ブログ  ソフィア倶楽部とは  観光  協力事業  交流   HOME 
 
   
 2009年5月 
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
 
  ソフィア倶楽部ニュース
スタッフコーナー (237)

ソフィア倶楽部 ~10年の歩み~ (11)

ニュース (13)

  観光
Yokoso Card の使い方 (1)

Yokoso Tour レポート (4)

  交流
交流レポート (5)

  English News
News (4)

Report (1)

  Korean News
News (0)

  Chinese News
News (0)

  Editors Journal
Iku Mosaic (5)

 
ソフィア・カフェ (3)

 
盆栽・Bonsai (1)

  アーカイブ
2012年06月

2012年01月

2011年11月

2011年09月

2011年07月

2011年05月

2011年04月

2011年02月

2010年12月

2010年10月

2010年09月

2010年08月

2010年07月

2010年06月

2010年05月

2010年04月

2010年03月

2010年02月

2010年01月

2009年12月

2009年11月

2009年10月

2009年09月

2009年08月

2009年07月

2009年06月

2009年05月

2009年04月

2009年03月

2009年02月

2009年01月

2008年12月

2008年11月

2008年10月

2008年09月

2008年08月

2008年07月

2008年06月

2008年05月

2008年04月

2008年03月

2008年02月

2008年01月

2007年12月

2007年11月

2007年10月

2007年09月

2007年08月

2007年07月

2007年06月

2007年05月

2007年04月

2007年03月

2007年02月

2007年01月

2006年12月

2006年11月

2006年10月

2006年09月

2006年08月

2006年07月

2006年06月


Web sophia-club.net
 
 
 
 
 

 

<<2009年04月 | 2009年06月>>

    2009年05月
 

日本を好きでいてくれてありがとう! (スタッフコーナー)

ゲストハウスを訪れる外国人の方は、皆さん日本が好きできてくれています。中でも四国を選ぶのは静かな田舎の光景や自然が好きだから、という理由の方が多いようです。ゲストの皆さんのお話を聞く度に有難く思っていますが、今回2日間滞在してくれたピーターとエイドリアンの二人も日本が好きで、日本語を勉強しているという学生さんたちでした。

「Stay one more night.」・・・合言葉のように、滞在の延長もしていただけるのですが、彼らの場合は、もっと観光をしたいというよりも、もっと松山に馴染んでいたい、という感じでした。
2階のサロンはインターネットが自由に使えるため、ゲスト同志が交流する場にもなっています。もちろん、交流するのもしないのもお客さまの意向次第なのですが、彼らのようにより日本を知りたいという人たちとは、会話も盛り上がり、より仲良くなれます。

二人とも、日本語の勉強も熱心にしているようなので、日本語ネットワークさんのグループレッスンに参加させていただくことに・・・。普段学習されている在住外国人の方々の中に入れていただきました。

nihongo.JPG

入門クラス・初級・中級と、大きな公民館の部屋の中を三つに仕切って学習されていました。

ピーターたちは入門クラスのレッスンをうけたのですが、大学で専門的に習っている彼らにとっては、簡単すぎたようでした。でも、松山で日本語を勉強している様々な人たちと触れ合うことができ、とても興味深かったと話してくれました。

お別れに「Maybe I will attend Ehime University. If I do so, I would love to live at Matsuyama Guesthouse.
まつ山にらいねん、きたい。ありがとうございました」(原文通り)とメッセージを残してくれました。

待ってますよ!!Hope to see you again!

 

投稿者 sophiaclub : 2009-5-22 17:58 | コメント (0) | トラックバック (0)




 
 

日本文化インストラクターへの道は険しい・・・かも。 (スタッフコーナー)

ドイツ人のクリスティーンさんとイギリス人のジョンさん。二人は自転車で日本中をまわる旅をしています。ゲストハウスに着いた日の夜、同行してくれる通訳さんを紹介してほしいと言われました。観光案内だと思っていたのですが、彼女たちはスーパーで買い物をしたい、と言うのです。「知らない食材がいっぱいあって楽しいから・・・。」
外国の人にとって、スーパーは日本の生活を知ることのできる、おもしろく興味深いところなんですよね。

料理も得意だというクリスティーンさんに、ドイツ料理&日本料理の交流パーティを提案。宿泊しているゲストも誘ってまたまた、楽しい食事会となりました。

この食事会の中で、日本人の私たちにたくさんの質問が投げかけられました。

「おじぞうさんはなぜエプロンをしているの?」「神社とお寺はどうちがうの?」などなど・・・・。

みんなで、ネットを駆使して答えをさがし出しましたが、日本人として普通に答えられないと恥ずかしいね・・・と一同反省。

part2.JPG

手際よく作ってくれました。デザートはライスミルク、でした。


Part1.JPG

始まったころは、日本人は私一人。気分は留学生??!・・。

holland.JPG

オランダ人のジャクリーンさんが滞在された部屋の中に「A little present for you. Because this is one of the best places I have stayed.」のメモと共に置いてありました。彼女は、1年の半分は旅行をしているらしくて、アジア・アフリカなど今までたくさんの国をまわってきたそうです。そんな彼女に褒めていただいて、とても励みになりました。有難いことです。


