ブログ  ソフィア倶楽部とは  観光  協力事業  交流   HOME
  
   
2013年01月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 
  ソフィア倶楽部ニュース
スタッフコーナー (237)

ソフィア倶楽部 ~10年の歩み~ (11)

ニュース (13)

  観光
Yokoso Card の使い方 (1)

Yokoso Tour レポート (4)

  交流
交流レポート (5)

  English News
News (4)

Report (1)

  Korean News
News (0)

  Chinese News
News (0)

  Editors Journal
Iku Mosaic (5)

 
ソフィア・カフェ (3)

 
盆栽・Bonsai (1)

  アーカイブ
2012年06月

2012年01月

2011年11月

2011年09月

2011年07月

2011年05月

2011年04月

2011年02月

2010年12月

2010年10月

2010年09月

2010年08月

2010年07月

2010年06月

2010年05月

2010年04月

2010年03月

2010年02月

2010年01月

2009年12月

2009年11月

2009年10月

2009年09月

2009年08月

2009年07月

2009年06月

2009年05月

2009年04月

2009年03月

2009年02月

2009年01月

2008年12月

2008年11月

2008年10月

2008年09月

2008年08月

2008年07月

2008年06月

2008年05月

2008年04月

2008年03月

2008年02月

2008年01月

2007年12月

2007年11月

2007年10月

2007年09月

2007年08月

2007年07月

2007年06月

2007年05月

2007年04月

2007年03月

2007年02月

2007年01月

2006年12月

2006年11月

2006年10月

2006年09月

2006年08月

2006年07月

2006年06月


Web sophia-club.net
 
 
 
 
 

 

    中島記念国際交流財団助成事業
 

留学生の交流事業を終えて

昨年行なった、留学生と地域との交流事業は、とても意義のあるものでした。
留学生のサポートを始めて12年。その間、様々な留学生と出会いました。初めの頃は生活用品の提供や住居探しなど、まだまだ生活の大変な状況でしたので、地域の方たちに呼びかけて協力していただきながら活動していました。当時から、奨学金の制度や支援していただける団体もあったのですが、留学生自身が何か地域の中で活動する・・ということは少なかったように思います。日本人には頼るだけ頼って、自分で何もしようとしない人も居ました。(お世話をする日本人がそういう留学生を作ってしまう場合もあります)ビジネスの相談などもありました。
国費をもらって自国のために勉強に来ているのが留学生だと思っていましたので、自分自身のキャリアのためと言い、自国に帰らない留学生に出会ってがっかりすることもありました。ヨーロッパに行っていた留学生は、ボランティア精神も養われて帰国するけれど、日本ではなかなかそういうことが育たないとも言われています。NGOのためにも協力でき、帰国後日本と自国をつなぐことができる・・・そういう人たちが育つお手伝いができればと考えながら活動してきました。
昨年度からこの助成事業を知り、地域との交流を通して留学生たちが彼らの考えを伝える、ということが何かにつながれば・・・と提案させていただきました。
今回行いました「観光プランコンテスト」では、まず地域の中で取材を行ない、それをみんなの前で提案、発表する、そして評価される・・というかたちを取りました。コンテスト当日は、参加者みんながとても緊張していて、真剣に取り組んでくれているということが伝わってきました。また、終了後もこういう機会をこれからも作って欲しいと言ってくれました。行政の方に審査に協力いただいたのも、彼らの励みになったと思います。最優秀賞を取ったフビンさんは、大学の先生に報告、研究室に賞状を飾ってもらっているそうです。内容的には、彼らの専門分野ではありませんので、まだ充分なかたちになっていませんが、これからもっと広く協力を仰いで、このコンテストを続けていきたいと考えています。
また、観光の分野だけでなく、環境問題・教育・まちづくりなど、地域で彼らの意見を発表できる機会も作っていきたいと思っています。

 

 

投稿者 sophia : 2007-1-15 02:27 | コメント (0) | トラックバック (0)




 
 

最優秀賞!!フビンさん(中国)の作品

「観光プランコンテスト」で最優秀賞を獲得したフビンさんの作品を紹介します。
このコンテストは1回目ということもあり、審査基準の明確なものを設けていませんでしたが、審査員の方々には、この事業の目的が、留学生が自ら考え提案したものをかたちにしていく、彼らの目でみた地域の観光素材をアピールする、そして、それを地域の人たちに知ってもらう、というものであるということは、お伝えしていました。

