ブログ  ソフィア倶楽部とは  観光  協力事業  交流   HOME 
 
   
 2009年7月 
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 
  ソフィア倶楽部ニュース
スタッフコーナー (237)

ソフィア倶楽部 ~10年の歩み~ (11)

ニュース (13)

  観光
Yokoso Card の使い方 (1)

Yokoso Tour レポート (4)

  交流
交流レポート (5)

  English News
News (4)

Report (1)

  Korean News
News (0)

  Chinese News
News (0)

  Editors Journal
Iku Mosaic (5)

 
ソフィア・カフェ (3)

 
盆栽・Bonsai (1)

  アーカイブ
2012年06月

2012年01月

2011年11月

2011年09月

2011年07月

2011年05月

2011年04月

2011年02月

2010年12月

2010年10月

2010年09月

2010年08月

2010年07月

2010年06月

2010年05月

2010年04月

2010年03月

2010年02月

2010年01月

2009年12月

2009年11月

2009年10月

2009年09月

2009年08月

2009年07月

2009年06月

2009年05月

2009年04月

2009年03月

2009年02月

2009年01月

2008年12月

2008年11月

2008年10月

2008年09月

2008年08月

2008年07月

2008年06月

2008年05月

2008年04月

2008年03月

2008年02月

2008年01月

2007年12月

2007年11月

2007年10月

2007年09月

2007年08月

2007年07月

2007年06月

2007年05月

2007年04月

2007年03月

2007年02月

2007年01月

2006年12月

2006年11月

2006年10月

2006年09月

2006年08月

2006年07月

2006年06月


Web sophia-club.net
 
 
 
 
 

 

<<2009年06月 | 2009年08月>>

    2009年07月
 

ゲストから教えられること。 (スタッフコーナー)

 ゲストハウスの4部屋は、8月末まで長期のお客さまが滞在されているため、予約が取れるのは2部屋のみ。それをバックパッカーさん用に提供しています。

 この間、泊まられたスペイン人のお客さま。日本文学にとても詳しい方でした。源氏物語や夏目漱石・谷崎潤一郎・筒井康隆などの作品・・・すべてスペイン語で読まれたそうです。深作欣二・北野たけし・岩井俊二・・・アニメ「火垂るの墓」・・映画にも詳しい方でした。「あの映画もよかったよ、あのおばあちゃんが背負われて山に入っていく・・・・あれ・・?」「楢山節考、ですか・・?」「そうそう、Narayama Bushiko 」

 今まで、スペイン人のお客さまはなかったのですが、7月に3組のお客様が来られました。「スペインからのお客さまは珍しいですよ。」とお伝えしたら「日本とは、いい友好関係を築いていますよ」と彼に教えられました。そういえば、フランシスコ・ザビエル来日以来、なが〜い歴史がありました・・・。(海外の方と話す機会が多いここでは、日本の歴史、文化の知識は必要です。勉強しないと・・・)

 最近、在住外国人の方に「日本人は、どうして自宅にお客様を呼びたがらないのか」とよく言われます。お国は違っても、皆さん、自宅に招待し合うそうで、日本人は構えて気軽にできない、と口を揃えて言っています。せっかく知り合って仲良くなっても、そういう付き合いができないと、ボーダーを引かれているような気がするらしいです。

 2日の滞在予定が3ヶ月間(観光ビザいっぱいいっぱい)滞在してくれたダニエルがニューヨークに帰っていきました。長いようで短かった3ヶ月。近代的な都市・伝統的な道後温泉・少し行けば山や海の自然にふれられる、そういうまちでジョギングを楽しみ、温かい人とのふれあいもあり、時には言葉の通じないことにフラストレーションを感じたこともあったようですが、充実した3ヶ月間だったと思います。親しみやすく誰にでも愛嬌をふりまく彼は、とても人気がありました。「ヘヤースタイル変えましたか。いい感じですよ。きれいなネックレスしていますね。よく似合いますよetc・・・」年齢関係なく(これが大事!)、誰にでも、お洒落ごころをくすぐって気持ちよくしてくれました。彼のまわりの女の人はみんな、若くきれいになりました・・・ホントです!アメリカ人がみんなそうだとは思いませんが、少なくとも日本人には見られないタイプでした。

gohanya.JPG

外国のお客様から、「リーズナブルな日本食のレストランはありませんか?」と言われて紹介する「ごはん家さん」。特に鯛飯定食はおすすめです。


 

投稿者 sophiaclub : 2009-7-28 19:24 | コメント (0) | トラックバック (0)




 
 

伊予水軍太鼓30周年記念演奏会に行ってきました! (スタッフコーナー)