ゲストハウスMATSUYAMAの宿泊者はほとんどが外国の方ですが、日本人の方にも泊まっていただけます。

5月18日には、日本画家であり、コンテンポラリーダンスの音楽なども手掛けられているRACCO(ラッコ)さんが滞在され、楽しいひとときを共有することができました。

racco.JPG

ゲストハウスではありませんが、パフォーマンスも披露してもらいました。人との出会いは不思議な・・・偶然の重なりかもしれません。

 

投稿者 sophiaclub : 2009-5-18 10:49 | コメント (0) | トラックバック (0)




 
 

Youtubeにゲストハウスの人々・みんなのメッセージをアップさせました。 (スタッフコーナー)


昨年度、1年くらいかけて、ゲストハウスを訪れた皆さんの「Welcome Message」を取らせていただきました。

「Enjoy! Culture」

松山のなかで体験できることを提供したり、ゲストが出かけて行くときに同行させてもらったり、仲良くなってから取らせてもらったので、自然な感じでできたかな・・と思っています。


「People in Guest House」

皆さん、本当に気持ちよく応じてくださいました。「松山城」「道後温泉」、そして、日帰りで行ける海(瀬戸内海)・山(石鎚山)、自然・・、観光の拠点として松山が適しているということも、彼らのメッセージで教えてもらいました。


「Ropeway Street」

朝の通勤・通学風景・昼間の観光・夜の静かでライトアップされた美しさ・・1日中魅力的なロープーウエイ街です。

 

投稿者 sophiaclub : 2009-5-11 07:58 | コメント (0) | トラックバック (0)




 
 

さらに世界は狭くなった・・・と感じるこの頃です。 (スタッフコーナー)

ゲストハウスの各部屋には、ミニキッチンが付いています。(ちなみに洗濯機も・・)1,2泊の方は外食されるか買って来られるようですが、それ以上になると各部屋ではなく、2階のキッチンを使って料理されたりしています。オーストラリアからのお二人も、最後の日は夕食を作られました。(もちろん男女共同作業です。)気がつくと3人分の夕食が・・・・。私の分も用意して下さいました。お肉のソテーとサラダ、そして楽しいおしゃべり・・・・。そのうち、他のお客さまや日本人のサポーターさんたちも集って、ネットで住んでいるところの紹介をし合ったり、世界は狭くなったなあ・・とまた実感。

002.JPG


ニューヨークから東京経由で松山にたどりついたダニエル。2泊したところで、気に入ったから1か月滞在したい、と言ってくれました。静かで、ジョギングするのに最適の場所なんだそうです。よく皆さんに「この場所は最高だね。いいところにあるねえ~。」と言っていただきますが、本当にそうなんですよ。町中にあって静かで、松山城を自分の庭のように散歩できるんですから・・。

ダニエルは、2年間中国に留学していたそうで、なんと中国語がペラペラ・・・!中国茶のレクチャーをしてくれている李さんと、楽しそうに会話していました。おそらく、松山市内で中国語を話せるアメリカ人は彼ひとりなのでは・・・。彼が中国語を話すときも、動作はアメリカンスタイル。李さんによると、中国人も彼のように大きな声で表情豊かに話すらしいのですが、不思議な感じで面白かったです。


006.JPG

机にノートを広げて、中国の漢字・日本の漢字・ローマ字、それぞれ覚えたことを一生懸命メモしていました。
彼は、言葉を習得する達人かも・・・。

 

投稿者 sophiaclub : 2009-5- 8 09:02 | コメント (0) | トラックバック (0)




 
 

連休は、異文化体験&英語ラッシュ・・・! (スタッフコーナー)

円高の影響で、外国からのお客さまが少なくなるかな・・と思っていたのですが、5月2日~4日は昨年同様、たくさんの外国の方に滞在してもらうことができました。

「一期一会」・・・これが、ゲストの皆さんの旅の楽しみのようです。アメリカ・オランダ・スイス・カナダ・オーストラリア、海外から来た人、日本在住で四国を訪ねてくれた人・・・様々ですが、皆さんとてもフレンドリーで2階の交流サロンはいつも以上に賑わいました。この「ノリ」が嬉しくて「お好み焼きパーティー」の開催となり、サポーターの門田さんから差し入れしてもらった冷酒でより盛り上がりました。

okonomi.JPG

ケ・セラ・セラの旅人たちとの楽しいおしゃべり。サポーターさんたちの英会話もブラッシュアップできました。


VC.JPG

オランダのクリスがお土産にくれた「おまもり」。京都の地主神社で売っていたものだそうです。さすが、京都。漢字と英語で書かれていて、外国人が好むようにアレンジされています。