フビンさんの作品は、観光パンフとしてまとめられていたこと、彼独自の見方で伝えられていたことなどが、勝因だったようです。










 

投稿者 sophia : 2006-10-17 17:51 | コメント (0) | トラックバック (0)




 
 

カンヒョニさん(韓国)の作品

コンテストでは、参加してくれた留学生たちがどういうテーマで作っていくか、いろいろ相談を受け、一緒に考えました。
「みんなの好きなところはどこ・・?国から家族がきたときに、どこに案内したい・・?」というようなことから進めていったのですが、カンさんからは、「愛媛で好きなところは、たくさんありますが、この間、中島町で開催された「世界子ども俳句キャンプ」で、通訳として参加して、初めて俳句の面白さを知りました。俳句に関して何か観光につながることがあれば、それを紹介してみたいと思います。」という提案がありました。国際俳句は、アメリカ・ヨーロッパなどでは広く取り入れられているのですが、韓国ではそれほど聞かれません。「ああ、韓国にもヽ同じような短詩がありますよ・・・」と言われて終わることがよくありました。カンさんも、松山市に3,4年は住んでいますが、俳句に興味を持ったことがなかったそうです。
俳句の体験は、句会参加・句碑めぐり以外にも様々な切り口があり、幾通りにもプログラムを作ることができます。期日も迫り、じっくり作りこむ時間もなかったので、子規記念博物館で正岡子規について学び、その時代背景と、それを現在、どのように保存し伝えていこうとしているのかを、古い町並みを通して見ていく・・というプログラムにすることにしました。前日まで、心配していましたが、上手に全体の流れを作ってくれていたと思います。
(写真の1部は松山市文化振興課からお借りしました。)



(参照)三津浜・木村屋についての記事




 

投稿者 sophia : 2006-10- 9 17:32 | コメント (0) | トラックバック (0)




 
 

デュマさん(タンザニア)の作品

タンザニアの大統領になりたい・・というデュマさん。愛媛全体の見所から、名産品まで紹介してくれました。








  


  





 

投稿者 sophia : 2006-10- 2 18:29 | コメント (1) | トラックバック (0)




 
 

パンタさん(ネパール)の作品

ネパールのパンタさんの作品をご紹介します。アクセス方法や松山市全体の主な観光スポットなどを紹介してくれました。




韓国(松山ーソウル)・中国(松山ー上海)は直行便があります。(台湾は乗り換えが必要です)

Direct flight (Korea ・ China)  Connecting flight(Taiwan)





   


  


 

投稿者 sophia : 2006-9-25 17:11 | コメント (1) | トラックバック (0)




 
 

ビジット・ジャパン賞  ワルナさん(スリランカ)

「観光プランコンテスト」で、「ビジット ジャパン賞」を受賞された、愛媛大学工学部の留学生ワルナさんの作品をご紹介します。彼は、昨年行なった松山城の写真展でも、構図の良い写真を紹介してくれましたが、今回も彼独自の切り口で、お寺のお参りの仕方から宗教的な説明まで取り入れて紹介してくれました。


   

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

投稿者 sophia : 2006-9-22 17:51 | コメント (0) | トラックバック (0)




 
 

観光プランコンテスト報告Part.1

コンテスト当日、参加する留学生が緊張の面持ちで、ロープウエイ駅舎に集まってきました。韓国のカンヒョニさん。「まだ、ファイルに入れていないのですが、どうしましょうか・・?」「えっ、」「保存するCDRがないんです」「USBメモリーがあるから、これに入れてみる?」「入れてみます。」というぎりぎりの時間でのやり取りなどもあり、パソコンを使った発表だけに、スムーズに進行できるかハラハラ、ドキドキ。
パソコンを持参してくれることになっているタンザニアのジュマさん。昨日の準備では、3時の約束が4時になってしまったけど、アフリカ時間にならないように・・・。
開始30分前に中国のフビンさんと共に現れてくれて一安心。
審査員の方々、応援の方々も集まってくださり、玉井さんの司会進行で、始まりました。
一番手は、ネパールのパンタさん。こちらにも伝わるくらい緊張していましたが、何とか無事に発表も終わり、審査員の質問には、落ちついて答えてくれていました。

