゲストハウスの風景・・・です。

旅立つときに、皆さんがメッセージを残してくれました。その一部をご紹介します。


mi.JPG

松山城で侍のかっこうができるなんて思ってもみませんでした。とってもラッキーだった。松山城は美しく、町の人たちもみんな親切にしてくれました。マイケル(アメリカ)


FB.JPG

暖かな歓迎、幸せ、そして微笑みをありがとう。ゲストハウスでいろいろな人と出会えて幸せでした。そして、様々なことを学ぶこともできました。バネッサ(フランス)

is.JPG
ありがとう。ここが日本で滞在した中で、一番歓迎してくれた宿泊所でした。マヤ&ナチ(イスラエル)


cg.JPG

この二週間お世話になりましてありがとうございました。もし機会があれば、ぜひ中国へ遊びに来てください。
ショウリリ&ハンカホウ&ヨウキン&トウケイケツ(中国)

A1.jpg


この美しく親しみやすいまちで、素晴らしい時間を過ごすことができました。出会った人々はとても親切でしたし、食べ物もおいしかった・・・!ここでの体験は、忘れられない思い出になりました。レスリー(アメリカ)


松山に一ヶ月間滞在できてとても嬉しかったです。景色もいいし、空気もいいし、何より人々が好きでした。
ありがとうございます、また来ます。ミナ(韓国)


松山に初めに来たときは本当に不慣れで大変だったのですが、だんだん楽しくなりました。日本の食べ物はおいしくないと思っていましたが、とてもおいしかったです。特に食べ物の中でも寿司が一番おいしかった
です。日本に来ていろんな事を学んぶことができました。ヒソプ(韓国)


自宅に居るようにくつろげました。まちはきれいで、人々は時間のあるなしにかかわらず、いつもボクのために協力してくれました。もっともっと知りたくなる町です。また帰ってきます。ライアン(イギリス)

 

投稿者 sophiaclub : 2008-11- 9 07:20 | コメント (2) | トラックバック (0)




 
 
 
     
事務局:松山市大街道3丁目8-3 2F  TEL/FAX:089-934-5296  E-mail:info@sophia-club.net
 
Copyright(c) 2006 Sophia Club. All rights reserved.