クリスは、19才。大学に入るまでに日本をまわってみたいと、きちんとスケジュールを作ってお金を貯めて来てくれました、松山に滞在していた5日間も坊ちゃんの小説を読んだり、俳句を作ってみたり・・・勉強しながら、充実した毎日をおくっていました。ゲストハウスもWebで見つけてくれて、フレンドリーな雰囲気が気に入って予約してくれたそうです。嬉しい出会いでした。

 

投稿者 sophiaclub : 2009-5- 5 17:13 | コメント (4) | トラックバック (0)




 
 

座禅体験・・・身のひきしまる思いでした。 (スタッフコーナー)

滞在中のクリス(オランダ出身)が座禅体験に参加してみたい、ということで高砂町にある景徳寺さんに連れて行きました。

景徳寺さんの座禅については、まつやま国際交流センターのニュースレターに紹介されていたのですが、事前に問い合わすと、30分前に座禅についてレクチャーをうけてから(日本語のわからない外国人の場合は必ず通訳の人と一緒に)参加するようにと言われました。始まるのが早朝(6時30分から)でしたが、幸い通訳をお願いすることができ、私にとっても初めての座禅見学となりました。実は、一緒に体験してもいいかなって思っていたのですが・・・・・。

境内の中の厳粛な雰囲気、座禅のレクチャーも真剣そのもので、これはちょっと練習して望まないと・・・と断念。でも、日本人として禅の世界にふれる大切さはひしと感じました。


ZEN.JPG

ZEN2.JPG

 

投稿者 sophiaclub : 2009-5- 3 17:05 | コメント (0) | トラックバック (0)




 
 

道後温泉の入り方・・・レクチャーしました。 (スタッフコーナー)

ゲストハウスに、偶然にもオランダからのゲストが2組。1組は大学生の女性2人。みんなで、台湾や韓国ドラマの話で盛り上がりました。なかでも台湾ドラマの「イタズラなキス」・・原作は日本の漫画です・・・は人気がありました。ネットで見られるようになってから、ドラマの話は様々な国のゲストとの共通の話題になっています。

一段落して、徐に「道後温泉にこれ持って行っていい?」とバッグからブルーの水着を出して見せてくれました。オランダにも温泉はあるけれど、バスタオルを巻いて入っているから、裸で入るのは恥ずかしいらしいのです。「だめだめ、ここの温泉には持っていけないよ。」と伝えて、うちで作ったサイト(温泉の入り方)を見せてあげました。このサイトは道後温泉の入り方を漫画で説明したもので、なかなかヒットしないのですが、とてもわかりやすく描かれています。

これをプリントアウトして、ボードに貼っておくことにしました。


d.JPG

とってもキュートなふたりでした。

 

投稿者 sophiaclub : 2009-5- 3 00:06 | コメント (0) | トラックバック (0)




 
 

NPOサポートセンターに行ってきました。 (スタッフコーナー)

サーバーの調子が悪くて更新できずにいましたが、お世話になっている(株)アイムービックさんが対応してくれて、無事復旧しました。木下君、ありがとう。

4月28日、2階の活用を他のNPOの方たちに知ってもらおうと、まつやまNPOサポートセンターに出かけて行きました。

ミーティングや勉強会、食のイベントなど、非営利の活動に利用してもらえれば・・・とお知らせを作成して持参したのですが、知らない間に多種多様なNPO活動ができていて、驚きました。世界と地域をつなごう・・などと言いながら、本当の地域活動から離れてしまっていたようで、反省させられました。

有難いことに、サポートセンターの職員さんは変わっていなかったので、話をつないでもらうことができホットしました。
「時間が遅くまで大丈夫なのと、キッチンが自由に使えるのはいいですね。そういえば、韓国から来ている人が、帰国するまでにキムチの漬け方を教えたいって言われてましたよ・・・。」と教えてくれました。

本当に必要な情報は出かけて行かないと・・・・。これからは、そういう機会を作っていくことにします。

ri.JPG

4月から始まった李さんの中国茶講座。ゆったりと癒されるひとときを提供してくれています。


 

投稿者 sophiaclub : 2009-5- 2 15:16 | コメント (0) | トラックバック (0)




 
 
 
     
事務局:松山市大街道3丁目8-3 2F  TEL/FAX:089-934-5296  E-mail:info@sophia-club.net
 
Copyright(c) 2006 Sophia Club. All rights reserved.