ブログ  ソフィア倶楽部とは  観光  協力事業  交流   HOME
  
   
2013年01月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 
  ソフィア倶楽部ニュース
スタッフコーナー (237)

ソフィア倶楽部 ~10年の歩み~ (11)

ニュース (13)

  観光
Yokoso Card の使い方 (1)

Yokoso Tour レポート (4)

  交流
交流レポート (5)

  English News
News (4)

Report (1)

  Korean News
News (0)

  Chinese News
News (0)

  Editors Journal
Iku Mosaic (5)

 
ソフィア・カフェ (3)

 
盆栽・Bonsai (1)

  アーカイブ
2012年06月

2012年01月

2011年11月

2011年09月

2011年07月

2011年05月

2011年04月

2011年02月

2010年12月

2010年10月

2010年09月

2010年08月

2010年07月

2010年06月

2010年05月

2010年04月

2010年03月

2010年02月

2010年01月

2009年12月

2009年11月

2009年10月

2009年09月

2009年08月

2009年07月

2009年06月

2009年05月

2009年04月

2009年03月

2009年02月

2009年01月

2008年12月

2008年11月

2008年10月

2008年09月

2008年08月

2008年07月

2008年06月

2008年05月

2008年04月

2008年03月

2008年02月

2008年01月

2007年12月

2007年11月

2007年10月

2007年09月

2007年08月

2007年07月

2007年06月

2007年05月

2007年04月

2007年03月

2007年02月

2007年01月

2006年12月

2006年11月

2006年10月

2006年09月

2006年08月

2006年07月

2006年06月


Web sophia-club.net
 
 
 
 
 

 

    交流レポート
 

雅楽の演奏会 ~蒲団屋にて~

7月15日土曜日、銀天街・大街道を中心に松山土曜夜市が開催されました。我が家からソフィア倶楽部へ自転車で駆ける途中、下のような面白い&珍しい光景にお堀で出会うことが出来ました。

お堀付近に居る鳥や魚には実は餌を与えていないといけないという看板が何個も立っていたりするのですが、このバイクでハトの大群を呼び集める大胆さ。あまりにも奇妙な現象だったので、一枚ぱちりとしておきました。

さてここからが本題の雅楽ですが、愛媛県国際交流センター(EPIC)でインターンとして働いているハワイ大のZach(ザック)が「日本で一度演奏してみたい!」ということで実現可能となりました。私は一応日本人なのですが、ザックにEPICで取材するまで、雅楽の意味・読み方さえ知りませんでした。ザックが自分でも知らないような日本文化の領域を体験しているとはすごいなぁと驚きましたが、更に大きな驚きは彼の雅楽への熱血ぶりとそれにつぎ込んでいる努力でしたね。

演奏の始まる1時間前の6時には演奏者の方たちがやってきてくれて、ザックが私と玉乃井さんに雅楽のテキストを見せてくれました。中身は理解不能なカタカナで書かれた暗号みたいなもので、到底初心者に理解できる内容ではありませんでした。しかしノートの隅にはザックが手書きでメモしたノートがぎっしりと書かれており、彼の努力がそこに証明されていました。

7時に演奏が始まり、当初は人があまり少なかったのですが、日本独特の目立つメロディーを聴いて道端で「あっ、すごい」と立ち止まる人たちも出てきました。この日は超がつくほど暑い日で、演奏者さんたちは白い厚い服を着て苦しそうでしたが、私もその蒼蒼たる姿を見て元気付けられましたよ。

面白い形の笙を吹かれる演奏者さんです。相当高い音の出る笙を手に持っています。

これがそのザック。一見一般的な笛ですが、扱うにはかなりのスキルが必要みたいです。また演奏の合間に他の演奏者さんたちと打ち合わせをチョコチョコしていたみたいでしたが、それも全く問題ゼロで、一般的な日本人より日本人らしく思えました。

▼ 中央のボタンをクリックすると動画が再生されます。技術上、生の演奏より数倍迫力はダウンしてしまっているのが悲しいところです。

(iku_yuki)

 

投稿者 sophia : 2006-7-17 23:55 | コメント (0) | トラックバック (0)




 
 

社会科見学会 【松山港湾・空港整備事務所】

26日の社会科見学、午後からは「海のおしごと」について見学させていただきました。
下の写真は、海洋環境整備船「いしづち」が海で回収した浮遊ゴミです。人間の不注意で捨てられたもの、大雨などにより流れ出た草や木など。佐田岬の先端から香川県との県境までの愛媛県の海域部2800k㎡を海洋環境の改善のために作業しています。油回収装置も装備。

事務所の中で、見学の前に松山港湾・空港整備事務所の事業についてレクチャーしていただきました。

どのようにして、国際ターミナルが整備されているのか、海洋環境整備船「いしづち」の役割など、ひとつひとつ丁寧に説明していただきました。いただいたパンフレットの中の「松山みなとまち絵地図」は、古代からの港の歴史をたどって説明されていて興味深いものでした。

いしづちの外観です。こちらから見ると、大量のごみを積んでいるとは思えませんね。

船内の操縦室も見せていただきました。計器がたくさん並んでいて、どう操縦されるのか・・・難しそうでしたが、この席には、みんな座ってみたくてはしゃいでいました。


お茶目なエリザベス・・・。



松山港海岸(和気地区)がリニューアル。防災施設の整備とともに、人にもやさしい海岸施設になっています。まだ部分開放ですが、犬を連れたり友人同士で散歩したりと、近くの人たちが訪れていました。