7月19日、市民会館大ホールで「伊予水軍太鼓30周年記念演奏会」が行われました。
演奏されたのは、幼稚園児から小中学生・大人までの38団体。ゲストハウスに滞在されているエスターさんたちのグループはゲストチームとして参加されました。初めて見させてもらいましたが、皆さんが熱心に取り組まれているのが、演奏に表れていて感激しました。

さすが、伝統文化、ホールは満員状態。地域に根差しているのがわかりました。

arizona3.JPG

エスターさんのチームは、伝統とモダンなものとが上手に融合されていて、みんなをより楽しませてくれました。

minna.JPG

最後は、みんなで・・・・。迫力のある演奏でした。

 

投稿者 sophiaclub : 2009-7-19 17:06 | コメント (0) | トラックバック (0)




 
 

久万高原町役場の方がご挨拶に来られました。 (スタッフコーナー)

 7月15日、久万高原町役場の課長さんと班長さんが、ご挨拶に来られました。9月11日を閉店日とされるそうです。「アンテナショップでオリジナルの観光クーポンを作って、お客様の動向調査なども出来ればよかったけど、なかなかそこまで手がまわりませんでした。なにしろ、あのときは、急にアンテナショップを始めることになったのですから・・。もっと、組み立てる時間があったら、いろいろ活用できたと思います。」と言われていました。
 役場では、観光に力を入れるために小さなプロジェクトチームを作り、観光プログラムの作成も検討しているそうです。ちょうど、韓国の山登りのメンバー(約20名)が愛媛の山を登りたいということで、プランニングを頼まれていましたので、お願いしてみました。愛媛には、外国人に人気の石鎚山があります。そして、久万高原には面河渓など、自然を満喫できる場所がたくさんあります。海も山も楽しめ、お城や温泉を訪れる楽しみがついてくるのが愛媛・松山観光の強み。ゲストハウスに滞在されているエスターさんたちには、愛南町でのダイビングのツアーを頼まれています。各地域に観光コーディネート窓口ができるのは、有り難いことです。
久万高原町のプロジェクトチームに期待しています!

pen.JPG

アンテナショップで売られているペン立て210円。メモを挟むところもついていて、手触りもいいですよ。

 

投稿者 sophiaclub : 2009-7-17 09:19 | コメント (0) | トラックバック (0)




 
 

日本文化を伝えるということ。アリゾナからの太鼓ミュージシャン。 (スタッフコーナー)

今、アメリカ・アリゾナ州の太鼓ミュージシャンの方たちが滞在されています。伊予水軍太鼓30周年記念の演奏会に、ゲスト出演するために来られました。フェニックスの町で不死鳥太鼓のグループとして活躍されている方たちです。リーダーのエスターさんは、約25年前、松山で英会話の先生をされていたときに水軍太鼓に出会い、松山や広島などでプロとしての基盤を作られました。帰国後、不死鳥太鼓を立ち上げ、松山の太鼓グループとも親交を続けながら活躍されているそうです。


taiko.JPG

ウェルカムパーティはまたまた、英語、ときどき日本語・・・・。

Koshio.JPG

Ken Koshioさん、不死鳥太鼓のメンバーであり、ロックミュージシャンでもある彼は、アリゾナで日本文化の講師もされています。アリゾナでは、学校や他の団体に講師を派遣する機関があり、オーディションに合格すれば、登録できるそうです。もちろん、講師はボランティアではなく立派に仕事として成り立っています。私たちもボランティアで留学生を紹介したりいていますが、アリゾナのように派遣システムができれば、プログラムも充実していくと思うのですが・・・・。


夏休みを利用して、カナダから来られていたさつきさん親子。彼女は日本人で愛媛出身ですが、カナダ人のご主人と結婚されて、移住されました。息子のたかしくん(カナダではチャーリーと呼ばれているそうです)は英語
も日本語も上手な小学生。日本の文化にも慣れるようにと松山の小学校に体験入学、将来、日本とカナダをつなぐ人になってくれそうです。

iyocanada.JPG

7月14日、無事3週間の滞在を終え、帰国されました。

 

投稿者 sophiaclub : 2009-7-14 17:14 | コメント (0) | トラックバック (0)




 
 

1階で観光振興&ビジネスをしませんか~! (スタッフコーナー)

 ゲストハウスのオープンと同時に久万高原町のアンテナショップも始まりました。役場主体の運営体制で2年間の契約。その期限があと2カ月となりました。
 久万高原の新鮮でおいしい野菜たちは、たくさんのお馴染みさんを作りました。
 むかし懐かしい山の幸も味わうことができました・・。
 役場の人たちの素朴な人柄の良さで常連さんも増えました。
 (継続希望の署名もたくさん集まりました。)
 