 
審査員の方々。右はパンタさんと、通訳をしてくださった田村さん。留学生と息のぴったり合った通訳をしてくださいました。

 
会場の様子。彼らが作ったパワーポイントを壁面に大きく写して、見ていただきました。

  

カンヒョニさんは、チマチョゴリを着て参加してくれました。かわいかったです。

2番目は、中国のフビンさん。市内電車での観光。道後温泉、松山城、高島屋の上の観覧車(中国でも遊園地などにあるらしいのですが、デパートの屋上にあるのは、めずらしいそうです。)など、彼の視点でわかりやすく説明してくれました。
3番目は、韓国のカンヒョニさん。
8月に松山市の中島で行なわれた世界子ども俳句大会に通訳として参加。この体験がきっかけで、、俳句に興味を持ったということでした。「子規記念博物館」の見学や、三津浜の古民家を訪れるプランについて説明してくれました。
4番目は、スリランカのワルナさん。
建築学を専攻している彼の写真は、様々な方向から、私たちの気付かないお遍路寺の魅力を映し出していました。
5番目は、タンザニアのジュマさん。
愛媛全体の魅力を観光スポットから名産品まで幅広く紹介してくれました。
6番目は、中国のミンさん。
愛媛の、四季折々の自然や草花、池など、彼女の感性が伝わってくる風景写真をたくさん紹介、私たちも行ってみたくなりました。
最後は、アルゼンチンのマリアさん。
西予市・城川の魅力・五十崎の凧博物館など、アクセス方法からルートの設定まで、リラックスできる観光をアピールしてくれました。

発表終了後、審査員の方々に評価していただきました。今回のコンテストは、初めての試みであるため、審査基準がはっきりと決まっていなかったのですが、観光パンフレットとして完成しているものよりも、切り口の面白い地域にアピールできるもの、より彼らの視点で彼ら自身の言葉で表現できているもの、ということを基に評価していただきました。その結果、中国のフビンさんが、見事、最優秀賞に選ばれました!フビンさん自身は、他の人が選ばれると思っていたらしく、呼ばれたときには、不思議そうにしていましたが、すぐに喜びの表情に変わっていました。

 

みんなに賞をアピール・・喜びいっぱいのフビンさん。

 
「ビジット ジャパン賞」をゲットしたワルナさん。見事な写真・彼独自のお寺(お参りのしかたなど)の捉え方は、私たちに、新たな発見をさせてくれました。ジュマさんも一生懸命プレゼンしてくれました。市役所から、皆さんに参加賞もいただきました。

今まで、留学生と一緒に交流事業やフォーラム、学校での国際理解教育など、様々なイベントを行なってきました。彼らは、工学や農学の研究のために滞在していて、忙しい毎日を送っていますが、できれば愛媛で様々な体験や交流をして、帰国後も日本と自国をつなげるような存在になってもらいたいと思っています。
今回のコンテストは、地域のみなさんには、留学生が愛媛の観光に協力できる存在であること、留学生には、彼らの意見が地域で活かされる、ということを経験してもらいたい、という思いで企画致しました。これは、観光だけでなく、教育や環境問題など、様々な分野で行なえることだと思います。
また、要職に就かれている審査員の方々のご協力も大きかったと思います。そういう方々に審査されるということも、彼らの真剣さにつながりました。また挑戦してみたいと一様に話していました。私たちスタッフにとっても、いい機会をいただいたと感謝しています。


総評をいただきました(財)松山国際交流協会・理事長の古谷先生。間際にお願いしたにもかかわらず、審査にご協力いただきありがとうございました。長い間、留学生の支援にご尽力されている先生のお話は、留学生の励みになったと思います。

みんなの発表内容につきましては、あらためてご紹介したいと思います。


愛媛新聞に取材していただいた記事(17日付)
  


 

 

投稿者 sophia : 2006-9-18 16:54 | コメント (0) | トラックバック (0)




 
 