最後に、記念撮影。お疲れ様でした!
久万高原町のトンネルも、松山港の海岸も300億くらいの予算をかけていて、7.8年後に完成するらしいです。今回のように見学することがなかったら、知らないまま工事が進み、完成した後もあまり気にも留めることはないと思います。歴史や文化を学ぶことで今の自分たちを見つめ直せるように、トンネルや道路工事がどのようなプロセスで行なわれ、多くの人たちがそのために努力されている、ということを知ることで、私たちの生活とつながっているものとして・・・身近に感じることができました。

これからも、外国の方と一緒におとなの「社会科見学会」を企画していきたいと思います。

 

投稿者 sophia : 2006-7- 3 18:18 | コメント (0) | トラックバック (0)




 
 

社会科見学会 【松山河川国道事務所】

何年か前から、大人の社会科見学がひそかに注目され始めています。子どもの時にも、社会科見学は社会のしくみを知る大切な経験でしたが、大人になってからは、また別の・・実社会人としての再認識ができ、有意義な体験となります。
今回、四国地方整備局松山河川国道事務所松山港湾・空港整備事務所の方々のご協力により、留学生や在住外国人のための社会科見学会を行なうことができました。同行したスタッフにとっても、日本の環境に配慮した取り組みなど、たくさんのことを学ぶ機会になりました。


初めに金亀建設さんの見学をさせていただきました。「循環型社会の形成」を考えた取り組み・・・難しそうですが、廃ガラス・木材チップ・廃タイヤなどを、食品廃棄物を肥料化するのと同じように、骨材化して様々な舗装に利用している、という説明をしていただきました。始めてみる実験装置の数々。研究内容など詳しいことはわからなくても、環境にやさしいリサイクル技術・プロの技術力にふれることができました。また、「あぐり」という環境にやさしい農法での農産物販売の組織も設立されていて、そこで作られたトマトをおみやげにいただいたのですが、とっても、おいしかった!!です。


ひとつひとつ、リサイクリされる工程を説明していただきました。


みんなで、記念撮影。社会科見学会、1時限目修了。金亀建設の皆様ありがとうございました。

2時限目は、R33三坂道路へ。久万高原町のトンネル工事を視察させていただきました。

各自、ヘルメットを貸していただいて(時間の関係で中までは行けませんでしたが)気分は、現場監督(?)。地域集積圏間の交流促進・交通の円滑化・線形不良の解消など、いただいたパンフレットに書かれていましたが、私たちの間では、「チェーンを付ける期間が減るし、スキー場に行きやすくなるね。」とか、「高知までスムーズに運転していけるようになるね。」という非常にシンプルな話になっていました。完成まで、あと7,8年かかる予定・・・。そのときの年齢を考えると寂しくなるのですが、こうやって、多くの方たちの力で生活を支えてもらっている、と気付かされるのも「大人の社会科見学」の効能(最近この言葉、気に入っています)ですね。

今回は、四国地方整備局さんのバスにのせていただきました。天候の悪い中、グループで移動するのに、とても助かりました。(運転手さんにも、お世話になりました。)ありがとうございました。(Atsuko)

 

投稿者 sophia : 2006-6-29 17:56 | コメント (1) | トラックバック (0)




 
 

世界の教科書

H14年に集めた教科書です。国によって、紙質も挿絵も違います。先進国は、リサイクルするために回収しています。その他の国でも、譲り合って大切に使用しています。(名前を書く欄がなかったり、何人かで使えるように、複数あったりします。)もちろん、教科書がもらえない子どももたくさんいます。日本はどうでしょうか。
(子どもたちに、見てふれてもらいたいと思って集めました。貸し出しもしています。)

バングラデシュの教科書に書いてあった落書き。(タイの教科書には、ドラえもんのはんこが押されてました。)

ネパール(プライベートスクール)の教科書と、中国の国語の教科書。赤ではねてあるのは、間違いではなくて、正しいものにチェックを入れているのです。(丸をつけるのは、日本と韓国ぐらいでした。)

韓国の国語の教科書。

バングラデシュの家庭科の教科書。おしめの作り方が書かれています。

 

投稿者 sophia : 2006-6-24 02:23 | コメント (0) | トラックバック (0)




 
 

世界の教科書展

H13年、在住外国人を支援する「多言語電話相談」を行なっていました。(現在はメール及びファックスによる受付けになっています。)英語・中国語・韓国語、其々の担当者が、毎週金曜日の夜集まって受付けていたのですが、その待ち時間に,「小学校のとき遠足てあった~?」とか、「運動会には、どんな競技をしていたの」とか、子どもの頃の話で盛り上がったりしていました。マレーシアの留学生から、「毎日学校への道は川を渡ったりしていたから、通学自体が「遠足」のようなものだった」とおしえてもらったり、中国の留学生から、「小学校でも落第することがある」と聞いて驚いていたら、みんなに「落第しないのは、日本だけじゃないの」って言われたり・・・・。そのうちに、どんな内容を勉強してきたかということに興味を持ち始め、「いろいろな国の人がいるから、みんなに呼びかけて小学校の教科書を集めてみましょう・・」ということになったのです。。新しいものではなく、実際に使ったものを譲ってもらう、ということにしました。
中国・韓国・インドネシア・シンガポール・ネパール・チベットのコミュニティ・台湾・バングラデシュ・ベトナム
・ロシア・カザフスタン・タイ・ニュージーランド・スウェーデン・デンマーク・ケニア・イギリス・ブラジル・フランス、そして日本・・20カ国近くの本が集まりました。

 

投稿者 sophia : 2006-6-22 15:37 | コメント (0) | トラックバック (0)




 
 
 
     
事務局:松山市大街道3丁目8-3 2F  TEL/FAX:089-934-5296  E-mail:info@sophia-club.net
 
Copyright(c) 2006 Sophia Club. All rights reserved.