 役場の皆さんは、これからの運営主体をどこに持っていくか、ミーティングを重ね、町内だけでなく他の地方との協働も提案したり・・・といろいろ動かれたようですが、9月いっぱいで退去されるということになりそうです。

 お客さまの3割は観光客。観光案内のほうが多かった日もあるそうです。(ちなみにゲストハウスの前に置いてある観光パンフは皆さんに人気ですぐなくなります。)単なる物産を売るのではなく、久万の観光を売ろう、観光振興の支所として活用しよう、というのも目的の一つでしたが・・・・・。活用できずに終わってしまうのは残念です。

「店の前で、食べ物を出すと売れますよね・・。テイクアウトと中で食べられるスペースがあるといいかも・・・。」などと、役場の人と話したりしています。ここを手放すのはもったいない・・観光振興もいろいろ考えられるのに、という思いも伝わってきます。

ともあれ、これから、いろいろなところに1階の活用(借主さん)について呼びかけていこうと思っています。(できれば久万高原のように役場単位で運営していただけると有難いのですが・・・・・)

boshu.JPG

木の香りがする店構え、そのまま使用できそうですが・・・。
 


 


 

投稿者 sophiaclub : 2009-7-10 22:51 | コメント (2) | トラックバック (0)




 
 

愛媛県人会100周年ふるさとツアー (スタッフコーナー)

 7月1日~6日まで、米国・南カリフォルニアに移民した県出身者や子孫の方々でつくられている「南加愛媛県人会」のメンバー15名が、「ふるさとツアー」として愛媛に来られました。このツアーのお世話をされたのが、「ビジット・ジャパン・キャンペーン」をきっかけに観光振興に協力いただいている上原さん。今回は、通訳案内のコーディネートをお手伝いさせていただきました。
 大手の旅行会社さんと違って、カチッと決められていない上原さんのツアーは、「いつもどきどきするようなハプニング(おもしろさ)がある」って言われていて、どんな状態でも、代表の民子さんのいつもニコニコ・旅を楽しんでいる様子が、皆さんに気に入られているようです。今回も、来られてから「魚市」を見学したい・・・という突然の依頼がありました。
 どんな要求にも、皆さんが楽しんでいただけるなら応じたい、というのがコーディネーターの心意気。早速、松山市の市場管理課・中央卸売市場に問い合わせ、対応をお願いしました。行政に協力を依頼するのは、いちげんさん(?)には難しく、うちのように何の肩書もないNPOでは説明の仕方によっては、書類提出などという即対応にならない場合もよくあります。が、今回はラッキーなことに、以前観光産業振興課に所属していた乗松さんが、担当者として赴任されていて、スムーズに市場見学プログラムをつくることができました。

ichiba.JPG

朝5時からの見学は、少々ハードでしたが、皆さんがとても楽しそうに見学されていて(お孫さんたちは珍しい魚介類の写真をたくさん取られていました)、大満足でした。

fish2.JPG

マイナス50℃の冷蔵庫の中にも案内してもらいました。


 最終日の自由時間、瀬戸内海のクルージングという依頼が・・・。以前、韓国の方たちと今出港で魚釣りを楽しんだときにお世話になった漁師さんと、瀬戸内の島めぐりに出かけることにしました。あいにくの天気で、クルージングというよりも、漁師さんと瀬戸内海に漁に出るような勢いの船旅(?)になりましたが、これはこれで「お金では買えない体験だった!?」・・・と言われました。確かに・・・。

ship5.JPG

 umi.jpg

天気が良ければ・・・・・・。また、真夏の晴れた日に乗ってみたい!


今回、先祖のお墓参りを目的に来られた方も何人かいらっしゃいました。アメリカで調べてもらった家系図(簡単なものでしたが・・)を手がかりに、ぜひ先祖のご供養を、という強い思いが感じられました。通訳をお願いした皆さんも、一緒にお寺や石材の会社など問い合わせに協力してくれてました。私は同行できなかったのですが、皆さんが先祖のご供養に涙を流されたりする姿に感慨深く、お手伝いできてよかったと話してくれました。


goodby.JPG

空港でのお見送り。来年はロサンゼルスで100周年の記念式典が行われます。

 

投稿者 sophiaclub : 2009-7- 8 07:41 | コメント (0) | トラックバック (0)




 
 
 
     
事務局:松山市大街道3丁目8-3 2F  TEL/FAX:089-934-5296  E-mail:info@sophia-club.net
 
Copyright(c) 2006 Sophia Club. All rights reserved.