コンテスト前日の会場設営

明日の「観光コンテスト」に向けて、会場のセッティングを行いました。松山城総合事務所の所長さんをはじめ、スタッフの方が一緒に考えながら協力してくださいました。ちょうど、お月見のディスプレイがされていて、和の雰囲気が今回のコンテストを引き立たせてくれそうです。

 

設営中のスタッフの方々。  右は、発表のリハーサルを行なったフビンさん(中国)とデュマさん(タンザニア)

  


この大きな壁面を使って、プレゼンをしてもらいます。お天気が悪いので、どれくらいの方が来て下さるかわかりませんが、会場の雰囲気はなかなかのものでした。

 

投稿者 sophia : 2006-9-15 19:04 | コメント (0) | トラックバック (0)




 
 

ただ今「コンテスト」準備中!!

 間際にならないと、エンジンのからない性格が災いして、明日も「観光コンテスト」の準備に追われそうですが、参加する留学生のプレゼン内容を確認する、という楽しい作業もあります。留学生は、学会に参加したり研究成果の発表をしたりするので、みんな上手にパワーポイントでの作りこみをしています。背景の色・写真・コメントなど・・・。今まで、親しくお付き合いをしてきた人たちですが、愛媛や松山の観光について話し合ったことが無かったので、新たな発見をさせてもらいました。当日見に来られる方たちもきっと楽しんでもらえることと思います。また、審査をしていただくジェトロの巽 所長から、「当日は、堅苦しくないように私服で参加させてもらいますよ。」という嬉しいお電話もいただきました。                                                                                                                         愛媛の緑・自然の美しさを観光にと話す中国のミンさん、城川自然ロッジなど季節ごとの美しさ、癒される光景を持っているなんよの魅力をアピールするアルゼンチンのマリアさん。松山城・道後温泉・電車でめぐる楽しさを教えてくれる中国のフビンさん。花火大好きタンザニアのデュマさん、・・・・。其々のお国柄もでているようです。                                                                                                                                                                                                     

 

投稿者 sophia : 2006-9-15 00:10 | コメント (0) | トラックバック (0)




 
 

観光コンテストのお知らせ

9月16日(土)、いよいよ、初めての留学生による「観光プランコンテスト」を行うことになりました。昨年度から、「中島記念国際交流財団」に助成いただいて、「留学生と一緒に地域文化を見直そう!」と題して、活動を行ってきました。「留学生の視点で地域の歴史や文化を発表してもらうことで、地域住民がもう一度その良さを見直す機会をつくり、また一緒に地域の魅力をかたちにしていく作業を通して、国際交流の推進をはかる」ということを目的に行っているものです。より多くの地域の皆さんに参加していただこうと、お知らせを作成しました。当日は、留学生以外に在住の外国人の方も、それぞれのお気に入りの観光スポットを紹介してくれます。このコンテストの優勝者には3万円の商品券が贈られます。(みんな、張り切ってます。)自分たちの研究以外でプレゼンを行うことは、参加してくれる留学生たちにとっては、初めての経験でしょう。私たちスタッフも、できるだけ協力してこのコンテストを楽しもうと思っています。皆さま、ぜひ、16日(土)には松山城ロープーウエイ駅舎2階、観光交流ホールにお越しください。

審査をして下さる方々(敬称略)
■西本 照文       (四国運輸局 交通・観光計画調整官)
■清川 喜博       (四国地方整備局 松山河川・国道事務所 副所長)
■渡部 敏夫       (愛媛県 経済労働部 観光国際局長)
■梅岡 伸一郎      (松山市 総合政策部企画官・坂の上の雲担当)
■巽  嘉弘           (日本貿易振興機構(ジェトロ) 愛媛貿易情報センター所長)
■本郷 照国       (松山市観光コンベンション協会 専務理事)

(ご協力、ありがとうございます。休日に、ご足労をおかけしますが、よろしくお願い致します。)

 

 

投稿者 sophia : 2006-9- 9 13:30 | コメント (0) | トラックバック (0)




 
 
 
     
事務局:松山市大街道3丁目8-3 2F  TEL/FAX:089-934-5296  E-mail:info@sophia-club.net
 
Copyright(c) 2006 Sophia Club. All rights reserved.